ティロ・フェヒナー 中谷美紀と結婚間近の報道浮上!画像やプロフィールなど、ティロ・フェヒナーの魅力迫る!

ティロ・フェヒナーさんと中谷美紀さんの熱愛デートが報じられた2日後の今日、早くの二人に結婚の文字が浮上しました。

ティロ・フェヒナーさんと言えば、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の一員で、まさに世界を股にかける男!!
ティロ・フェヒナーさんと中谷美紀さんの国際結婚の可能性は??

今回は中谷美紀さんと結婚の噂が浮上しているティロ・フェヒナーさんにクローズアップしてみました。


スポンサーリンク




◆ティロ・フェヒナー 中谷美紀と結婚なるか?

ティロ・フェヒナー 中谷美紀と結婚間近の報道浮上!画像やプロフィールなど、ティロ・フェヒナーの魅力迫る!3

二人の馴れ初めは、小澤征爾さんとズービン・メータさんが指揮を務めるということで、世界から注目を集めていたサントリーホール30周年記念ガラ・コンサートに参加する為、来日した際に知人の紹介で出会ったとのことです。

そこで私は凄い!と思いました。
多くの方は、来日の際に知人の紹介で・・・という箇所を読み流したと思いますが、まさに世界の小澤征爾さんとズービン・メータさんに関係する人物、ティロ・フェヒナーさんを知っている人と共通の知人であることが凄いと思いませんか?

中谷美紀さんは女優ですが、その手の音楽関係の人とも知り合いなのでしょうか?
以前、坂本龍一さんと曲をコラボしていますが、そのときの関係者ですかね・・・。
世界の音楽家と共通の知人がいることに、私は一番驚きました。

その共通の知人といのが、俳優で息子の小澤征悦さんなら話は別ですが・・・。

 

さて、話を戻しますが、ティロ・フェヒナーさんと中谷美紀さんの間には、早くも結婚の話が浮上しています。
長年の彼氏と破局が報じられた直後で、中谷美紀さんの傷心も気になるところですが、交際1ヶ月でこれほどラブラブということは、このままの勢いでスピード婚という可能性も確かにありますね。

個人的には・・・ティロ・フェヒナーさんと中谷美紀さんはこのまま国際結婚すると思っています。
理由はティロ・フェヒナーさんが48歳であることと、中谷美紀さんが40歳であることです。

日本人男性より積極的に愛をアプローチしたと思われるティロ・フェヒナーさんと、失恋で傷心状態だった中谷美紀さんの気持ちが見事にリンクすれば、結論は早いのではないか?と思えてしまうのです。

仮に二人が結婚した場合は、世界を股にかける男性と日本を代表する女優ということで、早くも別居が考えられますが、個人的には結婚よりそちらですかね・・・。
中谷美紀さんが結婚を機に女優を引退するとも思えませんし、逆にティロ・フェヒナーさんもウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を脱退するとは思えません。

果たして、二人の熱愛はどのような方向に進むのでしょうか?


スポンサーリンク





 

◆ティロ・フェヒナー 中谷美紀と結婚が噂の男性のプロフィール!!

ティロ・フェヒナー 中谷美紀と結婚間近の報道浮上!画像やプロフィールなど、ティロ・フェヒナーの魅力迫る!2

さて、そんなティロ・フェヒナーさんはどのような人なのでしょうか?
音楽界では成功者と称されている彼ですが、管弦楽団の1人のため、ティロ・フェヒナーさんだけのWikiは存在しませんでした。

なので、ここではWiki風に・・・まとめてみます。

芸能人ではないので、生年月日の詳細は興味ないと思いますが、年齢は1968年生まれの48歳・・・。
中谷美紀さんも大人の女性ですが、さらに8歳年上です。

音楽の世界ではまさにエリートコースを歩んでおり、1993年から2年間 ベルリンフィルのカラヤンアカデミーに参加し、2004年 ウィーン国立歌劇場管に入団。
そして、2007年に世界のウィーンフィルのメンバーになっています。

音楽界のエリートと呼ばれるティロ・フェヒナーさんですが、顔は俳優顔負けのイケメン・・・。

ティロ・フェヒナー 中谷美紀と結婚間近の報道浮上!画像やプロフィールなど、ティロ・フェヒナーの魅力迫る!
おそらくですが、この容姿も中谷美紀さんが好きになったポイントの一つだと思われます。
日本人にはない雰囲気のイケメンぶり・・・。
これで世界の音楽団に所属するのですから、48歳とは言え、とても魅力溢れる男性なんですね。

 

ちなみにティロ・フェヒナーさんが担当する楽器はビオラ・・・。
知らない人が聞くと、洗顔クリームのように聞こえるかもしれまえんが、ビオラとはヴァイオリンみたいな見た目です。
パッと見は一緒ですが、ヴァイオリンに比べ、胴の長さで50mmほど大きいのビオラなんですね。

 

交際1ヶ月というティロ・フェヒナーさんと中谷美紀さんですが、個人的には二人に結婚してほしいと思っています。
果たして、二人の熱愛は・・・

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る