口内フローラの意味とは?!口内フローラの乱れと命の危険の関係!最高の予防策を徹底解析!!

梅沢富美男 浮気相手 女優kは木の実ナナなのか⁉「爆報!THEフライデー」で明かされる30年越しの禁断の恋の相手にクローズアップ!!

口内フローラが話題になっており、腸内フローラと比較されることが多くなりました。

そもそも口内フローラの意味とは、何を表しているのでしょうか?

今回は口臭の原因と言われている口内フローラについてクローズアップしてみました。

なんとバランスが乱れると、命の危険も及ぼすという口内フローラ!!意味と予防策を最後までご覧いただけますと幸いです!!

☆口内フローラの意味!の前に腸内フローラとは!?

口内フローラの意味とは?!口内フローラの乱れと命の危険の関係!最高の予防策を徹底解析!!2

『口内フローラ??腸内フローラなら何かで聞いたけど・・・』という人も多いのではないでしょうか?

二つ違うものですが、大まかな意味では似ています。

・・・ということで、口内フローラの説明の前に、腸内フローラを説明させていただきますね。

 

最近よく耳にする「腸内フローラ」とは、すごく簡単に言うと、おなかにいる100種類以上の細菌の集まりで、もう少し正確に言うと!腸内細菌叢と呼ばれる多種多様な腸内細菌の集合体を意味します。

腸内にある最近は100種類以上で、数は100兆個・・・と数えられないくらい多く生息しています(ゾッとしますが)

 

ここからは聞いたことがあると思いますが、腸内にはビフィズス菌や乳酸桿菌と言われる善玉菌と有害物質をつくる悪玉菌、そして善玉にも悪玉にも変化する日和見菌の3種類があります。

腸内フローラの最高のバランスは善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割と言われており、それが崩れると人は体調を壊す!!と言われているのです。

簡単に言うと、悪玉菌が増えると、胃腸の調子が悪くなる・・・という感じでしょうか??

 

いかがですか??腸内フローラをご理解いただけましたか?

それでは、次に今回の主役!!口内フローラに話を移しましょう!!

 

☆口内フローラの意味とは?!

口内フローラの意味とは?!口内フローラの乱れと命の危険の関係!最高の予防策を徹底解析!!3

口内フローラの意味も腸内フローラと同じで、場所が腸から口に変わったと思ってください。

ただ、腸と口では大きく違うことがあります!!

それは、腸内フローラと違い、口内フローラは容易に血液に入り込んでしまうのです!!

 

口内フローラとは、腸内フローラ同様、口の中の細菌の集合体を意味しますが、300~400種類あり、そのかず100億!!

菌の種類も腸内フローラ同様、口内フローラにも善玉菌と悪玉菌が存在しています。

 

ただ、口内フローラの場合は、悪玉菌はプラーク(歯垢)の中に生きている・・・ということ、腸内フローラと違うのです。

口の中に細菌が100億・・・ちょっと、ゾっとしました!

 


スポンサーリンク




☆口内フローラのバランスで命を落とすことに?!

口内フローラの意味とは?!口内フローラの乱れと命の危険の関係!最高の予防策を徹底解析!!7

え??と思われたかもしれませんが、口内フローラは本当に命を落とす危険性も持っています。

もう少し分かりやすく説明しましょう!!

 

先述したように、口内フローラの場合、細菌が血液に入り込むことがあります。

このことを『歯原性菌血症』と呼ぶわけですが、実はこれこそが命を危険にするものなのです。

 

虫歯や歯周病などによって口腔内にできた傷口から侵入した細菌が血管に入り込み、いつの間にか全身を覆います!

そうすると、いつの間にか血管に炎症が起き、そのことが原因で動脈硬化を引き起こしてしまうのです!!

血栓を作る場所が心臓の血管であれば心筋梗塞!!仮に、血栓を作る場所が脳だった場合・・・脳卒中が起こるわけです。

 

たかが口内フローラ・・・と思われていますが、口内の細菌は命をも左右する力が持っている・・・ということになるのです。

それにしても、なぜ口内フローラはバランスを崩すのでしょうか??

 

☆口内フローラのバランスが崩れる原因を追究!!

口内フローラの意味とは?!口内フローラの乱れと命の危険の関係!最高の予防策を徹底解析!!8

口内フローラのバランスが崩れることは、イコール悪玉菌が増える・・・ということになります。

ちなみに、口内フローラのバランスが崩れる原因はいくつか言われていますが、まずは唾液の減少です!!

 

『え??唾液??』と思われたかもしれませんが、唾液は人間には非常に大切な万能薬!!

唾液は善玉菌の味方で、悪玉菌は唾液には弱いのです・・・。

 

なので、口呼吸をして、つねに口の中が乾燥している人は要注意!!

口が乾燥して、唾液量が少なくなると口内フローラのバランスが崩れてしまい、先述したような危険も伴います。

 

そして、心身のストレスや病気などによる、免疫力の低下も口内フローラのバランスを崩してしまう原因になります。

現代の日本社会でストレスをなくしましょう!!と言っても難しいのは分かりますが、なるべくストレスをなくす生活をする必要がある・・・ということですね。

 


スポンサーリンク




☆口内フローラのバランスを保つためには?!

口内フローラの意味とは?!口内フローラの乱れと命の危険の関係!最高の予防策を徹底解析!!910

 

ということで、今回は口内フローラの意味、そしてバランスが崩れると命を落とす危険性もあることを説明させていただきました。

最後に、命を落とす危険すらある口内フローラのバランス問題!!

 

では、どうすれば口内フローラのバランスは保てるのか??ということになると思います。

ここでは、分かりやすく箇条書きにさせていただきました。

 

①唾液の量を増やす!!

②乳酸菌で口内フローラを整える!!

③しっかりと歯磨き!!

 口内フローラの意味とは?!口内フローラの乱れと命の危険の関係!最高の予防策を徹底解析!!9

・・・が挙げられると思います。

 

に関してですが、口内フローラのバランスが崩れる原因でも説明しましたが、口内フローラの予防には唾液の量を増やすのが一番手っ取り早いです。

唾液はまさに万能薬と言われており、唾液には再石灰化作用や洗浄作用があります。

口呼吸が多く、唾液が少ない状態が続く人は、細菌が増殖して虫歯や歯周病が起こりやすくなってしまうのです!!

普段意識したことがない人も、是非鼻呼吸をしてみてはいかがですか??

呼吸方法が虫歯予防になる!!なんていうことは初耳だと思いますが、お金もかからないし、是非チャレンジの価値ありですよ!!

 

さて、次に乳酸菌ですが・・・まず最初に!!乳酸菌は口内フローラのバランスには効果的ですが、これだけではダメです!!

つまり、乳酸菌を取っていれば、口内フローラはバッチリ!!ということはないので、ご注意ください。

ちなみに、乳酸菌を補充すると「口内プロバイオティックスが期待できます!!

??と思われたかもしれませんが、「口内プロバイオティックスとは悪玉菌が増えた口内で、乳酸菌がよい状態にバランスを整えてくれる作用のことを言います!!

乳酸菌恐るべし!!ですね!

 

③これはすごく重要です!!

ここでは歯磨きを図解することはしませんが、ポイントとしては歯の表と裏・・・そして、歯の隙間も歯間ブラシやデンタルフロスを使用して、きっちり行うことが大切になります。

歯磨きがおろそかになると、口内に悪玉菌が増加し・・・口内フローラが・・・もうお分かりですよね!!

 

なお、舌にも細菌は隠れています!!

舌ブラシもあるので、優しく磨きましょう!!ただし、優しくです!

舌に傷がついてしまうと、悪玉菌が増殖してしまい、逆効果になってしまうからです。

 

・・・ということで、口内フローラの意味とバランスを保つための予防について、まとめてみました。

お金をかけることなく、口内フローラを整えて、病気の予防に活かしましょう!

 

なお、口臭が異性に好かれることは、普通はありません!!

なので、病気予防のためにも、そしてエチケットのためにも口内フローラを整えることを強くオススメします。

 

今回は長文にもかかわらず、最後までお付き合いいただきましたことを、心から感謝します。

ありがとうございました!!

 


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る