南海トラフ地震 11月23日の前兆が福島地震なのか!?11月22日「いい夫婦」に起きた震度5弱が南海トラフ地震の前兆にならなければいいが・・・。今もなお消えない、南海トラフ地震11月23日の噂!

南海トラフ地震 11月23日は未来人のデマではなく松原照子が関係との噂が浮上!?デマだと信じていた矢先に起こった福島事件との関連性はあるのか?!3

南海トラフ地震・・・初めて聞いたという人は少ないのではないでしょうか?
その南海トラフ地震が11月23日起こると噂されており、デマだと誰もが信じていた矢先、前兆とも言える地震が、予言の前日の11月22日に震度5弱の福島地震として起こりました。

この福島地震は南海トラフ地震の前兆なのでしょう?
今回は南海トラフ地震が11月23日に起こると言われている理由と、前兆とも言える11月22日の地震の関連性についてクローズアップしてみました。

◆南海トラフ地震 11月23日というキーワード!

南海トラフ地震 11月23日の前兆が福島地震なのか!?11月22日「いい夫婦」に起きた震度5弱が南海トラフ地震の前兆にならなければいいが・・・。今もなお消えない、南海トラフ地震11月23日の噂!4

南海トラフ地震と検索すると、地震の規模より先に11月23日というキーワードが浮上します。
これが本当であれば、前日の11月22日にこのブログを書いている場合ではないのですが・・・違うと信じています。

さて、政府が規模を発表している南海トラフ地震だけに、神話やオカルトという気はなく、南海トラフ地震は実在します。
ちなみに、想像を絶する南海トラフ地震で予想される被害は死者33万人。

一生忘れることができない、あの東日本大震災で亡くなった方が15,894人であることを考えると、被害予想死者33万人が想像すらできない被害ということはご理解いただけると思います。

その死者33万人に関しても、聞いたことがない預言者の意見ならまだマシですが、それは日本政府が発表しているだけに、もはや笑えません。

 

そんな南海トラフ地震が30年以内に起こる可能性は70%とも言われており、気にしない・・・ができない状況になっています。
そんな中、南海トラフ地震が明日11月23日起こる!!とネットで話題になっているのです。
それは、コンサルタント松原照子さんのコメントに関係するのでした・・・

 


スポンサーリンク




◆南海トラフ地震 11月23日は松原照子が予言したのか?!

南海トラフ地震 11月23日の前兆が福島地震なのか!?11月22日「いい夫婦」に起きた震度5弱が南海トラフ地震の前兆にならなければいいが・・・。今もなお消えない、南海トラフ地震11月23日の噂!2

南海トラフ地震と検索すると、なぜか真っ先に11月23日という日付が検索キーワードとして浮上します。
具体的な時間こそは書かれていませんが、11月23日の勤労感謝の日が、なぜか南海トラフ地震と決定されているような書かれ方をしているのです。

その噂はなぜ起きてしまったのでしょうか?
その噂の背景にはコンサルタントの松原照子さんという存在がありました。


松原照子さんは過去に多くの地震を言い当てたと言われており、自信のブログは1日に1000万アクセスと言われるほど、注目を集めてみます。
南海トラフ地震が起こると噂されている11月23日の前日の今日、11月22日はアクセスが10倍に達している可能性もあるでしょう。

では、その松原照子さんは本当に11月23日に南海トラフ地震が起こる!!と予言したのでしょうか?

松原照子さんが南海トラフ地震の起こる背景に挙げた条件を今一度確認してみます!

•祝日の水曜日(魔の水曜日と呼んでいる)
•伊豆諸島が紅葉をしない日

の二つです。
11月23日が赤い祝日で、確かに水曜日・・・そして紅葉の時期ということで、11月23日こそが南海トラフ地震ではないか??と噂が広がったんですね。
つまり、松原照子さんが11月23日という日付を指定したわけではないのです。
それに、伊豆諸島は見事に紅葉がきれいですし・・・。

なので、信じたくない!!という気持ちが先行しているのは事実ですが、南海トラフ地震が11月23日に起こるという噂はデマだと信じています。

 


スポンサーリンク




◆南海トラフ地震 11月23日の前兆か?!福島地震&津波発生!

南海トラフ地震 11月23日の前兆が福島地震なのか!?11月22日「いい夫婦」に起きた震度5弱が南海トラフ地震の前兆にならなければいいが・・・。今もなお消えない、南海トラフ地震11月23日の噂!5

 

信じない・・・自分でそう思っていた矢先、地震速報で目を覚ましました。
福島に震度5弱の強い揺れが生じ、3メートルの津波警報も発令されたのです。

東日本大震災以降、地震の直後に津波が注目されてきましたが、いつも「津波の心配はありません」という文字を見て安心していました。
ですが、11月22日、いい夫婦の日に起きた福島地震は、津波警報を発令させてしまったのです。
起きてしまった今、被害がないことを望むばかりですが、同時に私はあることに気づいてしまいました。

 

先述した松原照子さんが数日前にブログでこのように書いているのです。
数日前のことですから、予言ということになるのは間違いないのです!

『やはり太平洋側は動く気配がムンムンしています。 『陸前高田』と云う地名が声にならない会話を 自分にしています。

東和と書かれている場所辺りが気になった。 今度揺れると広範囲に思える。

岩手・秋田・山形・宮城・福島・茨城 これだけ書けば当たるだろうと思える県名だが 書かずにはおれない思いになります。 目の前に5の数字が先程から見えて仕方がない。』

・・・いかがですか?

以前にブログを読んだ時は流し読みでしたが、今日は読み返してしまいました。
赤字で線を引いたところ・・・今日11月22日に起きている福島地震と津波、そして震度5弱のキーワードに見えて仕方ないのですが・・・私の気のせいでしょうか?

 

皮肉にもネットで南海トラフ地震が起きると噂されている11月23日の前日に起こった福島地震。
この地震が南海トラフ地震の前兆ではないことを望むばかりです。

 

そして福島地震から数時間後、津波警報は津波注意報に変わり、すべて解除・・・いつもの福島に戻りました。
しかし、数年ぶりに見た地震による津波警報は、つらい思い出がフラッシュバックさせ、同時に甘くなっていた防災に関する意識を再認識させたような気がします。

私は信じていませんが、やはり11月23日の南海トラフ地震の噂は気にはなりますからね・・・。
起きないでほしいと・・・本気で願っています。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る