佐々木善三弁護士、森本哲也弁護士の経歴と信頼性!第三者の目となった、二人の弁護士の審議に早くの疑問の声が浮上している。

佐々木善三弁護士、森本哲也弁護士の経歴と信頼性!第三者の目となった、二人の弁護士の審議に早くの疑問の声が浮上している。7

舛添要一が都知事の続投を発表した。

以前から注目されていた、舛添要一の第三者の目。

第三者の目には佐々木善三弁護士、森本哲也弁護士が選ばれており、その選任方法や審議結果に早くも疑問の声が浮上している。

佐々木善三弁護士、森本哲也弁護士という二人の弁護士の経歴を見ると同時に、二人の信頼性について考えてみた。

果たして、今回の第三者の目は正しい結果なのであろうか???

【佐々木善三弁護士の経歴と信頼性】

佐々木善三弁護士、森本哲也弁護士の経歴と信頼性!第三者の目となった、二人の弁護士の審議に早くの疑問の声が浮上している。

芸能人ではないので、佐々木善三弁護士の画像などは掲載しないが、経歴を見る限りやり手の弁護士のようである。

佐々木善三弁護士の経歴は元検事から始まり、特捜部副部長、東京地検公安部長や京都地検検事正、最高検検事などであり、こればかりは疑いようのないほどの、凄腕と言えよう。

政治のことに興味がない人でも、最高検検事が凄そうなのはご理解いただけるはずである。

 

佐々木善三弁護士の仕事の経歴としては・・・

福島原発事故・・・第三者検証委員会、小渕優子元経済産業相・・・検証第三者委員会の委員長
、プロ野球「統一球問題」・・・第三者委員会と、つねに第三者委員の目として活躍してきている。

 

ここでつながったのだが、おそらく舛添要一が話していた第三者の目というのは、第三者委員会のスタッフの目・・・だったように思える。

 

ということで、経歴で見る限り、佐々木善三弁護士の信頼性は高いように思える。


スポンサーリンク





 

【森本哲也弁護士がもう一人の第三者の目】

佐々木善三弁護士、森本哲也弁護士の経歴と信頼性!第三者の目となった、二人の弁護士の審議に早くの疑問の声が浮上している。2

そして、もう一人が同じ晴海綜合法律事務所に所属する、森本哲也弁護士である。

1996年に司法試験に合格してからというもの、一般人には理解できない偏差値の東京大学法学部を卒業し、2003年にはシカゴで法学博士号を取得している、まさに秀才中の秀才。

森本哲也弁護士は、埼玉地検特別刑事部時代から財政経済関係を担当した経歴もあり、政治資金などの不正関係には、非常に強い人なのである。

 

そう考えると、佐々木善三弁護士同様、森本哲也弁護士の信頼性も高いと判断していいであろう。


スポンサーリンク





 

【佐々木善三弁護士、森本哲也弁護士の選定方法と審議結果】

佐々木善三弁護士、森本哲也弁護士の経歴と信頼性!第三者の目となった、二人の弁護士の審議に早くの疑問の声が浮上している。3

今回、第三者の目に関して、信じられない・・・という声がある理由の一つに、佐々木善三弁護士、森本哲也弁護士の選定方法が挙げられる

二人が第三者の目に選ばれたのは、舛添要一の友人や知人を通じての紹介ということである。

舛添要一と二人の弁護士に面識はない・・・と言われているが、そもそも友人、知人が絡んでいる状態で、果たして本当に第三者の目と言えるのだろうか?

 

それに、今回の佐々木善三弁護士、森本哲也弁護士の両弁護士による審議結果は以下の通りである。

 

◆政党交付金や事務所賃料・・・違法性もなく、不適切でもない。
◆自動車の購入・・・購入の事実はなく、報道ミス。
◆書籍の購入・・・政治資金の使途には法律での制限はなく、違法ではない。
◆絵画購入・・・金額が多すぎるといいつつも、違法性はない。
◆・・・日用品、書、額縁の購入・・・一部は不適切だが、違法性はない。
◆宿泊費、寿司などの飲食費・・・金額的に多く是正の必要があるも、違法ではない。

 

という、内容で舛添要一の行為は金額が多く是正は必要であるも、違法ではない・・・の繰り返しなのである。

こんな答えで都民や国民は納得したのであろか?

 

私個人的には、まったく納得できていない。

湯河原町の別荘を売却すると発表しているが、問題はそこではないのではないか??と思ってします。

 

問題発言を覚悟で言えば、今回の佐々木善三弁護士、森本哲也弁護士の裏審議では金が動いている可能性も0ではないし、晴海綜合法律事務所の売名行為が目的かもしれない。

 

いずれにせよ、今回続投を発表した舛添要一都知事だが、都民は決して納得いっていないということだけは書かせていただこう。

 

続投を発表した舛添要一・・・、今現在の支持率を見てみたいものである。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る