仮面女子 桜雪の高校や本名が予告の原因か?アイドルに恐怖の予告が続く背景に迫る!!第二の冨田真由を出さないために・・・

琴音 欠損は事故!しかし笑顔でアイドルを頑張る彼女に生きる希望を感じるという人が多数!!

仮面女子の桜雪さんに殺害予告が入っていました。

予告の理由は謎と言われている仮面女子 桜雪さんの本名や高校が原因なのでしょうか?_

殺害予告といえば、先日台湾から水瀬いのり さんに入ったばかり・・・。

冨田真由さんの傷害事件からアイドルへの被害が増えているようにも思えますが、その背景には何があるのか?今回はアイドルに襲い掛かる恐怖の殺害予告の背景に迫ります!


スポンサーリンク




◆仮面女子 桜雪への殺害予告は本名や高校の謎が原因か?

仮面女子 桜雪の高校や本名が予告の原因か?アイドルに恐怖の予告が続く背景に迫る!!第二の冨田真由を出さないために・・・2

まずは仮面女子 桜雪さんへ届いた殺害予告の内容を振り返りましょう。

ツイッターに何度も脅迫メッセージを書き込み、「コロスゾ」と書き込んだんですね。

いまさらツイッターの説明は不要だと思いますが・・・

 


・・・こんな感じのものに、メッセージを書き込んでいたということです。

ただ、今回の犯人は23歳の男!以前からマークされていたらしく、会場に現れてスタッフに怪我を負わせたということで、逮捕されたのです。

怪我を負わされたスタッフの怪我の容態は心配ですが、桜雪さんに怪我はないということで、少しホッとしました。

おそらくですが・・・脅迫内容が悪質と判断し、ツイッターアカウントから、犯人の名前や住所をあらかじめ割り出していた可能性が高いですね。

 

それにしても、犯人の目的はなんなのでしょうか?

桜雪さんと言えば、出身高校や本名が話題になっており、結論から書くと偏差値70レベルの東京学芸大学付属高校の出身で、本名は違います。

本名に関してはいろいろ噂されていますが、桜雪の桜はおばあちゃんの名前で、雪は漢字は違うものの本名!どうやら由来という名前のようです。

苗字は不明ですが、○○由来ということになるんですね。

 

ですが、これが殺害予告につながると思いますか?

私はNOだと思っています。

 

今回、殺害予告を出した犯人として23歳の男性が逮捕されていますが、桜雪さんのファンだった・・・ということから、独占欲が歪んだものなのでしょう。

うまく表現できませんが、「俺だけの桜雪だから、他人の前でそんなに出るな!水着を着るな!それでもやめないなら・・・」的な、歪んだ愛情です。

 

アイドルに危険が及ぶ・・・という事例で、最初に有名になったのはAKB48の握手会での事件でしょう。

しかしあの時は、単に有名になりたい犯人の理解外の行動でした。

 

ですが、忘れもしない冨田真由さんの傷害事件に関して、結婚したかった・・・という歪んだ愛情から犯行に及んでいます。

そして、つい先日も水瀬いのり さんにも台湾から殺害予告が届いているのです。

こちらは逮捕されていないので犯行動機は不明ですが、おそらく同じ理由ではないでしょうか?

 

・・・ということで、仮面女子の桜雪さんに対する殺害予告の理由は、個人的に独占欲が産んだ歪んだ、勘違いの愛情だと思っています。


スポンサーリンク





 

◆仮面女子 桜雪の出身高校や本名以外の魅力とは・・・

仮面女子 桜雪の高校や本名が予告の原因か?アイドルに恐怖の予告が続く背景に迫る!!第二の冨田真由を出さないために・・・3

まずはアイドル・・・ということで、歌をお聞きいただきましょう!!

百聞は一見にしかず!!です。

さて、桜雪さんの魅力に関しての続きですが・・・こんな言葉があるかは分かりませんが、秀才アイドルということでしょうか?

大昔、アイドル=バカ的なイメージが強く、最近はそれを売りにしたおバカタレントがいます。

もちろんおバカタレントは演出的なものだと思っていますが、桜雪さんは逆ですね。

 

偏差値70とも75とも言われている東京学芸大学付属高校の卒業で、1日10時間~18時間という猛烈な勉強の末、なんと東京大学文学部心理学に進学しました。

東大のアイドルですからね~。

しかしさすがはアイドル!!合格発表も撮影されているから驚きです!!

ということで、政治の世界にも興味を持っているという仮面女子の桜雪さん。

いろいろなアイドルが存在する現代の社会、アイドルとファンとの距離が徐々に近くなり、その分危険も及んでいます。

第二の冨田真由さんを出さないためにも、アイドルとしての心がけや、ファンに対する周知は徹底していく必要があるのかもしれません。

そして、アイドルの所属事務所としても、警備員を5人以上配備など、できることはあるはずです。

 

誰もが安心して応援できるアイドルの時代がくることを、望んでいます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る