君の名は ネタバレ時系列の完全版!立花瀧と宮水三葉の二人ので視点で整理したネタバレ完全版!映画を観る前でもアリなネタバレ・・・これこそが名作の証である!

君の名は ネタバレ時系列の完全版!立花瀧と宮水三葉の二人ので視点で整理したネタバレ完全版!映画を観る前でもアリなネタバレ・・・これこそが名作の証である!

「君の名は。」のネタバレを今回は時系列でまとめてみた。
わずか10日で38億円もの興行収入をたたき出す名作のネタバレ!!

本来ネタバレは映画を観る前に読んだらアウトだが、「君の名は。」に関しては、ネタバレが気になってみてしまった人でも映画は楽しめると思っている。
ただし、「君の名は。」は時間の流れの把握が極端に難しい!!

よって、今回の「君の名は。」のネタバレ!!時系列にこだわってみた。
主役の2人立花瀧と宮水三葉・・・どちらの立場に立ってみるか??を先に選んでほしい!

それでは、「君の名は。」!!立花瀧と宮水三葉という2人の主人公の立場から見た、時系列のネタバレをご覧いただこう!!

 

【「君の名は。」ネタバレの時系列(最初の入れ替わり)

《立花瀧(2016年に生きるイケメン高校生)の視点》

ある日、寝ぼけて立花瀧は目を覚ます・・・。

君の名は ネタバレ時系列の完全版!立花瀧と宮水三葉の二人ので視点で整理したネタバレ完全版!映画を観る前でもアリなネタバレ・・・これこそが名作の証である!1
知らない少女が自分の名前を読んでくる・・・なんとも不思議な夢だった。
モヤモヤした気持ちのまま、彼は目覚め、何気ない朝が始まっていた・・・。

 

しかし、いつもと部屋が違う・・・。
おまけに男子としてあるモノがなく、ないはずの胸がふくらんでいた。
なんと、あろうことか!?立花瀧は女の体になっていたのである。

 

《宮水三葉(2013年に生きるかわいい巫女の高校生)の視点》

同じ日、いつもとは違う音で宮水三葉は目を覚ます!!

君の名は ネタバレ時系列の完全版!立花瀧と宮水三葉の二人ので視点で整理したネタバレ完全版!映画を観る前でもアリなネタバレ・・・これこそが名作の証である!2

聞いたことがない、目覚ましのアラーム・・・。
普段のベッドと違うことから、アラームを止めようと手を伸ばした瞬間、ベッドから落ちてしまった。

洗面所に立つ宮水三葉・・・。
しかし、目の前に写っていたのは、憧れの都会の風景とイケメン高校生の寝ぼけた顔だった。

 

体が入れ替わった立花瀧と宮水三葉・・・。
そして、また寝て起きると元に戻っている。
そう!!彼らは夢を見るたびに入れ替わるのである。
何十年も映画でみたシチュエーション・・・。

 

『なんだよ、いまさら男と女の入れ替わりかよ』とがっかりさせた感じで、映画は始まっていくのである。

 

 


スポンサーリンク




 

【「君の名は。」ネタバレの時系列(2人を結ぶメッセージ)

 

立花瀧は女になり田舎という世界を満喫・・・。
一方、宮水三葉は憧れの都会生活を、生まれ変わりたいと願っていたイケメン高校生となって過ごしていた。
どうせ、夢だし・・・最初2人はそう思っていたのである。

 

何度か入れ替わり、夢だと思っていた二人に異変が起きる。
そう、何度か入れ替わっているうちに、単なる夢ではなく体が実際に入れ替わっていることを実感し始めるのである。

 

《立花瀧(2016年に生きるイケメン高校生)の視点》

 

そんなとき立花瀧が国語の教科書に書きなぐった!!

君の名は ネタバレ時系列の完全版!立花瀧と宮水三葉の二人ので視点で整理したネタバレ完全版!映画を観る前でもアリなネタバレ・・・これこそが名作の証である!4

 

《宮水三葉(2013年に生きるかわいい巫女の高校生)の視点》

宮水三葉は立花瀧の体となって、所有しているスマホの日記を更新し始め、自己紹介を始めていく。

君の名は ネタバレ時系列の完全版!立花瀧と宮水三葉の二人ので視点で整理したネタバレ完全版!映画を観る前でもアリなネタバレ・・・これこそが名作の証である!7

 

・・・ここで、一度考えていただきたい!!
2人の時間差を・・・。

 

立花瀧は2016年に生きるイケメン高校生!
一方宮水三葉は2013年に生きるかわいい女子高生!

 

2人の体が入れ替わっている今、時間も入れ替わっているのがお分かりだろうか?
これをご理解いただければ、これから書く時系列のネタバレが分かりやすいと思う!!

 

ここからは、2人の紹介方法を少し変えてみる!
これによって、さらにご理解いただきやすくなるであろう!!

 

 

 


スポンサーリンク




 

【「君の名は。」ネタバレの時系列(会えない二人)

 

《宮水三葉(2013年の女子高生が2016年のイケメンに入れ替わっている)の視点》

 

立花瀧の体となって、生活している宮水三葉・・・。
何度か入れ替わっているうちに、立花瀧がバイト先の先輩の奥寺ミキに憧れていたことを察知し始める。

君の名は ネタバレ時系列の完全版!立花瀧と宮水三葉の二人ので視点で整理したネタバレ完全版!映画を観る前でもアリなネタバレ・・・これこそが名作の証である!78

本物の立花瀧は不器用だが、宮水三葉は彼のことを思い、彼の体と今まで培ってきた女子力を発揮!
なんと奥寺ミキと立花瀧(実際の中身は宮水三葉)のデートにこぎつけてしまうのである。
宮水三葉は、2人の体が元に戻ったときに、本物の立花瀧が奥寺ミキとデートできるように、幸せな時間をプレゼントしたのであった。

 

 

《立花瀧(夢から覚めた、本物の2016年の高校生)の視点》

 

宮水三葉の計らいで、憧れの先輩奥寺ミキとのデートをしている立花瀧・・・。

君の名は ネタバレ時系列の完全版!立花瀧と宮水三葉の二人ので視点で整理したネタバレ完全版!映画を観る前でもアリなネタバレ・・・これこそが名作の証である!78
しかし何度も入れ替わることによって、宮水三葉という知らない女子高生の世界を経験した彼は、デート中も宮水三葉のことを思い出してしまう。

せっかくたどり着いた、憧れの女性とのデート・・・。
しかし、ずっと上の空だった立花瀧は見事に奥寺ミキから呆れられて、ミジメな形でデートは終了してしまうのである。

 

ここから、2人は入れ替わりが行えなくなる・・・。

そして、ここから「君の名は。」のストーリーは面白おかしいストーリーから、シリアスな感動ストーリーに変貌する。
思い出してほしい、二人が生きる3年の時間の違いを!!

 

 

 

【「君の名は。」ネタバレの時系列(衝撃の事実)

《宮水三葉(夢から覚めた、本物の2013年の女子高生)の視点》

自分の女子力で立花瀧と奥寺ミキのデートをセッティングした宮水三葉・・・。
自分の体に戻ったところで、2人を応援すべき、デート現場に行こうとする。

田舎から東京に出向き、なぜか乗りなれている都会の電車・・・。
そして、自分がセッティングしたデート場所に行こうとするも・・・。

宮水三葉は会えなかった・・・。
彼女が会ったの、彼女がいつも鏡で見ている立花瀧よりも、少し幼い中学生の立花瀧だった・・・。

 

偶然電車に乗っている瀧を発見、声を掛けるも瀧に「おまえ…だれ?」と言われてしまう。
まさかの返答に、驚いた宮水三葉は「すいません…」と思わず謝って下車する。

しかし、なぜか気になったのか??中学生らしき立花瀧は電車を降りて、宮水三葉に名前を聞く・・・。。
その時、宮水三葉は髪を縛っていた髪紐を瀧に託し、宮水三葉の切ない一日は終了した。

 

そう・・・お気づきになったであろう。
2人の時間差は3年!

本物の体に戻った宮水三葉は2013年に生きる女子高生!!
2013年に生きる、本当の宮水三葉が見るのは、まだ彼女の存在すら知らない3年前の中学生 立花瀧なのである。
ここのシーンで、私は少し切なさを感じてしまった・・・。

 

 

《立花瀧(夢から覚めた、本物の2016年のイケメン高校生)の視点》

 

そして、立花瀧も自分の体に戻っていた。
彼が生きるのは、当然2016年。

彼はそんな時差があるとは知らずに、スケッチを描いた絵を頼りに、宮水三葉に会いに行こうと糸守町に会いに行く。
しかし、いくら探してもそんな町が見当たらない。

そんな時、ラーメン屋の店主から衝撃の事実を耳にする。
それは3年前の2013年。
宮水三葉が住んでいた糸守町は彗星によって崩壊したという事実だった。

君の名は ネタバレ時系列の完全版!立花瀧と宮水三葉の二人ので視点で整理したネタバレ完全版!映画を観る前でもアリなネタバレ・・・これこそが名作の証である!789

その後彼は現実の2016年の図書館であることを実際に目にする。
彗星の落下で死亡した人とリストの中から、宮水三葉の名前を発見したのである。
いつのまにか、大切な人と認識していた宮水三葉の死・・・。
立花瀧は呆然となり、ただ時間が流れていった。

 

 

【「君の名は。」ネタバレの時系列(感動の出会い・・・)

 

《立花瀧(夢から覚めた、本物の2016年のイケメン高校生)の視点》

 

宮水三葉の死を認識した2016年の立花瀧・・・。
彼はせっかく来たのだから・・・と、宮水三葉と入れ替わっていたときのことを思い出し、山奥の祠でご神体を備えたことを思い出す。
やっとの思いでたどり着き、そこで三つ葉が備えた口噛み酒を飲み立花瀧・・・

彼は高校生・・・。
生まれてはじめての酒にふらつき、足を滑らし転倒した・・・。
そして目が覚めたとき・・・

立花瀧の体には胸のふくらみが戻っていた。
彗星を見上げる宮水三葉・・・。

そう!!彼はまた宮水三葉と入れ替わることに成功したのである!

 

《宮水三葉(2013年で生きる女子高生!しかし中身は2016年の立花)の視点》

 

宮水三葉の体に変身した立花瀧・・・。
すぐに父親に、これからくる彗星衝突にそなえ、非難計画を伝えるも全く相手にされない。

そこで、彼は(体は宮水三葉)友達を巻き込んで、とんでもない計画を立てる!!
それは変電所を破壊して、彗星の被害に遭う前に、町民を被害地域から離れた校庭に避難させる・・・という大胆不敵な計画だった!

 

 

《立花瀧(2016年に生きるイケメン!中身は宮水三葉)の視点》

 

一方、宮水三葉は2016年に糸守町にいる立花瀧と入れ替わる・・・。

伝わるだろうか?
立花瀧は2013年に糸守町にいる宮水三葉になり、宮水三葉は2016年に糸守町にいる立花瀧に入れ替わるのである。
つまり、二人とも糸守町に存在し、3年の時間の流れが二人を分けている・・・。

 

立花瀧の体になった宮水三葉は、2016年の糸守町の景色を見て呆然とする・・・。
あるはずの町がすっぽり、無くなっていたのである。

そんな時、聞き覚えのある声が聞こえてきた。
祠へ辿り着いた宮水三葉(中身は立花瀧)
3年の時間に阻まれ、お互いの声は聴こえるけども、姿は見えない。

そんな時、カタワレ時が訪れた!
時を超えて、立花瀧と宮水三葉は感動の出会いを果たすのである。

 

【「君の名は。」ネタバレの時系列(大切な人のために・・・)

 

初めての対面に感動した立花瀧と宮水三葉・・・。
しかし、そんな感動の出会いも、終わりつつあるカタワレ時に合わせて、終わろうとしていた。

立花瀧は「名前を忘れないように手に書いておこう」と、宮水三葉の手のひらに文字を書き、宮水三葉も立花瀧の手のひらに文字を書こうとする・・・その瞬間・・・カタワレの時は非常にも終わってしまった。

君の名は ネタバレ時系列の完全版!立花瀧と宮水三葉の二人ので視点で整理したネタバレ完全版!映画を観る前でもアリなネタバレ・・・これこそが名作の証である!78910

お互いの体に戻った二人・・・。
しかし、自分の体に戻った宮水三葉は避難の計画を覚えていた。
二人の強い思いが、時空を超えたのであろう。

 

立花瀧に対して、大切な想いを抱いた宮水三葉・・・。
姿が見えなくなった立花瀧の名前を忘れないように避けんで、山を降りていた。
しかし、足をつまづき転んでしまう・・・。
転んだ宮水三葉は、なんと立花瀧の名前を忘れてしまったのである。

 

手に何か書いたはず!!
立花瀧が書いた文字のことを思い出し、急いで手のひらを見る宮水三葉・・・。
しかし、宮水三葉の手のひらに書いてある文字は名前ではなかった。
そこに書いてあったのは、たった一言の言葉だった・・・

 

「すきだ」

 

感動の言葉だが、名前は書いていない・・・。
大切な人の名前を思い出せないまま、市民センターに走り、避難計画を見事に成し遂げた2013年の宮水三葉・・・。
非難は成功したのであろうか?
宮水三葉は無事に生きているのであろうか?

 

 

 

【「君の名は。」ネタバレの時系列(一番大切な人との再開)

 

あれから5年・・・ 時は過ぎ2021年になったいた。
立花瀧は大学4年生で就職活動の最中・・・。
しかし、いつも無意識に「なにかを探してい」ような気持ちで毎日を過ごしていた。

 

ある日、喫茶店でスケジュール確認をしている立花瀧・・・。
すると、背後から聞き覚えのある声が聞こえてきた。
それは、あのとき彗星から町を守る計画に参加した二人だった。
立花瀧はここで糸守町の非難作戦が成功したことを認識する。

 

そして同じ日、歩道橋で立花瀧と宮水三葉がすれ違う・・・。
何か違和感を感じるも、何も二人には起きなかった・・・。

 

しかし、運命には逆らえないのかもしれない。
数日後、立花瀧が乗っていた電車が他の電車と並走するシーンになる。

 

なんとなく、ボーと窓の外を見る立花瀧・・・。
しかし、なんと並走している電車の窓に宮水三葉が乗っており、二人は目が合ったのである。
誰よりも大切な人・・・との再会だった。

 

立花瀧は追いかけ、とうとう二人は住宅街の階段で再会する!
しかし、またすれ違い・・・
しかし今度は違った!!

 

君の名は ネタバレ時系列の完全版!立花瀧と宮水三葉の二人ので視点で整理したネタバレ完全版!映画を観る前でもアリなネタバレ・・・これこそが名作の証である!222

 

立花瀧は勇気を振り絞り「ずっと…探していました!」
すると、宮水三葉は「私もです」と答えたのである。

 

目の前にいるのは、一番大切な人・・・。
しかし名前は知らない。
でも大切な人だということは知っている。
二人が口にした言葉!それは・・・

「君の名前は?」

「君の名前は?」

 

その後、二人がどのような人生を選んだかは、ご自身で考えてほしい。
運命の二人は時間をも超越するのではないだろうか?

 

まだ映画をご覧になられていない方は、是非観にいかれることをオススメする。
大切な人といっしょに行くのがいいであろう・・・。

 


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る