だいたひかる 余命と現在の再婚相手 旦那との愛!二つが闘う中で、夫婦愛が更に深まっていく・・・

小林麻央 皮膚転移と余命!お腹に転移の噂の浮上は果たして本当なのか!?ネットのキーワードに感じる悲しみ、そして憤り・・・

だいたひかる さんが乳がんステージⅡbであること、同時に右側の全摘出手術を告白しました。
早くも浮上しているのが、だいたひかる さんの余命ですが、同時に多くの人から支持されているのが、そんな乳がんと闘う二人の夫婦愛です。
再婚相手の旦那の画像と名前が検索され、二人の夫婦愛が多くの感動を呼ぶ中、再婚した旦那がかけた優しい言葉・・・そこには、乳がんが勝てない愛の力があったのです。

今回は乳がんステージⅡbと全摘出手術を告白した、お笑いタレントのだいたひかる さんの余命、そして再婚して画像検索が絶えない、旦那との夫婦愛についてクローズアップしてみました。


スポンサーリンク




《だいたひかる 余命!乳がんが突き付けた条件!》

だいたひかる 余命と現在の再婚相手 旦那との愛!二つが闘う中で、夫婦愛が更に深まっていく・・・8

乳がんに限らず、ガン=余命というセットは消えません。
今最も注目されている、乳がん闘病者は間違いなく、ステージⅣと闘っている小林麻央さんでしょう。
本来、乳がんのステージⅣの5年後の生存率は26%~32%と言われていますが、小林麻央さん場合は『年内もあぶない』という余命に関する噂が浮上し、いまだに消えていません。

そんな中、新たにヤフーニュースで話題になったのが、お笑いタレントのだいたひかる さんの乳がんステージⅡbでした。

 

最初に結論を書いてしまいますが、だいたひかる さんの余命、5年後の生存率はデータ上で90%ほどと言われています。
当たり前の話ですが、10年生きる人もいれば、5年以内に亡くなってしまう人もいる・・・という、平均を表したデータなのです。
だいたひかる さんが90%に該当するか、10%に該当するかは分かりません。
ただ、だいたひかる さんの場合は、右側を全摘出手術して再発の可能性を下げただけに、90%に該当すると信じたいですね。
意外と知られていないの事実なのですが、乳がんの場合は再発が怖いのです。

・・・ということで、乳がんステージⅡbを告白した、だいたひかる さんの余命に関して、今言えることは5年後の生存率が90.3%ということでした。
90%に該当することを望んでいます。


スポンサーリンク





 

《だいたひかる 現在の旦那は再婚相手》

だいたひかる 余命と現在の再婚相手 旦那との愛!二つが闘う中で、夫婦愛が更に深まっていく・・・2

だいたひかる さんが乳がんを告白し、同時に同じくらい画像検索されているのが、再婚相手と言われている、現在の旦那さんです。
実はだいたひかる さんには、逮捕歴・・・という気になる過去もあるのですが、恋愛に関するスキャンダルもあったりします。

だいたひかる さんが最初に結婚したのは、構成作家の北村かつらさん・・・。
この男性との結婚も非常に話題になり、話題の理由は交際2カ月のスピード婚と、だいたひかる さんの不倫でした。

現在の旦那さんが再婚相手ということで、お気づきだと思いますが。2006年に結婚した北村かつらさんとは1年ちょっとで離婚しており、離婚理由もズバリだいたひかる さんのダンサーとの浮気です。

そして、再びゲットしたのは、なんと石原軍団にスカウトされたという経歴を持つ、超イケメンのアートディレクターの小泉貴之さんとの再婚。
小泉貴之さんとの再婚も、なにをしたのか??交際6カ月でゴールインしています。

イケメンということと、だいたひかる さんの乳がん告白も重なり、現在はだいたひかる さんの再婚相手、小泉貴之さんの画像検索も急増しています。

ここでは掲載しませんが、それにしてもイケメンの旦那さん。
モテる旦那を持つと、浮気とか心配??と、第三者はついつい考えてしましますが、二人の場合は大丈夫のようです。

差し押さえ並みに家中に「大丈夫」と書いた張り紙、そして二人で撮り合った裸の撮影会、「虫歯のようなもの。できたら取ればいい、虫歯になったらどうしようって心配しても仕方ないよ。万が一、再発したとしても、悪いところを取って、いつものひかるちゃんになればいい」という、相手を思いやり、励ます言葉・・・だいたひかる さんと小泉貴之さんの夫婦の愛は非常に強いものでした。
現在、二人の夫婦愛と乳がんステージⅡbが闘っていますが、間違いなく二人の夫婦愛が勝つと私は信じています。

現在はホルモン治療と飲み薬で闘病しているとのことですが、いつの日か、乳がんを明るく蹴とばすようなネタが聞けるかもしれませんね。
だいたひかる さんの素敵な笑顔と元気な笑い声の復活を望んでいます。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る