プライバシーバイザー 顔認識防ぐ眼鏡の購入方法や購入場所に早くも検索集中!プライバシー保護の救世主になるのか?

プライバシーバイザー 顔認識防ぐ眼鏡の購入方法や購入場所に早くも検索集中!プライバシー保護の救世主になるのか?2

プライバシーバイザー(顔認識防ぐ眼鏡)の発売が5月末と、正式に発表され、購入方法や購入可能場所が早くも検索されている。

顔の凹凸で個人を識別する技術の進歩からプライバシーを守ると期待されているプライバシーバイザー(顔認識防ぐ眼鏡)の発売。

果たして、プライバシーバイザー(顔認識防ぐ眼鏡)はどのような商品なのであろうか?
そして、プライバシーバイザー(顔認識防ぐ眼鏡)の購入場所や購入方法はどのようなものがあるのであろうか?


スポンサーリンク




【プライバシーバイザー(顔認識防ぐ眼鏡)の購入方法、購入場所】

 

発売をするニッセンからは正式は発表はされていない。

しかし、ヤフーニュースで取り上げられるほど注目されるほど、プライバシー保護として期待されている商品だけに、どこでも買うことができると個人的には考える。

具体的にはグーグルの広告でもアドセンス商品として出るであろうし、世の中のアフィリエイターが広告リンクを張って、自身のサイトで販売することもするであろう。
もちろん楽天市場でも変えれば、早くもいろいろなモデルがアマゾンで発売されるのは時間の問題・・・。

つまり、隠しカメラ型眼鏡とは違い、全国が期待する商品であるが故、簡単にどこでも買えると私は考えている。

 

当初は3万円で発売されるとのことだが、『デザインがダサイ』『もっとお手ごろな価格がほしい』などという、現実的なユーザーの声や、『芸能人でないから、そんなものいらないよ』という否定的な意見も生まれることが予想される。

 

確かに、プライバシーバイザー(顔認識防ぐ眼鏡)はコンピューターの自動認識からは守るかもしれないが、生身の人間の注目は避けられないであろう。
世の中で一般的にならない以上、デザイン的にプライバシーバイザー(顔認識防ぐ眼鏡)を付けている方が、かえって目だって見えてしまうと思うのは、私だけであろうか??


スポンサーリンク




 

【プライバシーバイザー(顔認識防ぐ眼鏡)とはそもそも何?】

プライバシーバイザー 顔認識防ぐ眼鏡の購入方法や購入場所に早くも検索集中!プライバシー保護の救世主になるのか?

ヤフーニュースをご覧になり、なんとなく購入方法を調べた方もいると思うので、今一度プライバシーバイザー(顔認識防ぐ眼鏡)について、簡単に解説したいと思う。

まずはデザイン・・・形は眼鏡でも決してスタイリッシュとは言えない・・・。

 

最初に報道されたのは2015年8月ころのことだった、

国立情報学研究所(NII)が、ニッセイによってプライバシーバイザー(顔認識防ぐ眼鏡)が発売される見通しであることを、事前に発表したころである。
なぜ、ニッセイのプライバシーバイザー(顔認識防ぐ眼鏡)が注目されたかというと、理由は画期的なほど手軽なデザインにある。

今までも顔の認識防止方法はあったものの、顔に色を塗ったり、被り物をして物理的に認識を阻害しているもので、街中を歩くことは現実的に難しかった。
先ほども書いた、コンピューターの顔認識プログラムからは逃げられても、猛烈な人の目線はオプションで付いてくる・・・。
いろいろな技術が試されたが、現実的に国民が使用できる顔認識防止方法はなかったのである。

 

そこで、眼鏡をかけるたけで顔認識プログラムからプライバシーを防げるということでプライバシーバイザー(顔認識防ぐ眼鏡)が発表され、全国の話題を獲得したのである。

ちなみに、プライバシーバイザー(顔認識防ぐ眼鏡)は顔面に明暗をつくる可視光を反射、吸収する素材をバイザーに貼付することで目の周りの明暗の特徴をなくし、顔検出を妨害する方法を形にしたものである。
デザインほど素敵ではないが・・・、眼鏡をかけるだけで、プライバシーを守る・・・ということで、今後は芸能人が愛用する可能性もある。

 

私は株などの知識はないが、プライバシーバイザー(顔認識防ぐ眼鏡)が発売されることによって、ニッセイの注目度や株価(上場されていればの話だが)の急上昇はあり得るかもしれない。
すさまじい技術の進歩と、そこからプライバシーを守るプライバシーバイザー(顔認識防ぐ眼鏡)の登場・・・。

 

今後のプライバシーバイザー(顔認識防ぐ眼鏡)の普及率や進化品の登場から、まだまだ目が離せなそうである。


スポンサーリンク




 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る