シンガポール卓球女子代表チーム選手の帰化中国人3人組を制した日本!見事銅メダルを獲得の感動の振り返り!!

シンガポール卓球女子代表チームを破り、見事に福原愛、石川佳純、伊藤美誠の日本代表チーム3人が銅メダルに輝いた。

それにしても、強敵なシンガポール卓球女子代表チーム!なんと3人全員が帰化中国人という強敵チームなのである。

見事に、そんなシンガポール卓球女子代表チーム3人を倒した日本の銅メダルを振り返りたいと思う!!

【シンガポール卓球女子代表チームを倒した試合内容】

 

動画をアップできないため、文字での説明になることをご理解いただきたい!!

試合内容は、ざっくり書くと以下の内容である。

シンガポール卓球女子代表チーム選手の帰化中国人3人組を制した日本!見事銅メダルを獲得の感動の振り返り!!2

①ユ・モンユvs.福原愛=3:2で負け

②フェン・ティアンウェイvs.石川佳純=0:3でストレート勝ち

③ ユ・モンユ&ジョウ・イーハンvs.福原愛&伊藤美誠=1:3で勝利

④フェン・ティアンウェイvs.伊藤美誠=0:3でストレート勝ち

 

という結果である。

トータルでカウントすると日本が3:1で勝利し、見事に銅メダルを獲得したのである。

 

卓球は個人プレーでもあるが、やはり日本女子代表チームでの戦いはチームプレイ!!

日本女子はチームプレイで、見事にシンガポール卓球女子代表チーム選手の帰化中国人3人組に勝利したのである。

 

しかし・・・福原愛の不調が際立つ試合でもあった。

卓球女子の代名詞だった福原愛・・・個人的にはとても残念にも思えた・・・。

 


スポンサーリンク





 

【シンガポール卓球女子代表チーム選手の帰化中国人3人組の強さ】

 

見事に日本女子が破った!!シンガポール卓球女子代表チーム選手の強さは凄まじいものがあった!

それだけ日本女子代表チームが素晴らしかったのである。

シンガポール卓球女子代表チーム選手の帰化中国人3人組を制した日本!見事銅メダルを獲得の感動の振り返り!!3

では、なぜシンガポール卓球女子代表チーム選手がこれほどまで注目されているのか?

それは強さだけではない!なんと3人とも帰化中国人なのである。

 

『そんなのアリ』と思われた方も多いかもしれないが、オリンピックの場合は帰化していればOKであり、猫ひろしもOKになったのと同じパターンとなる。

中国の卓球と言えば強い!!

 

 

ここで、そんなシンガポール卓球女子代表チーム選手の帰化中国人3人組をご紹介しよう!!

 

★フォン・ティエンウェイ

29歳で世界ランク4位!

両ハンドの連続攻撃が得意なラリー主戦型!

2016年のITTFワールドツアー・スロベニアオープンでは優勝を収めるなど、2016年も絶好調だった!
日本人選手との対戦成績は・・・対 福原愛:14勝3敗、 対 石川佳純:9勝4敗、 対 伊藤美誠:2勝1敗と圧倒的な強さを見せていた・・・そんな選手なのである。

 

★ユ・モンユ

27歳で世界ランク13位。

166センチという身長を活かした両ハンドのオーソドックスでバランスが取れた選手!

2016年のITTFワールドツアー・ジャパンオープン ダブルスでは3位を獲得し、気になる日本人選手との対戦成績は・・・ 対 福原愛:2勝6敗、 対 石川佳純:8勝8敗、 対 伊藤美誠:1勝4敗 と若干日本勢が優勢だった。

 

★チョウ・イーハン

22歳の世界ランク50位の選手!

まだ経験が浅いせいか、日本人選手との対戦成績も・・・ 対 福原愛:0勝2敗、 対 石川佳純:0勝1敗、 対 伊藤美誠:0勝3敗と日本は負けなし状態だった。

しかし、卓球はチームプレイ・・・。

急に流れが変わることもあるので、決して油断できない存在だったのである。

 

 

そして、日本女子が総力を結集して挑んだ3位決定戦!!

見事!!シンガポール卓球女子代表チーム選手に勝利し、銅メダルを獲得した日本女子!!

しかし、シンガポール卓球女子代表チーム選手は3人全員が帰化中国人であることを考えると、ある意味中国女子チームにも勝てた・・・ということになるのだろうか?

 

なにはともあれ、銅メダルで多くの国民が涙した!!

福原愛、石川佳純、伊藤美誠!!よく頑張った!!

感動をありがとう・・・・。


スポンサーリンク





スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る