小倉智昭 余命が気になる!膀胱がんのステージと生存率を推測!激ヤセしてでも『とくダネ!』復帰をするのか、注目が集まる!

鈴木唯 コネ入社の真相は!? フジテレビアナウンサーで英語はナンバー1の実力のユイパンに集まる注目!!

小倉智昭が膀胱がんの手術のため、『とくダネ!』を休むことを発表した。
果たして、小倉智昭の膀胱がんのステージはどれくらいで、彼の余命や5年後の生存率がどの程度なのかも気になる!

今回は、小倉智昭の余命について、勝手に推測してみた。


スポンサーリンク




【小倉智昭の余命を左右するのは膀胱がんだけではない】

テレビでは元気そうに見える芸能人。
小倉智昭も例外ではなく、毎朝『とくダネ!』で元気なテンションで仕事をしている。

しかし、小倉智昭も現在68歳・・・、白内障の手術や糖尿病とも格闘している。
そんな中での、今回の膀胱がんの発表。

今回ばかりはいままでのように、減量では済まされそうもない。
手術を決断したのである。

手術をするほどの膀胱がんのステージはどれくらいなのだろうか?
そして、そうなった場合、小倉智昭の膀胱がんの生存率や彼の余命はどれくらいなのだろうか?

限られた情報で、勝手に推測してみた。

 

【小倉智昭 膀胱がんの手術の必然性からみる、ステージと余命】

 

小倉智昭 余命が気になる!膀胱がんのステージと生存率を推測!激ヤセしてでも『とくダネ!』復帰をするのか、注目が集まる!2

まずは膀胱がんの各ステージをご覧いただきたい。

ステージ0はがんが粘膜や上皮内に留まっている状態で、ステージⅠになると浸潤しているが、筋層まではいっていない。

ステージⅡでがんが筋層でとどまっている状態となり、ステージⅢにもなると、がんは筋層をも越えてしまっている。

ステージⅣは(腎臓・前立腺・子宮など)へ転移している(IVa期)と膀胱から遠い臓器へ遠隔転移している(IVb期)に分別されるが、いわゆる末期がんというものになる。

さて、次に各ステージにおける治療方法になるが、手術を行うのは主にステージⅢまでと言われている。
ステージⅣは簡単にいうと、手術をするのが遅い・・・という感じで、症状を和らげる化学療法や放射線療法が主になる。

 

ここで、小倉智昭の膀胱がんの話に戻そう。
彼は手術のため、『とくダネ!』を休み休養を取ると発表している。

ステージ0の場合は内視鏡で除去できるため、長期休養は必要ないであろう。
そう考えると消去法でステージⅠ~ステージⅢということになるが、個人的な勘ではステージⅠかステージⅡだと思っている。
ステージだと化学療法で、いわゆる抗がん剤を使用するため、脱毛が考えられるが、小倉智昭はそもそもカツラである。
そう考えると、化学療法による副作用は見えずらいかもしれない。

 

仮にステージⅣだった場合は、激ヤセしてそれだけでも全国を騒がせるほど、外見が変貌すると思われる。
おそらくであるが、ステージⅠかステージⅡであろう・・・。


スポンサーリンク





 

【小倉智昭の膀胱がんによる余命はどれくらい?】

 

小倉智昭 余命が気になる!膀胱がんのステージと生存率を推測!激ヤセしてでも『とくダネ!』復帰をするのか、注目が集まる!3

最後に小倉智昭の5年後の生存率・・・つまり、余命が気になるところだが、ステージⅠであれば95%でステージⅡであれば80%あると言われている。

多くの芸能人の命を奪った癌だが、小倉智昭が患っている膀胱がんは比較的余命が長い癌なのである。

 

しかし、膀胱がんの最大の注意点は再発性の高さ。
ストレスが多い芸能界にいる小倉智昭のような人物は特に要注意とのこと。

 

ということで、小倉智昭の余命は、5年後の生存率も80%以上あることから大丈夫だと思う。
といっても、これは私の個人的な見解であるので、それはご了承願いたい。

 

一日も早い『とくダネ!』の復帰を期待したいと思う!!

 


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る