ネスタカーター ドーピングで世界陸上の英雄も地の果てに!北京の銀は日本に来るのだろうか!?

小林麻央 運動会は10月のいつなのか!?しおりを握り締め、運動会に駆けつけることができるのか?7

ネスタカーターがドーピング検査で陽性反応を示し、アスリート界で衝撃が走っている。

ネスタカーターといえば、世界陸上やオリンピックで優秀な成績を残す、世界的代表選手。

今回のネスタカータードーピングは北京オリンピックの日本の順位を銀に変える可能性すら潜んでいる。

今回は、世界陸上の英雄と言われたネスタカーターのドーピングという悲しい現実にクローズアップしてみた。

【ネスタカーター ドーピングで、北京五輪日本が銀に?】

ネスタカーター ドーピングで世界陸上の英雄も地の果てに!北京の銀は日本に来るのだろうか! (1)

北京五輪で、日本は400メートルリレーで感動の銅メダルを獲得し、人々は涙を流した。

当然金メダルは、ネスタカーターが所属するジャマイカ!

伝説的な記録を残して獲得した金メダルをドーピングが確定した場合は、ネスタカーターが参加していた400メートルリレー自体、ジャマイカは無効になる可能性が出てくる。

俗に言う連帯責任・・・。

リレーの場合、一人がドーピングしてくれば、チームで獲得したメダル自体剥奪の可能性が極めて高い。

現に、アテネ五輪の際も、室伏選手が2位から1位に上がった過去もある。

 

そこで気になるのは、ウサインボルトの3冠の剥奪も気になるところだが、やはり一番はジャマイカがリレーの金メダルを剥奪された際に、自動的に銀メダルに上がる可能性が出てくる日本チームである。

走った本人たちはどう思うかは分からないが、日本の陸上チームに銀メダルが付与されるのは、金では換えられない栄誉。

今後の発表に注目したい!!

 


スポンサーリンク




 

【ネスタカーター 世界陸上の英雄が使った興奮剤】

ネスタカーター ドーピングで世界陸上の英雄も地の果てに!北京の銀は日本に来るのだろうか! (3)

興奮剤とは、筋肉増強剤などとは違い、疲労感をなくし、俊敏性を高めるもの・・・と定義づけられている。

肝臓から糖を血液に送り出す効果があり、心臓の動きも活発になるため、血液の流れた良くなりエネルギッシュになるものである。

強力なカフェインが含まれており、世間の人がエナジードリンクと言っているものが、一部該当する。

しかし、強力なカフェインは違法ではなくても、陸上競技では違法(ドーピング違反の意味)なのである。

今回のネスタカーターの前にも、アメリカのマイケルロジャーズがドリンク剤で興奮剤陽性になったこともあった。

 

ネスタカーター・・・、世界陸上の英雄が陽性を示したドーピング。

彼の人生のみならず、他の選手や応援した国民をも傷つけた彼の軽率な行為が、残念で仕方ない・・・。

 

果たして、ネスタカーターのドーピング陽性で、北京五輪の結果で日本はリレー銀メダルに昇格するのだろうか?

今後の発表に注目したいと思う!

 


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る