ピラミッドダービーのプロデューサーFこと福田健太郎と、アシスタントプロデューサーのGこと儀万由佳が、やらせ捏造の黒幕なのであろうか?

家田荘子 旦那が極道といのはデマから感じるネットの怖さ!実際の旦那さんは素敵な実業家です!

ピラミッドダービーでのやらせ、捏造問題が急浮上している。

発端は顔相鑑定士の池袋絵意知さんが「CGによって自身の姿が消された」とブログで暴露したことである。

池袋絵意知さん曰く、ピラミッドダービーでのやらせ捏造に対し、プロデューサーFこと福田健太郎と、アシスタントプロデューサーのGこと儀万由佳に抗議すると言っている。

ということは、果たしてピラミッドダービーのやらせ捏造は、池袋絵意知の言うように、プロデューサーF福田健太郎と、アシスタントプロデューサーG儀万由佳が黒幕なのであろうか?

今回は、真相にクローズアップする!

【ピラミッドダービーのやらせ、捏造問題内容】

ピラミッドダービーのプロデューサーFこと福田健太郎と、アシスタントプロデューサーのGこと儀万由佳が、やらせ捏造の黒幕なのであろうか?3

ヤフーニュースでもご覧になられた方も多いと思うが、内容としては顔相鑑定士の池袋絵意知さんが、自身が出演していた『珍種目No.1は誰だ!? ピラミッド・ダービー』の番組で、登場する双子が入れ替わっているかを見極める「双子見極めダービー」というコーナーでの出来事だった。

 

最終戦に向けて池袋絵意知の他に、元刑事の小川泰平、お笑い芸人の藤本敦史、メンタリストDaiGoの4人が生き残っているという場面だった。

池袋絵意知さんは最終戦に向けて、調子よく勝ち進んでいたにも関わらず、なぜか番組の製作中にCGで消されていたというのである。

おまけに、脱落していないにも関わらず、「最終戦を前にして池袋はここで脱落」と丁寧なナレーションまで用意されていたというのである。

 

視聴者は番組に製作舞台裏を見ていないため、テレビでのオンエアー内容を信じるしかないのだが、これが事実だった場合、池袋絵意知さんの言うとおり、放送による暴力・虐待にもなりうる。

 

現在は番組のプロデューサーFに対して謝罪を求めているとのことだが、果たして問題の番組プロデューサーは謝罪をするのであろうか?


スポンサーリンク





 

【プロデューサーFこと福田健太郎と、アシスタントプロデューサーGこと儀万由佳】

ピラミッドダービーのプロデューサーFこと福田健太郎と、アシスタントプロデューサーのGこと儀万由佳が、やらせ捏造の黒幕なのであろうか?2

ピラミッドダービーの製作スタッフを調べて、イニシャルFとGで検索すると、福田健太郎と儀万由佳の名前が浮上してきた。

 

 

《プロデューサーFこと福田健太郎》

ツイッターアカウントを持っており、内容を調べてみたが、画像などの情報は現在発見できていない。

知っている内容でまとめると、茗溪学園を卒業後、明治大学へ・・・。

ラグビーのポジションはFBで、身長172センチ、72キロだった体全体を使ってのラグビーはカリスマと称されたらしい。

明大OBから、数々の武勇伝が聞かされるほどのラグビー名選手だった福田健太郎。

どうやら、しばらくTBSのプロデューサーとしてネット上で話題になりそうである。

 


スポンサーリンク





 

《アシスタントプロデューサーGこと儀万由佳》

儀万由佳さんはおもっきり、フェイスブックユーザーだった。

ピラミッドダービーのプロデューサーFこと福田健太郎と、アシスタントプロデューサーのGこと儀万由佳が、やらせ捏造の黒幕なのであろうか?

アシスタントプロデューサーとは、テレビ業界でいう総務係のようなもの。

番組のスケジュール管理や予算管理、そのほかにも出演者の交渉などを行っており、今回の池袋絵意知の件にも絡んでいたと思われる。

今回、池袋絵意知さんは儀万由佳さんに対しては、怒りというより、編集・収録に立ち会った人間として、気持ちを訴えたようである。

あくまでも池袋絵意知さんの怒りの矛先は、儀万由佳さんではなく、プロデューサーFこと福田健太郎さんのである。

 

【池袋絵意知VS福田健太郎の闘い、結末はいかに?】

ピラミッドダービーのプロデューサーFこと福田健太郎と、アシスタントプロデューサーのGこと儀万由佳が、やらせ捏造の黒幕なのであろうか?6

果たして、池袋絵意知さんの怒りのコメント!に対し、元ラガーマンのプロデューサーFこと、福田健太郎さんはどのようにコメントするのであろうか?

公の場でお詫びをするのか?それとも、だまってTBS側から担当を外されるのか?

 

プロデューサーによるタレントイジメ・・・。

どこかの鑑定番組の再来となるのであろうか?

 

今後の池袋絵意知さんと福田健太郎さんとの闘いに注目していきたいと思う。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る