大隅良典 ノーベル賞受賞!オートファジーは小林麻央のような、がん患者を減らすことが可能なのであろうか!?

大隅良典 ノーベル賞受賞!オートファジーは小林麻央のような、がん患者を減らすことが可能なのであろうか!?5

大隅良典さんがノーベル医学生理学賞を受賞したという、号外ニュースが入ってきました。

彼が解明したオートファジー(自食作用)との、どのようなものなのでしょうか?

人間のがんや老化の抑制につながると考えられているオートファジー(自食作用)・・・。

大隅良典さんの発表は小林麻央さんのような、ガン患者の減少に貢献できるのでしょうか?

今回は、3年連続となった日本人のノーベル賞受賞となった大隅良典さんと、彼が発表したオートファジー(自食作用)について解説してクローズアップしてみました。


スポンサーリンク




《大隅良典 ノーベル賞を受賞した天才はこんな人!》

 

この度、3年連続の日本人のノーベル賞受賞を果たした大隅良典さん。

彼は1945年の71歳で、福岡県福岡市生まれの男性です。

 

大隅良典 ノーベル賞受賞!オートファジーは小林麻央のような、がん患者を減らすことが可能なのであろうか!?

 

研究分野は生物学で、彼の学歴は凡人から見れば、神レベルと言っていいほど。

東京大学教養学部卒業、 東京大学大学院理学系研究科、 博士課程単位取得満期退学・・・という、テレビで見たことしかないような高学歴の持ち主なのです。

そもそも、凡人からみれば、東京大学自体異次元ですからね。

ここまでくると、教養学部がどうとか??いうレベルではないのです。

 

そして、同じく凡人には縁のない、教授という職業・・・。

大隅良典さんは教授と言っても、聞いたことがない大学の教授ではありません。

総合研究大学院大学名誉教授、基礎生物学研究所名誉教授、東京工業大学フロンティア研究機構特任教授という、まさにトップクラスの大学の教授を務めているのです。

まさに異次元の天才ですね。

 

彼の研究に対する功績は、今回のノーベル医学生理学賞が最高ですが、それ以外にも・・・

日本学士院賞(2006年)
朝日賞(2008年)
京都賞基礎科学部門(2012年)
ローゼンスティール賞(2015年)
ガードナー国際賞(2015年)
ワイリー賞(2016年)

など、多くの賞を獲得しているのです。

 

初めて聞くような賞ばかりですが、これだけ多くの部門で大隅良典さんは評価されていたのです。

それでは次に、大隅良典さんが見事にノーベル医学生理学賞を受賞するきっかけとなった、オートファジー(自食作用)とは何なのか??解説をしてみたいと思います。

 


スポンサーリンク





 

《大隅良典 ノーベル賞受賞したオートファジーとは何か?》

 

大隅良典 ノーベル賞受賞!オートファジーは小林麻央のような、がん患者を減らすことが可能なのであろうか!?2

 

ノーベル医学生理学賞とはどれだけすごいことか?に関しては分かります・・・。

しかし、大隅良典さんが提唱したオートファジー に関しては、全く意味不明・・・。

 

ということで、ここではウィキペディアの内容を参考に、まとめさせていただきます。

難しい内容かもしれませんが、頑張って読んでいただければ・・・と思います。

 

大隅良典さんが提唱したオートファジー(自食作用)とは・・・

細胞が持っている、細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの一つです。

なお、オートファジーは別名 自食(じしょく)とも呼ばれています。

オートファジー(自食作用)は、酵母からヒトにいたるまでの真核生物に見られる機構で・・・

細胞内での異常なタンパク質の蓄積を防ぐ

◎過剰にタンパク質合成したときや栄養環境が悪化したときにタンパク質のリサイクルを行う

細胞質内に侵入した病原微生物を排除することで生体の恒常性維持に関係。

◎個体発生の過程でのプログラム細胞死や、ハンチントン病などの疾患の発生、細胞のがん化抑制

・・・に関係していると言われているのです。

 

かなり難しい言葉がつながってしましたが、オートファジー(自食作用)はがんの抑制にも関係があると言われており、今後発明が進化すれば、小林麻央さんのように、がんに苦しむ患者さんの数も減る可能性も指摘されているのです。

 

そう考えると、大隅良典さんがノーベル医学生理学賞を受賞したことは、必然だったのかもしれませんね。

彼の発明が今後の人類に大きな影響を与えることは、十分に考えられるのです。

 

・・・ということで、今回は大隅良典さんがノーベル医学生理学賞を受賞したということで、受賞したオートファジー(自食作用)といいう内容についても解説してみました。

しかし、非常に医学的で難しい言葉のオンパレードだったため、意味不明な箇所があったかもしれませんが、それはお許しください。

 

同じ日本人として、大隅良典さんが3年連続の日本人ノーベル賞受賞を果たしたことを、本当に誇りに思います。

今後の世界の医学で、大隅良典さんの研究が活かされ、一人でも多くの人が病気予防に成功する時代がくることを、本気で願っています。

 

大隅良典さん、ノーベル医学生理学賞の受賞、本当におめでとうございます!!


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る