シンゴジラ キャスト 野村萬斎!キャスト一覧の写真に映らない彼が演じる役とは!?人ではない動きに、共演者も『鳥肌が立った』

アンディラウ 反日の噂と落馬事故!噂の真相と彼の容態に迫る!俳優復帰は可能なのか?!1010

シンゴジラのキャストの野村萬斎がいることをご存知だろうか?

キャスト一覧の写真には載っていない、最後のキャスト・・・。

その人物こそが、シンゴジラを担当している、狂言や能で素晴らしい実績を残している野村萬斎なのである。

今回は、シンゴジラの329人目のキャスト 野村萬斎にクローズアップしてみた。

共演者が驚愕するほどの、彼の実力はどのようなものだろうか?

【シンゴジラキャスト 野村萬斎の実力】

 

そもそも、狂言の世界で有名な野村萬斎は、シンゴジラに出演しているのであろうか?

シンゴジラのキャスト一覧の写真に載っていない彼は、シンゴジラに出演の329人目のキャスト!!彼こそがシンゴジラの役を演じているのである。

 

では、野村萬斎がシンゴジラの中に入っていたのか??と思われた方もいるかもしれない。

確かに、従来のゴジラは、いわゆる着ぐるみを来たゴジラだった。

 

しかし、今回のシンゴジラは違う!!

モーションキャプチャを使用し、モデルとなった人間の動きそのものが、デジタル信号でシンゴジラとなってスクリーンに登場するのである。

 

つまり、野村萬斎の動きそのものが、シンゴジラの動きとなる!!

着ぐるみを着ているわけではないので、まさに生の野村萬斎動きとなるわけだが、普通の人間が歩こうとしても、どうしても「人間」という枠からはみ出ることはできない。

 

しかし、能や狂言で人間以外のものを演じてきた野村萬斎にとってシンゴジラの動きは想定内のものだったのであろう。

動き方はもちろんのこと、歩き方や止まり方など、人間の生活では考えられないようなミステリアスな動きを、見事に演じたのである。

 

どんな一流俳優が演じようと思っても、野村萬斎以上にシンゴジラを演じることはできなかったと思う。

なぜなら、どんなに多くの映画で成功を収めた一流の俳優であっても、背景にあるのは「人間」だからである。

 

人間以外のものに演じる能力!!野村萬斎こそが鬼才なのである!!

 


スポンサーリンク




【シンゴジラ 野村萬斎の演技に、他の共演者も鳥肌!!】

 

シンゴジラのキャストと聞くと、やはりポスターの表紙を飾る、長谷川博己、竹野内豊、石原さとみを真っ先に思い出すであろう。

そんな一流と言われる彼らも、野村萬斎のシンゴジラの演技には驚愕したとのこと。

ここでは、本人たちの驚きの声を引用させていただく・・・。

 

◆長谷川博己
「ゴジラが東京で止まるシーンは、まさに萬斎さんの止まり方。日本の伝統芸能が入り、オール・メイド・イン・ジャパン」

 

◆石原さとみ
「ただ歩くだけのゴジラが切なくて苦しくてなんなんだろう、と思っていた。一歩が、能の世界のプロフェッショナル。鳥肌が立ちました」

 

・・・とのこと。

日本を代表する俳優陣が認めるほどの、シンゴジラこと野村萬斎の実力!!

デジタル編集されているので、シンゴジラのスクリーンで野村萬斎が演じているところを見ることはできないが、シンゴジラの動きで野村萬斎の演技力は見れるはずである!!

 

まだ上映中のシンゴジラ!!

4DXで石原さとみの臭いを感じるもよし、野村萬斎演じるシンゴジラの絶妙な動きを見て楽しむもよし!!会場に行かれていない方は、是非見に行ってほしいものである。

 


スポンサーリンク




 


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る