モハメドアリ 病気(死因)はパーキンソン病、尿路感染症!アントニオ猪木と闘った英雄は天国へ、そして伝説になった!

小園凌央 事件と大学が注目される2世タレント!「あずみ」共演の川栄李奈との熱愛事件を起こしてしまうのか?2

モハメドアリの病気がパーキンソン病というのは、格闘技を好きな方であればご存知であろう。

しかし、この度その病気がモハメドアリの死因となってしまった。

今回は、アントニオ猪木と戦い伝説と作り上げたモハメドアリが闘ってきたパーキンソン病、尿路感染症など、天国に旅立った彼の伝説を振り返りたいと思う!


スポンサーリンク




【モハメドアリ 病気(死因)はパーキンソン病、尿路感染症】

モハメドアリ 病気(死因)はパーキンソン病、尿路感染症!アントニオ猪木と闘った英雄は天国へ、そして伝説になった! (1)2

有名俳優も煩っているパーキンソン病。

 

アントニオ猪木と伝説の試合を行った、生きながらにして伝説となった男、モハメドアリもパーキンソン病を患っていた。

 

世界的に有名なボクサーとして伝説を作ったモハメドアリだが、現役時代に後頭部に受けたパンチが原因でパーキンソン病になったという噂があるが本当のところ、病気の原因は分かっていない。

 

なお、パーキンソン病とは50歳以降に発症することが多い病気で、ドーパミンの産生が減少することによって、手足の震えが始まり、筋肉がこわばる。

体の動作が遅くなり、歩くことすらままならない・・・が始まり、徐々に症状が悪化し続け、10数年後には寝たきりになる人が多い。

 

モハメドアリも、引退後は車椅子での様子が多かったことを覚えている。

 

パーキンソン病は原因不明の病気のため、現在の医療では治らない・・・とも言われている、恐ろしい病気なのである。

世界的に伝説の男は、10万人に100人が患うと言われる原因不明の患者としても、選ばれてしまった。

 

しかし、彼の悲劇はそれだけではなかった。

パーキンソン病で弱っていた彼の体に尿路感染症も襲い掛かったのである。

腎臓から尿管、膀胱を通って尿道口にいたる、尿路に病原体が生着して起こる感染症で、これもまた非常に恐ろしい病気・・・。

 

伝説の世界チャンピオンも体の前にあるものには勝てても、体の中の敵には勝てなかったという、悲しい現実だった。


スポンサーリンク




 

【モハメドアリ 世界のボクサーが伝説になった】

モハメドアリ 病気(死因)はパーキンソン病、尿路感染症!アントニオ猪木と闘った英雄は天国へ、そして伝説になった! (1)5

モハメドアリの本名はカシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア。

1942年生まれの74歳だった。

190センチの長身から繰り出すパンチは強力で、56勝5敗のうち、37回のKOを奪うほどの強ささった。

飛躍的に有名になったのは、アントニオ猪木と闘った試合であろう。

以後、親友となった二人は、アントニオ猪木の引退時代でも駆けつけるほど、信頼でつながれていた。

 

多くの愛する人に見守られながら、モハメドアリは死亡し、そして彼は伝説になった・・・。

 

今まで多くの夢と勇気を与えてくれたモハメドアリに感謝したい!!
多くの夢と感動をありがとう!!

 

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る