大橋巨泉 死去(訃報)への終活開始か?余命わずかと言われる大橋巨泉という男に迫る!

川島道行 脳腫瘍が死因となり奪った命!5度の脳腫瘍の発症は、誰にも止めることができなかったのか!?須藤理彩が愛した男を天国へ見送った病気とは?!6

大橋巨泉は死去していないにも関わらず、早くのネットでは死去説(訃報)が飛び交っている。

ビートたけしも恐れる大物、大橋巨星のがんのステージはステージ4とも言われており、とうとう集中治療室に入るほどになってしまった。

果たして、大橋巨泉に迫る死去という言葉・・・。

本当に余命は短く、死去(訃報)は近いのだろうか?

今回は、がんステージ4と闘う大橋巨泉という大物にクローズアップしてみた。


スポンサーリンク




【大橋巨星 死去(訃報)の噂】

 

2016年6月28日現在、大橋巨泉は集中治療室に入っている。

つまり、死亡はしておらず、訃報にはまだ早い。

 

しかし、死亡説が広がるのは無理もなく、現在闘病中の大橋巨泉のがんはステージ4とも言われており、すでに4度の手術を経験!余命もわずかと言われているのである。

大橋巨泉のがんを時系列で表すと以下のようになる。

 

〇2005年 胃がんの手術で、胃の半分を切除

〇2013年 中咽頭がんの腫瘍摘出手術

〇2014年 縦隔のリンパ節へ、がんが転移。30回にも渡る辛い放射線治療を行う。

〇2015年 5月がんが転移し、右肺の3分の1を切除

〇2015年 10月 縦隔リンパ節に転移したがんを、手術で摘出。

 

・・・と、ここまでくると体力が弱ってくるのは当然の話である。

 

しかし、大物の大橋巨泉は4度目の手術の後も、なんとテレビ出演を果たしている
彼の体から出てくる力はなんなのだろうか?

50代半ばにセミリタイアを発表した大橋巨泉だが、芸能界で自らリタイアすると戻ってこれないのは当たり前の話。

 

しかし、大橋巨泉は手術をした後も、しばらく時間が経っているにも関わらず、テレビ出演を果たしている。

 

ビートたけしも恐れる大橋巨泉という男・・・。

彼こそが、生きながらにして伝説になった男なのかもしれない!


スポンサーリンク





 

【大橋巨泉 死去説止まらず!痩せゆく体、広がる終活】

 

集中治療室で懸命に闘病生活を送っている大橋巨泉・・・。

前橋、大橋巨泉が全盛期だったころは『11PM』『クイズダービー』『世界まるごとHOWマッチ』で活躍し、恰幅のいい体で有名だった。

当然、いい物と食べて贅沢な生活をしていたと思われる大橋巨泉・・・。

 

しかしそんな彼も、現在の体重は176センチの身長に対して43キロしかない。

縁起悪い話だが、大橋巨泉の死去の噂が広がるのは、わかる気がする。

 

終活も始めていると言われており、世界にある別荘も売り始めているという噂も浮上している。

1973年には、海外では初めて「日本人のための、日本語・日本円が使える土産店を」とバンクーバーに「OKギフトショップ」をオープンし、後にカナダにはバンフ店、ナイアガラ店、南半球ではニュージーランド、オーストラリアに計7店舗を展開した大橋巨泉。

 

彼の遺産は膨大だと言われており、その辺も死去の噂と一緒に気になることである。

正直ここまでくると、大橋巨泉が元気になり、テレビで復活・・・というのは難しいであろう。

今はただ、彼が少しでも長く生きられるように応援したいと思う。


スポンサーリンク




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る