小林麻央 スキルス胃がんの場合、ステージと余命の関係性!復帰は可能なのであろうか?

小林麻央 再入院は余命12月の裏づけとなるのか?!骨転移の痛みを訴える今、決して消えない「怖い噂」の意味に迫る!222

小林麻央が進行性がんであることを告白した、旦那の市川海老蔵。

果たして小林麻央は、なんの進行性がんなのか?

今回は、小林麻央がスキルス胃がんだった場合の、ガンのステージと余命(5年後の生存率)について予想してみた。


スポンサーリンク




【小林麻央がスキルス胃がんだった場合、症状は?】

スキルス胃がんの説明の前に、まずは普通の胃がんだった場合を説明させていただく。

 

胃がんという名前を始めて聞いた・・・という人はさすがにいないと思うが、胃がんの場合、早期胃がんは胃壁の内側の粘膜から、次の粘膜下層までにとどまった状態を意味し、胃がんでいう進行性がんの場合は粘膜下層よりも奥の「筋層」以降まで広がった状態を意味する。

 

なおステージで言うと、胃がんのステージ0、ステージⅠが初期胃がんで、ステージⅡ、ステージⅢ、ステージⅣが進行性胃がんとなる。

小林麻央 スキルス胃がんの場合、ステージと余命の関係性!復帰は可能なのであろうか? (3)

進行性胃がんとなると、リンパ節や他の臓器へ転移している可能性が高くなり、も外側の漿膜にまで達していた場合、胃壁から外に飛び出して「腹膜播種」になってしまう可能性すらある。

 

なお、当たり前の話だが、ステージが進めば進むほど、5年後の生存率は著しく下がり、ステージⅣはほぼ絶望的な余命になってしまう。

 

そして・・・仮に小林麻央がスキルス胃がんだった場合・・・。

ことはさらに深刻となる。

 

スキルス胃がんは、胃の粘膜の表面上はほとんど変化がないにも関わらず、粘膜内を深く浸潤しており、他の臓器へ転移しやすいので、スキルス胃がんの場合は発見時には、すでに手術ができないほど深刻化している場合が多い。

15時からの会見を見ないことにはなんともいえないが、小林麻央の進行性がんが、スキルス胃がんだった場合、アナウンサーとしての復帰は絶望的と言えるであろう。


スポンサーリンク




 

【小林麻央が胃がんだった場合のステージと余命の関係】

仮に、小林麻央が胃がん、またはスキルス胃がんだった場合、ステージごとの余命を調べてみた。

小林麻央 スキルス胃がんの場合、ステージと余命の関係性!復帰は可能なのであろうか? (2)

まずは胃がんのステージと余命をまとめるとこうなる。

《胃がんの各ステージの5年後の生存率》

■ステージⅠ・・・87.8%
■ステージⅡ・・・62.0%
■ステージⅢ・・・40.5%
■ステージⅣ・・・7.2%

なり、ステージⅣになると、余命は絶望的になる。

また、スキルス胃がんの場合は更に絶望的で、手術が不可能が場合が多く、仮に手術ができたとしても20%まで生存率が激減してしまう。

 

今回は、小林麻央が仮に胃がん、またはスキルス胃がんだった場合を想定しているが、進行性胃がんはステージⅡ以上になるため、5年後の生存率は62.0%となるため、体のこと考えると、アナウンサーえの復帰は難しいであろう。

 

15時から発表される、小林麻央のがん・・・。

進行性がんとのことだが、スキルス胃がんでなければいいのだが・・・。

まずは、発表を見るとしよう!


スポンサーリンク




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る