テニス 生涯グランドスラム 達成者にジョコビッチが入った!そんな生涯グランドスラムと年間グランドスラムの違いを解明!

テニス 生涯グランドスラム 達成者にジョコビッチが入った!そんな生涯グランドスラムと年間グランドスラムの違いを解明!2 (1)8

テニスの生涯グランドスラム達成者として、2016年新たにノバク・ジョコビッチが名前を連ねることになった。

生涯グランドスラムを達成したノバク・ジョコビッチの記事を見たときに感じた疑問・・・。

そもそも、テニス界のカリスマの証、生涯グランドスラムとは?どんなことを意味するのだろうか?

今回は生涯グランドスラムと、類義語の年間グランドスラムの示す意味にクローズアップしてみた。

【グランドスラム(大会名)とは?】

テニス 生涯グランドスラム 達成者にジョコビッチが入った!そんな生涯グランドスラムと年間グランドスラムの違いを解明!

そもそもグランドスラムとは、国際テニス連盟が定めた4大大会を指す規格 名称、またはそれら全てを制覇する事・・・とある。

 

つまり、大会自体の名前もグランドスラムだし、大会を制してチャンピオンになることも同じくグランドスラムという。

これが原因でゴチャゴチャしてしまうわけだが、一つ一つ整理して説明せさていただこう。

 

まず最初に、グランドスラムという名称が意味する試合とは、国際テニス連盟が定めた全豪オープン、全仏オープン、全英ウィンブルドン、全米オープンというテニス界の世界4大大会のことを意味する。

全仏・・・みたいな感じで、訳されてヤフーニュースに掲載されているのを見たこともあると思う。

 

グランドスラムという大会は、モータースポーツでいうF1で、サッカーで言えばワールドカップのようなものであろうか?

オリンピックとは別に存在する、最高の試合・・・と思っていただければ間違いないと思う。

 

さて、そんなグランドスラムだが大会名のほかにも、制覇したという意味でのグランドスラムという言葉も存在する。

次に、制覇した!!という意味でのグランドスラムの種類を解説させていただく。


スポンサーリンク




 

【テニス 生涯グランドスラムと、達成者は?】

テニス 生涯グランドスラム 達成者にジョコビッチが入った!そんな生涯グランドスラムと年間グランドスラムの違いを解明!2 (2)

テニスでいうグランドスラム・・・。

その中でも生涯グランドスラムと年間グランドスラムというのがあるのが、まずは違いから説明させていただこう。

 

生涯グランドスラムは、別名キャリアグランドスラム とも呼ばれており、テニス選手という選手生命の中で4大大会(全豪、全仏、全英、全米)を制覇することを意味する。

まさに世界チャンピオンという表現でもいいであろう。

 

期間に関しては、テニス選手としての生涯であるため、1年間のうちに・・・という期間限定はない。

期間は無期限として、4大大会を制するのは尋常でないほど難しく、今回6月5日の大会でノバク・ジョコビッチが生涯グランドスラムを達成してたが、まさに偉業なのである。

 

ちなみに、いままでテニス界において生涯グランドスラムの達成者は・・・

 

《男子シングルス》

★フレッド・ペリー(イギリス)
★ロイ・エマーソン(オーストラリア)
★アンドレ・アガシ(アメリカ)
★ロジャー・フェデラー(スイス)
★ラファエル・ナダル(スペイン)

 

《女子シングルス》
☆ドリス・ハート(アメリカ)
☆シャーリー・フライ(アメリカ)
☆ビリー・ジーン・キング(アメリカ)
☆クリス・エバート(アメリカ)
☆マルチナ・ナブラチロワ(アメリカ)
☆セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
☆マリア・シャラポワ(ロシア)

 

・・・だけである。

テニスをしているものの、チャンピオンの称号・・・。

テニスをプレイしている者にとって、お金よりほしい物・・・、それこそが生涯グランドスラムの称号ではないだろうか?


スポンサーリンク




 

【年間グランドスラムと達成者は?】

テニス 生涯グランドスラム 達成者にジョコビッチが入った!そんな生涯グランドスラムと年間グランドスラムの違いを解明!2 (1)

年間グランドスラムは、生涯グランドスラムより更に難しい。

同じ年の1年間に、グランドスラムを連続で達成したという、まさに神のなせる業である。

 

たとえば、2015年7月~2016年6月も同じ1年だが、同じ年の1年ではない。

つまり、同じ2016年中で、連続で達成しなければならず、1年間・・・という期間の長さではないのである。

 

年間グランドスラムはまさに神のなせる業。

さすがに、これだけの偉業の達成者は少なく・・・

 

≪男子シングルス≫
■ドン・バッジ(アメリカ) 1938年
■ロッド・レーバー(オーストラリア) 1962年1969年

≪女子シングルス≫
□モーリーン・コノリー(アメリカ) 1953年
□マーガレット・スミス・コート(オーストラリア) 1970年
□シュテフィ・グラフ(ドイツ) 1988年

 

という5人の神しか存在しない。

なお、最後のシュテフィ・グラフは、1988年のソウルオリンピックでも金メダルを取っているため、年間グランドスラム+金メダルを達成している。

この史上初の快挙は年間ゴールデンスラムといわれているらしく、まさにシュテフィ・グラフただ一人なのだである。

彼女こそ、本当の意味でテニス界のカリスマと言えよう・・・。


スポンサーリンク




 

【テニスの生涯グランドスラム達成者に錦織圭が入れるか?】

テニス 生涯グランドスラム 達成者にジョコビッチが入った!そんな生涯グランドスラムと年間グランドスラムの違いを解明!2 (1)5

夜中のテニス放送を見ている人の多くは、やはり錦織圭の生涯グランドスラムを見たいのではないだろうか?

やはり、錦織圭は日本の期待の星であるため、私も彼の生涯グランドスラムを期待している。

 

それにしても、錦織圭の貢献度はハンパではない!

彼がいなかったら、テニスはこれほど盛り上がらなかっただろうし、私自身も生涯グランドスラムという言葉の意味すら分からなかったであろう。

 

そんな錦織圭の生涯グランドスラム・・・。

2017年に期待したいと思う!!

がんばれ、錦織圭!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る