スーパームーン 2016年11月14日に地震を引き起こすのか?!願い事という夢あふれる話の陰に隠れる地震の恐怖に注目!

スーパームーン 2016年11月14日に地震を引き起こすのか?!願い事という夢あふれる話の陰に隠れる地震の恐怖に注目!

スーパームーンが2016年11月14日に起こるといわれており、早くもネットを中心に盛り上がっています。

スーパームーンには「願い事が叶う」というファンタジックな話もあれば、大地震を巻き起こす原因・・・という恐ろしい噂もあります。

月がいつもより大きく見えるスーパームーン!!

果たしてスーパームーンは願い事を叶えてくれるのでしょうか?気になる地震との関係は?

 

今回は2016年11月14日に見えると言われるスーパームーンにクローズアップしてみました。

★スーパームーン 2016年11月14日に何が起こる?

スーパームーン 2016年11月14日に地震を引き起こすのか?!願い事という夢あふれる話の陰に隠れる地震の恐怖に注目!3

スーパームーンという名前を良く知っている人もいれば、なんとなく聞いたことがある人もいると思います。

そもそもスーパームーンとは何なのでしょうか?

 

スーパームーンとは月が地球に近づく時に、月が大きく見えることを意味し、月が地球の周りを回る軌道に関係しています。

月は地球の周りを27日かけて回るわけですが、その軌道は丸い円ではなく楕円・・・。

つまり、月と地球との距離は同一ではなく異なるのです。

 

ちなみにイメージはつきにくいと思いますが、月と地球が一番近いときで357,000キロメートル・・・で、一番遠い時で406,000キロメートルになります。

距離はイメージできないと思いますが、月と地球の距離が一番近い時と一番遠い時で5万キロ異なる・・・といのは、ご理解いただけたと思います。

 

実際にスーパームーンを目視した場合、月の直径が約1.14倍に大きくなり、月の明るさも30%明るくなります。

すぞき綺麗で大きい満月!!という感じでご理解いただけるでしょうか?

 

スーパームーンは確かに素晴らしく、最高に綺麗な現象です。

私は最初にスーパームーンで起こる、月と地球の距離を測った人がもっとすごいと思いのですが・・・。

 


スポンサーリンク




★スーパームーン 2016年11月14日の良く見える時間は?

スーパームーン 2016年11月14日に地震を引き起こすのか?!願い事という夢あふれる話の陰に隠れる地震の恐怖に注目!8

11月14日に見えるスーパームーンですが、一日中ではありません。

これは頭がいい人が導き出した計算のようですが、月と地球が一番近くなる時間は20時21分とも言われており、方角としては南東を見るといいそうです。

そして、多くの人が感動する満月ですが、満月の時間は、11月14日の22:52と計算されています。

その時見るといい方角は南!!

 

いくら23時付近とは言え、新宿や渋谷ではネオンの光に負けて、スーパームーンがもたらす感動も薄れるはず・・・。

こんなときこそ地方が一番ですね!!

月明かりに注目できる場所にお住まいの方は、まさにスーパームーンで感動する時間帯に入ります。

 

先ほど、南東や南・・・ともっともらしいことを書きましたが、見るのは月なので非常に大きいです。

方角は書きましたが、ぐるっと一回り空を見渡せば、きっとスーパームーンは見えることでしょう!!

 


スポンサーリンク




★スーパームーン 願い事は叶うのか?

スーパームーン 2016年11月14日に地震を引き起こすのか?!願い事という夢あふれる話の陰に隠れる地震の恐怖に注目!10

これもファンタジーな話ですが、科学的根拠はありません(当然ですが)

ただ、満月には物事を達成する!!夢を叶える力があると、スピリチュアルでは言われており、その距離も近く大きく見えれば見えるほど、強いといわれています。

流れ星に願いを・・・と同じ感覚でしょうか?

科学的に証明されていないことではありますが、試してみる価値はありそうですね。

 

今回のスーパームーンは68年ぶりとも言われており、そもそも11月14日というスーパームーンが見える日が非常に貴重なのです。

星に願いを・・・ならぬ、月に願いを!!やってみたいと思います。

 

★スーパームーンは阪神大震災のような地震と関係あるのか?

スーパームーン 2016年11月14日に地震を引き起こすのか?!願い事という夢あふれる話の陰に隠れる地震の恐怖に注目!13

関係があるのでは??と言われているのは事実です。
東京大学では、スーパームーンと地震の関連性について調査しているチームが存在しており、その研究チームの研究結果でも・・・

「月の引力が特に強くなる大潮の時期には、潮汐によって海底の地殻プレートに多大な力がかかり、そこに太陽や月の引力が加わることによって大地震が起こりやすくなるのではないか」

・・・と言われているのです。

実際に、同研究チームは数字でのデータも表しており、1万件を超える、過去の膨大な地震データを検証した結果、マグニチュード8.2以上の巨大地震が12件。
その12件のうち、なんと9件が(75%)が地球潮汐が最大となる「大潮」の日に起きていることがデータで判明されています。

信じたくない気持ちもありますが、過去に起きた日本を代表する大地震を例に挙げてみると・・・

 

●2005年1月10日のスーパームーン!!
⇒その2週間前にM9.3の大地震!スマトラ島沖地震が発生している。

●2010年2月28日のスーパームーン!!
⇒前日の2月27日にM8.8のチリ・マウレ地震が発生している。

●2011年3月19日のスーパームーン!!
⇒8日前の3月11日、忘れもしないM9.0の東日本大震災が起きている。

 

・・・という感じでした。
スーパームーンと地震なんて関係ない!!そう信じていた矢先、11月22日の早朝・・・。
多くのカップルが結婚式の準備を行い、多くの夫婦が結婚記念日を祝おうと思っていた、そんな日に地震が起きてしまったのです。

 

★スーパームーンと地震はやはり関係があるのか?!

スーパームーン 2016年11月14日に地震を引き起こすのか?!願い事という夢あふれる話の陰に隠れる地震の恐怖に注目!15

●2016年11月22日のスーパームーン!!
⇒スーパームーンから約1週間後、確かに震度5弱の地震が起きてしまいました。

最後の1行が追加になってしまたのです。

2016年11月14日はスーパームーンから一週間・・・。
何も起きないと信じていた、11月22日の早朝・・・。

これは、今までと同じように、スーパームーン後の大地震が意味しているのでしょうか?
それとも、今後起こる大地震の前兆とでも言うのでしょうか?

 

個人的には勘ですが(希望も含めて)、スーパームーンと大地震の関係はないと思っています・・・というより、そう信じたいです。
それについて科学的に証明することは、もちろんできませんが、『たまたま時期が一致していたのでは??』と思っているのです。(希望しているのです)
なので、ここでの個人的な感想としては、スーパームーンと地震の関係はない・・・ということにさせてください。

 

ただ・・・そう信じていた矢先、11月22日のいい夫婦の日に福島で震度5弱の地震が起きてしまいました。
そして、二度と見たくなかった津波警報も聞いてしまったのです。

 

この地震は、それを匂わせることを有名な松原照子さんもブログで書いており・・・

『やはり太平洋側は動く気配がムンムンしています。 『陸前高田』と云う地名が声にならない会話を 自分にしています。

東和と書かれている場所辺りが気になった。 今度揺れると広範囲に思える。

岩手・秋田・山形・宮城・福島・茨城 これだけ書けば当たるだろうと思える県名だが 書かずにはおれない思いになります。 目の前に5の数字が先程から見えて仕方がない。』

・・・という感じで、一致する箇所があるのです。

 

5という数字が5日なのか、5時なのか、5時の方向なのかはわかりません。
しかし、震度5を意味しているとなった場合、松原照子さんの予言が正しいという裏づけにもなってしまいますた。

 

南海トラフ地震を検索すると、なぜか11月23日という日付がキーワードに浮上します。
それは松原照子さんの予言した言葉から連想した日付であり、決して松原照子さんが断言した日にちではありません。
しかし、福島で地震が起きた今、全く見当違い・・・と言えない自分がいました。

 

今回はスーパームーンを見て、地震が起きないことを願いました。
どうか、スーパームーンで願った願い事が叶いますように・・・。

 


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る