南果歩の乳がん!病院での治療に前向きな女の強さ!ただ、子供に遺伝していないことを、望んでいる!

小林麻央 余命末期で12月の噂を医者が医療の力でストップ!抗がん剤再開と酵素風呂でどれだけ余命は伸びるのか!?5

南果歩さんが衝撃の乳がんステージⅠを告白してから半年が経過しました。

小林麻央さんをはじめ、多くの有名人に襲い掛かる乳がんに対する意識を最初に広げたのは、北斗晶さんではないでしょうか?

南果歩さんは病院での手術や放射線治療を乗り越え、復帰に向けて頑張っています!

今回は女優の南果歩さんの乳がんにクローズアップしてみました。

ステージⅠの乳がんの生存率や治療方法など、乳がんに関する基礎的知識もまとめてありますので、是非最後までお付き合いください。

 

《南果歩 乳がんと闘う病院生活!きっかけは渡辺謙の胃がんだった》

 

南果歩の乳がん!病院での治療に前向きな女の強さ!ただ、子供に遺伝していないことを、望んでいる!2

これを最初に聞いたとき、南果歩さんの直感が素晴らしい!!と思いました。

なぜなら、南果歩さんがあの時の直感を働かせなかったら、乳がんがステージⅡやステージⅢに悪化しており、治療が難航している可能性が非常に高かったからです。

 

ちなみに、南果歩さんが乳がんを発見できたのは、実は旦那である渡辺謙さんの胃がんの治療に立ち会ったときでした。

渡辺謙さんが胃がんの手術を行い、看病している間、南果歩さんは時間を持て余し、たまたま直感で閃いて人間ドックを受けたのです。

 

そして、ステージⅠの乳がんを発見できたんですね。

何度も言いますが、この直感がなければ、ステージⅡに進んでおり、もっと大変なことになっていた可能性が非常に高いのです。

 

南果歩さんの体を守ったのは、まさに渡辺謙さんが作った偶然と、南果歩さんの閃きだったんですね。

しかし、ステージⅠと言っても乳がんは乳がんです。

 

これから南果歩さんは病院での辛い治療が待っていたのです。

 

 


スポンサーリンク




 

《南果歩 乳がんで病院では手術と週に5日の放射線治療を行った!》

 

南果歩の乳がん!病院での治療に前向きな女の強さ!ただ、子供に遺伝していないことを、望んでいる!5

 

乳がんと聞くと、副作用が辛い抗がん剤・・・というイメージが一番強いのではないでしょうか?

それはもちろん当たっていて、言葉では言い表せないほど辛い・・・と聞きます。

 

女優という大変な仕事と、いろいろな試練を乗り越えてきた南果歩さんでも、さすがに乳がんの病院での治療は辛かったのでしょう。

こんなツイートで、彼女は素直な気持ちをツイートしていたのです。

 


なお、小林麻央さんとは違い、南果歩さんは治療の詳細は明記していません。

 

手術を行ったこと自体は報道されていますが、ステージⅠであること、そして女優であることを考えると全摘出手術ではなく、温存(乳房再建)手術だと思われます。

ステージⅠの患者さんが全員温存というわけではありませんが、現在は医学が進歩して、昔であれば全摘出手術が当然だったという乳がんの治療にも変化が起きているのです。

 

しかし、温存手術と言っても手術は手術です。

痛みは伴いますし、男性には理解できない、女性のシンボルにメスを入れるという精神的苦痛も伴います。

 

とても辛い思いをされたはずです。

しかし、彼女に待ち構えていたのは手術後の辛い治療でした。

 

私の身内が同じく乳がんで手術をした後、手術より辛かったのが抗がん剤投与だったと言っています。

南果歩さんもハーセプチンという抗がん剤の副作用と闘ったのです。

ハーセプチンに関する詳細は省きますが、南果歩さんご本人のツイートをご覧いただければ、その辛さもご理解いただけるのではないでしょうか?

 

本当に辛かったと思います。

他にも、南果歩さんは週に5回の放射線治療も行っていました。

 

女優復帰を目指す南果歩さん・・・。

その背景には彼女の女性としての素晴らしい閃きと、尋常ではない努力と闘いがあったのです。

 


スポンサーリンク




 

《南果歩 乳がんが子供に遺伝していないことを望むだけ》

 

南果歩の乳がん!病院での治療に前向きな女の強さ!ただ、子供に遺伝していないことを、望んでいる!7

 

南果歩さんが乳がんで、渡辺謙さんが胃がんであると聞くと、子供にがん細胞が子供に遺伝するのでは??と思ってしまいますが、二人の間には子供はいません。

実際にがん細胞の遺伝の確立は非常に高く、がんになる人はかなりの確立で遺伝が関与しているのです。

 

南果歩さんは以前の旦那さんとの間にお子さんがいらっしゃいますが、男性なので乳がんが遺伝していないとは思うのですが・・・。

ただ、乳がんの患者さんのうち、1%は男性なので気は抜けないが注意点!!

 

南果歩さんの息子さんも、がん検診をしていればいいのですが・・・。

若い方のがんは進行が早いですからね。

 

2016年現在、乳がんと言えば、北斗晶さんと小林麻央さんが注目されています。

小林麻央さんは、母親が乳がんであることをカミングアウトし、遺伝性乳がんではないか??とネットで噂になりました。

結論は不明ですが、遺伝性乳がんである可能性は0%ではないでしょう・・・。

 

南果歩さんは辛い思いをしてでも、前向きに治療を行い完治に向かって頑張っています。

今はだた、南果歩さんの子供さんにがんて遺伝していないことを望むだけです。

 

南果歩さんの完全復帰!!最高の演技を期待したいと思います。

 


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る