ヨハンクライフ 名言 最高の技術!動かせ!よ永遠に・・・、ファンの心に残る伝説の男の名言を振り返る。

長友佑都 結婚の時期は平愛梨の誕生日の12月か⁉二人の結婚時期がいつなのか?勝手に想像してみた。3

ヨハンクライフが名言「ワンタッチこそ最高の技術だ」「ボールを動かせ、ホールは疲れない」を残し、肺癌で他界しました。

ヨハンクライフの名言で、どれだけ多くの人が感動し、どれだけ多くの選手たちがサッカーに夢を見てきたでしょうか?

今回は、肺癌でこの世を去ったヨハンクライフの名言に基づき、思ったことを綴ってみました。
ヨハンクライフの名言・・・今一度、噛み締めてください・・・。


スポンサーリンク




【ヨハンクライフ 名言と残したスターはどんな人物だったのか?】

ヨハンクライフの本名はヘンドリックヨハネスクライフ。

20世紀を代表する選手として有名で、そのせいかニックネームも多かったのです。
ヨハンクライフの愛称には「フライング・ダッチマン」「エル・サルバドール」「エル・フラコ」「スーパースター」などがあり、その名に恥じぬよう実績も凄いです。

ヨハンクライフの現役時代はミッドフィールダーとして活躍し、実績はUEFAチャンピオンズカップ3連覇、オランダ代表でワールドカップ準優勝、バロンドール(欧州年間最優秀選手賞)を3度受賞した、まさに世界のスーパースターでした。

まさにサッカー界の神と呼ばれたヨハンクライフの魅力は、プレーのみならず、巧みな言葉遣い。
後に、ヨハンクライフ名言集といわれるほど、彼の言葉には重みがあり、時に感動をも呼んだのです。
それでは、ヨハンクライフの名言集を振り返って見ましょう。

 

【ヨハンクライフ 名言から感じること】

 

これはヨハンクライフの有名な名言から、私が個人的に心引かれたものをピックアップしてます。
そして、そこから感じるのは、ヨハンクライフが込めた意味とは違い、私が感じたものを書かせていただいております。
本来、言葉は一つの意味を示しますが、ヨハンクライフの名言はあまりにも奥深いため、いろいろな解釈がありえるのです。
ヨハンクライフの名言集・・・、どうぞご覧ください。

●ボールを動かせ、ボールは疲れない

⇒これは、ヨハンクライフの名言の代表的な言葉。
言葉の意味自体は、そのままの解釈でOKだと思うのですが、個人的にはボールをチームの一員として扱っている表現に感じます。
つまり、ボールを蹴っている選手が主役なのではなく、ボール自身もチームの一員だという解釈。
疲れない・・・という表現を使っていることから、私はそう感じました。

 

●月並みなやり方をするくらいなら、自分のアイディアと心中した方がマシだ。

⇒ヨハンクライフはあくまでもサッカーでのことを言っているはずですが、私はついつい自分の仕事と照らし合わせて考えてしまいました。
月並みの方法で、時には手を抜き楽をして、そこそこの成功を手に入れる・・・。
そんなサラリーマンが多い世の中で、自分で考えることを止めず、常にアイディアを出すことを忘れるな!!といわれているような気がしました。
毎日の仕事で、マンネリになりがちな生活に渇を入れられる一言のように思えてしまいます。

 

●いくら技術に優れたスーパースターでも、その上には、勝者が、チャンピオンがいるものだ

⇒これは個人的に一番好きな名言です。
ある程度の成功を収めると、小さな山で天狗になりがちな自分を注意されているような気がします。
仕事を覚えて、少しはできるようになったと思っても、必ずその上にはさらに上がある・・・と、気を引き締められるような一言です。
この一言は、いつも自分に言い聞かせています。
ということで、今回は数多いヨハンクライフの名言の中から、個人的に大好きな3つをピックアップしてみました。
天才といわれるひとは、ほとんどの場合凡人の気持ちを理解できないといわれています。

ヨハンクライフは紛れもなく天才だったと思われますが、彼の名言は凡人の気持ちもちゃんと理解して発していると思えるところが凄いですね。
えらそうに名言を言いたがる人間が、会社などに多くいますが、やはり行動が伴っていないと誰も聞かないですからね(笑)
そう考えると、ヨハンクライフの偉大さに改めて気づかされた気がします。

家族に見守られ他界した、ヨハンクライフのご冥福を心より、お祈り申し上げます。
そして、ヨハンクライフの名言よ!永遠に・・・。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る