乙武洋匡 子作りはリハビリ施設に手伝ってもらったと言われいるが、嫁の信頼はリハビリ施設では修復できないであろう!

乙武洋匡 子作りはリハビリ施設に手伝ってもらったと言われいるが、嫁の信頼はリハビリ施設では修復できないであろう!

乙武洋匡の子作りの方法は、いったいどうやって行ったのか?

リハビリ施設のボランティアの力を借りたのではないか?など、乙武洋匡の子作りの方法が2chなどで、いろいろと議論されているようです。

果たして、乙武洋匡の子作りの方法はいったいどうやっているのでしょうか?
そして、乙武洋匡の子作りの際に噂されているリハビリ施設のボランティアという存在ですが、果たして乙武洋匡と嫁の信頼関係の間にできた溝もリハビリ施設で直せるのでしょうか?

今回は5人との不倫問題が大問題となってしまった、乙武洋匡についてクローズアップしてみました。


スポンサーリンク




【乙武洋匡 子作りはリハビリ施設でボランティアに手伝ってもらったという噂は本当か?】

これに関しては2chなどで噂されていますが、個人的にはNOだと思っています。
乙武洋匡には子どもが3人いますが、仮に乙武洋匡の子作りをリハビリ施設のボランティアが手助けしたいたと仮定すると、乙武洋匡の奥様との子作りを他人が見ている・・・ということになります。
こればかりは現実的ではないでしょう。


ここからは私の個人的な感ですが、乙武洋匡の子作りは彼自身の驚異的な身体能力で解決したと思います。

方法を言葉にするのは自粛しますが、乙武洋匡の運動神経は人並み外れたもの・・・。
そう考えると、乙武洋匡がお嫁さんと子作りをすることは可能なのではないか?と勝手に思ってしまうからです。
ということで、こればかりは誰もが証明することはできないと思いますが、乙武洋匡の子作りに関してリハビリ施設のボランティアが手助けした・・・ということは違うと考えます。

 

【乙武洋匡 子作りでないとすれば、リハビリ施設のボランティアは何を手助けしたか?】

あまり考えたくはなかったのですが、おそらく乙武洋匡の性的欲求の処理だったのではないか?といわれています。
乙武洋匡の性的欲求自体は男性として普通なことですし、それをお嫁さんが力になってあげること自体、なんらおかしなことはありません。
しかし、2chなどのネットではすでに、他の噂も言われ始めています。
乙武洋匡が5人の女性と不倫関係にあったと告白したことが原因と思われますが、ネットでは彼の性的欲求の処理を女子高生に手助けしてもらったとか、リハビリ施設のボランティアに手助けさせたなど・・・と言われているのです。
つまり、乙武洋匡とリハビリ施設のボランティアの関係性は子作りではなく、性的欲求を満たす手助け隊ということになるわけです。
真実はどうなのでしょうか?
今の週刊文春の情報力はおそらく日本一でしょう。

そう考えると、無理やり性的処理を手伝わされた・・・というリハビリ施設のボランティアスタッフのインタビューなどが掲載される・・・ということも、今後あるかもしれませんね。
最近の週刊文春は第4弾くらいまで、話を引き伸ばす傾向にあるので、もしかしたら・・・と思ってしまうのです。

どちらにせよ、乙武洋匡とリハビリ施設のボランティアのキーワードは健全な感じではなさそうです。


スポンサーリンク




【乙武洋匡 子作りのみならず、夫婦生活に卒論を提出されてしまうのか?】

 

今回の乙武洋匡の5人の女性不倫報道。

以前から乙武洋匡のファンだった人もショックだと思いますが、やはりお嫁さんや子どもたちのショックが一番だったのではないでしょうか?

乙武洋匡のお嫁さんは、とても優しくおっとりとした性格と報道されていますが、人間だれしも「沸点の限界」はあるものです。
今回の乙武洋匡の不倫騒動で、いろいろな人から聞かれて、心配されて、お嫁さんの心労も限界に達していると思われます。
そして子供たちの学校での立場も考えると、母親としてはいてもたってもいられないはず・・・。

果たして、乙武洋匡のお嫁さんは乙武洋匡に対し、結婚の卒論(離婚届)を提出するのでしょうか?
それとも、不倫騒動の渦中で信頼度が激減の乙武洋匡をこれからも支え続けるのでしょうか?
世間では、乙武洋匡の子作りの方法はどうやっているのか?リハビリ施設のボランティアに手助けしてもらっているのではないか??など、子作りばかりがクローズアップされていますが、やはり一番注目すべきは乙武洋匡の家族の幸せでしょう。

果たして、乙武洋匡夫婦は離婚するのでしょうか?
今後の乙武洋匡一家の出方に注目したいと思います。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。


スポンサーリンク




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る