ぼくのいのちで見る肝芽腫の生存率の低さに驚愕!家族が与えた勇気と、諦めない心が病気を克服するという勇気に全国が感動をプレゼントされた!

小林麻央 実家は資産家で!?父の仕事が注目されているが果たして、真相は!?

ぼくのいのち で見る、肝芽腫の生存率の絶望的な低さ。

肝芽腫の生存率は2年で0%という、可能性というより絶望しか感じさせないほど、厳しい生存率でした。

川口ゆうすけ君が4歳で発症した肝芽腫という病気。
今回は川口ゆうすけ君が肝芽腫と闘い、見事生存率0%を超えた感動のストーリー、ぼくのいのちについてクローズアップしてみました。


スポンサーリンク




【ぼくのいのちで見る肝芽腫の生存率の低さ!】

北斗晶さんが乳がんを発表してから、芸能界やネットで生存率という言葉が多く言われているような気がします。

このたび、日本テレビで放送される《家族の奇跡SP『ぼくのいのち』生存率0%・おなかの虫さんやっつけるぞ!》で特集される、川口ゆうすけ君の肝芽腫との闘病生活。

この肝芽腫の生存率はなんと、肝臓を摘出後は2年生存率0%という病気なのです。
イメージ沸きますか?生存率0%といえば、言葉は悪いですが必ず死を迎える病気を意味しているのです。

4歳まで元気だった川口ゆうすけ君が、突然の腹痛を訴え始めます。
ただの腹痛だと思っていた矢先の、肝芽腫という聞きなれない病名。
川口ゆうすけ君は肝芽腫を克服するため、母親の肝臓を移植することで完治するはずでした・・・。

しかし、4歳という若さで肝芽腫を発病してしまった川口ゆうすけ君の病気は、常識を上回る驚異的なスピードで転移をしていたのです。
肝臓の病気はいつのまにか、あっという間に肺まで転移。
そのときの医師の一言は、希望を与えることなく、可能性ともいえない・・・絶望を示す言葉だったのです。

『余命2年、その後の生存確率0%』という言葉でした。
生存確率0%ということは、100%死亡するということを意味しています。

 

しかし、川口ゆうすけ君は現在16歳。
そうなんです!!川口ゆうすけ君は見事に肝芽腫を克服し、生存率0%を全否定することに成功したのです。

川口ゆうすけ君が肝芽腫を克服し、元気な16歳になることができた理由はなんだったのでしょうか?
そこには、未来を諦めない医師達の想いと、決して諦めない家族愛があったのです・・・。


スポンサーリンク




【ぼくのいのち 肝芽腫の生存率を乗り越えたのは家族愛と最新の医学だった】

 

ぼくのいのちの話で、川口ゆうすけ君の肝芽腫の生存率を考えると、いつも考えてしまいます。
『自分が同じ立場だったら、頑張れたであろうか?』と・・・。

余命2年で、その後の生存率0%ということは、2年後に死ぬよ・・・と言われていることと同じ。
にもかかわらず、川口ゆうすけ君は肝芽腫と闘い、見事に勝ちました!

それは、川口ゆうすけ君と共に闘った家族の愛でした。
ドラマのタイトルにもなった「お腹の虫をやっつけるぞ!」は、川口ゆうすけ君と家族が励ましあっていた本当の合言葉なのです。

絶対諦めない!!と誓い合った家族が一丸となって、創り出した想いは新しい医療にもつながり、自家末梢血幹細胞移植という珍しい治療法と抗がん剤で治療を行うことによって、川口ゆうすけ君と家族が肝芽腫に打ち勝ったです。

自家末梢血幹細胞移植とは骨髄腫細胞を抗がん剤で死滅させた後に、もともと採取しておいた造血幹細胞(血液をつくる細胞)を移植ことにより、正常な造血機能を回復させる・・・という画期的な治療方法で、当時は珍しい治療法でもありました。

しかし、「お腹の虫をやっつけるぞ!」という合言葉で誓い合った川口ゆうすけ君とその家族は自家末梢血幹細胞移植という難しい手術もを見事に乗り越え、大量の抗がん剤の辛さにも勝ったのです。
この話は本当に感動しました。

 

よく、一人では闘えない・・・とか、病は気から・・・といわれます。
それは気休めや迷信と思っていた自分がいました。

しかし、川口ゆうすけ君の、ぼくのいのちで見る肝芽腫の生存率との闘いは、本当に多くのことを教えてくれました。
病は気から・・・という言葉に、私は少し加工をしてみたいと思います。

『病は気の持ちようで変わり、気で打ち勝つこともできる!』

今後の川口ゆうすけ君とご家族のお幸せを、本当に心からお祈り申し上げます。


スポンサーリンク




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る