伊藤元太 行方不明だった多摩川は現在、悲しみの訃報の場所に変わってしまった。早稲田大学入学と芸能界復帰、第二の人生の前に何が起こったのか?!

伊藤元太 早稲田での目撃も行方不明で夢に!早稲田での目撃を夢見た女性ファンの悲鳴が響き続ける・・・2

伊藤元太さんが多摩川で行方不明だったニュースが現在、悲しみの死去のニュースに変わってしまいました。

降水量が多かったそのころ、多摩川で遊泳し行方不明になっていた「天才てれびくんMAX」の伊藤元太さん・・・。

行方不明のニュースは現在、事故死に変わっているのです。

なぜ、伊藤元太さんは多摩川に遊びに行ったのでしょうか?

今回は、行方不明が一転、現在悲しみの訃報に変わってしまった伊藤元太さんの行動を振り返りたいと思います。

《伊藤元太 「天才てれびくんMAX」で活躍!》

伊藤元太 行方不明だった多摩川は現在、悲しみの訃報の場所に変わってしまった。早稲田大学入学と芸能界復帰、第二の人生の前に何が起こったのか?!6

NHK教育テレビの人気番組「天才てれびくんMAX」で活躍する、イケメン少年・・・彼こそが伊藤元太さんでした。

当時は同世代の女の子や、男の子・・・若いお母様世代から絶大な人気があり、大学に進学した後も芸能界のオファーがあるほど、彼の魅力は続いていたのです。


イケメンは少年のときもイケメンなんですね・・・。

しかし、彼の魅力の進化は18歳を最後に見ることができなくなってしまいました・・・。

彼を襲った多摩川での行方不明事件・・・現在は悲しい訃報が流れる事故死のニュースに変わってしまったのです。


スポンサーリンク




《伊藤元太 行方不明になった多摩川での状況》

伊藤元太 行方不明だった多摩川は現在、悲しみの訃報の場所に変わってしまった。早稲田大学入学と芸能界復帰、第二の人生の前に何が起こったのか?!9

痛ましい多摩川での水難事故・・・。

伊藤元太さんは2016年8月31日の真夏日、東京都青梅市内の多摩川に友人3人で遊びに行きます。

覚えている方もいらっしゃると思いますが、その時は月に4つの台風が集まった台風月でした。

 

それによって、大雨が降り多摩川にも降水量は40ミリという記録を残しているのです。

相当水かさが増した多摩川・・・。

穏やかな多摩川が恐怖の水へと豹変した瞬間でした。

 

帰りが遅い伊藤元太さんを迎えに行った友人!

『おい元太!そろそろ帰ろうぜ!』という感じで言ったのではないでしょうか?

しかし、多摩川はいつもの川ではありません。

 

岸に帰る途中、伊藤元太さんを迎えに行った友人と伊藤元太さん本人が溺れてしまいます。

友人は奇跡的に助かりましたが伊藤元太さんは帰らぬ人になってしまったのです。

 

事故は事故でも水難事故・・・

きっと、今多摩川では彼を偲んだ花束が置かれていることと思います。


スポンサーリンク




《伊藤元太 なぜ行方不明になるような多摩川に行ったのか?》

もちろん伊藤元太さんと話したことはないので、確実なことは言えませんが、なんなとなく想像は付きます。

猛暑が続き、海に行きたくはないけど、多摩川に行きたかった。


夏休みだし、8月29日に念願の免許も取ったし・・・早稲田の入学も決まったし!!

最高の夏にするぞ!!

こんな気持ちだったのだと思います。

 

楽しいはずの夏休み・・・。

しかし気持ちが高まりすぎ、水かさが増した多摩川の危険を感知することができなかったのでしょう。

18歳という若さ・・・

その若さこそが、一番危険だったのかもしれません。

伊藤元太 行方不明だった多摩川は現在、悲しみの訃報の場所に変わってしまった。早稲田大学入学と芸能界復帰、第二の人生の前に何が起こったのか?!11

伊藤元太さんが行方不明になるほど危険な多摩川に行った理由は、現在となっては推測が精一杯ですが、あの時行かなかったら・・・と考えてしまうのは、私だけではないでしょう。

 

《伊藤元太 現在は天国で素敵な笑顔を見せて欲しい》

伊藤元太 行方不明だった多摩川は現在、悲しみの訃報の場所に変わってしまった。早稲田大学入学と芸能界復帰、第二の人生の前に何が起こったのか?!2

イケメンに育った「天才てれびくんMAX」の伊藤元太さん。

彼のトレードマークは18歳になった現在でも笑顔でした。

はにかむような笑顔が最高の魅力で、女性ファンのみならず、男性でも親近感を抱ける魅力を彼は持っています。


多摩川で行方不明になり、数日間悲しい思いをしていた伊藤元太さん。

現在は多くの人に想われて、天国に旅立ったことでしょう。

そして、天国で素敵な笑顔を見せているのはないでしょうか?

 

伊藤元太さんの笑顔は永遠です・・・

伊藤元太さんのご冥福をお祈り申し上げます。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る