台風11号2016 最新進路を気象庁や米軍の最新情報を織り交ぜながら予想!東海地方に襲い掛かる新たな台風の情報を随時アップ予定!

台風10号 2016 最新進路は東海から北海道まで広い地域で30日に上陸の可能性消えず!要警戒!!4

台風11号2016が発生しようとしている。

つい先日まで台風7号が関東に猛威を古い、今現在は台風9号が関東上陸するか否かの状態。

連日のように報じられる台風の最新進路や米軍などの予想だが、新たに気象庁が東海地方に影響を及ぼすであろう台風11号2016の存在を発表した。

台風11号2016の最新進路や米軍の発表など!!新しい情報を気象庁の情報と織り交ぜながら、今後もお送りしたいと思う。

 


スポンサーリンク




【台風11号2016 最新の進路、気象庁が発表した最新情報は?】

 

台風と言えば、一番気になるのが最新の進路予想。

早い話が、自分の住んでいるエリアに来るか来ないか?ということだと思う。

 

なお、8月20日の朝8時現在では、気象庁による発表はまだ少なく、最新の進路を分かりやすく予想図で表すのは難しい・・・。

自分なりに調べたところ、気象庁は台風11号と明記してはおらず、おそらく熱帯低気圧Dこそが、台風11号の予想図ではないか??と思っている。

それでは、気象庁が発表した最新の情報にある、熱帯低気圧Dの最新の進路をご覧いただこう!!

 

台風11号2016 最新進路や気象庁の予想など!東海地方に襲い掛かる新たな台風の情報を随時アップ予定!

 

8時現在で分かっていることは、東海上にある熱帯低気圧が20日の午後には台風11号に変化・・・。

そして8月21日にはたまごから、完全に台風に変化して東北地方に接近する・・・という内容くらいである。

 

なお、台風11号が日本列島に上陸した後の被害に関しては、北海道付近では前線も停滞する見込みであり、気象庁は北海道と東北に対して、21日にかけての大雨に警戒!!強風や高波に警戒するよう呼び掛けている。

 

《追記1》

日本列島から離れてほしい台風11号・・・。

気象庁からの追加発表は期待するものとは違った・・・。

 

台風11号2016 最新進路を気象庁や米軍の最新情報を織り交ぜながら予想!東海地方に襲い掛かる新たな台風の情報を随時アップ予定!5

台風11号2016は、8月20日の夜、東北地方の東海上を北西に進んでいる。

このままだと、21日朝に青森、岩手両県の太平洋沿岸に最接近し、21日の午後には北海道に上陸する可能性が高い。

 

北海道と言えば、先日の台風7号2016の大雨で被害が出たばかりである。

 

連日のように報じられる台風情報・・・。

こんなに連日のように異常気象が続けば、地盤にも影響が出てくるはず!

 

誰も住んでいない島ならいいが、東北も北海道も多くの人口がいる・・・。

ライフラインに影響がでるのか?交通機関は?

 

気になる台風11号2016の最新の進路情報に関して、今後も気象庁や米軍の最新情報を織り交ぜながら、追記を続けていくつもりである。

 


スポンサーリンク




 


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る