ジョージマイケル 現在死因にエイズ(HIV)による大腸がんの可能性が!2016年は彼にとって、本当の意味でのラストクリスマスになってしまった・・・。

ジョージマイケル 現在死因にエイズ(HIV)による大腸がんの可能性が!2016年は彼にとって、本当の意味でのラストクリスマスになってしまった・・・。5

ジョージマイケルさんが死亡し、全世界で彼の死因に関する検索が急増しています。
「ワム!」を結成し、全世界のクリスマスに流れたあの名曲「ラストクリスマス」を世に送り出した天才の死に、世界中が悲しんでいるのです。

そんな中、ジョージマイケルさんの死因にエイズ(HIV)が浮上したことについて、注目してみたいと思います。
ジョージマイケルさんの死因は、エイズ(HIV)による病気の延長上に起こってしまったのでしょうか?

《ジョージマイケル 現在死因にエイズ(HIV)による大腸がんの可能性が浮上》

ジョージマイケル 現在死因にエイズ(HIV)による大腸がんの可能性が!2016年は彼にとって、本当の意味でのラストクリスマスになってしまった・・・。

この噂が本当か?どうか?は、ジョージマイケルさんが死亡した今、どうでもいいことなのかもしれません。
ご存じない方もいると思いますが、クリスマス時期になると流れる世界的な名曲「ラストクリスマス」を作詞作曲し、そして歌ったジョージマイケルさんはゲイなのです。

来日の際も彼氏同伴で、日本のファンには大きな衝撃とショックを与えたのでした。
しかし、ジョージマイケルさんがゲイであっても、人の愛し方が多くの人と異なるだけで、それは違法ではありません。

ですが、問題はそこではなく、ジョージマイケルさんのエイズ(HIV)疑惑が浮上していることなのです。
残念ながら根拠はあります。

というのも、ジョージマイケルさんが1990年代前半に、交際していた恋人がいました。
その恋人は男性・・・つまり、彼氏だったのです。

数年交際後、その恋人はエイズ(HIV)で死亡しました。
正確に言うと、エイズ(HIV)が原因で、免疫力がなくなり、大きな病気にかかり死亡した・・・ということになります。

ということは、数年交際していたジョージマイケルさんにエイズ(HIV)が感染している可能性はあります・・・残念ながらあるのです。

 

2011年ジョージマイケルさんはオーストリア滞在中に重度の肺炎にかかり緊急入院し、集中治療室で数日を過ごします。

肺炎はエイズ(HIV)の代表的な病気・・・
その後彼は退院していますが、肺炎の原因が気になるのです。

エイズ(HIV)に感染した男性が、末期の症状として死に至る場合、多い病気は大腸がんと言われています。
ジョージマイケルさんの死因が、エイズ(HIV)による大腸がんだった可能性・・・あるのでしょうか?

ジョージマイケルさんの死が報道されてから数時間経過していますが、現在はまだ死因は発表されていません。
とても気になりますが・・・知らないほうが彼のためなのかもしれませんね。


スポンサーリンク





 

《ジョージマイケル 2016年が彼にとってのラストクリスマス》

ジョージマイケル 現在死因にエイズ(HIV)による大腸がんの可能性が!2016年は彼にとって、本当の意味でのラストクリスマスになってしまった・・・。3

あの名曲が生まれて数十年・・・。
クリスマス時期になると、全世界で流れたあの名曲・・・
多くのカップルが寄り添い、愛を誓ったことでしょう。

ジョージマイケルさんは衝撃にゲイ告白を1998年にしていますが、多くの人と愛する性別が異なっただけで、愛には溢れていたのです。
先述した彼の恋人がエイズ(HIV)で死亡した時、音楽活動をショックのあまりやめていました。

そんなジョージマイケルさんが音楽活動を再開すると同時に、亡き恋人に送った曲が、あの「Jesus To A Child」だと言われているのです。
私もCDを買って、とても大好きな曲です。

そんなジョージマイケルさんは2016年12月25日に死去しました。
彼が世界に感動を与えたラストクリスマス・・・これからも、全世界の人に夢と感動とファンタジーを与えてくれるはずです。

しかし、ジョージマイケルさん本人にとって、今年2016年が本当の意味でのラストクリスマスになってしまったのです。

今まで本当に、多くの夢をありがとうございました。
これからも天国で素敵な歌声を響かせてください。

ジョージマイケルさんのご冥福をお祈り申し上げます・・・。


スポンサーリンク





スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る