小林麻央 ゾメタ投与で骨転移のステージⅣと闘う日々!ゾメタ投与は小林麻央の病状の何を示しているのであろうか?!

大島康徳 余命が激やせが心配される大腸がんステージⅣの概要と治療方法とは⁉9

小林麻央さんがブログKOKOROで、またもや聞きなれない医学用語「ゾメタ」を使用してきました。

以前にも難しい言葉をあえて使用し、ブログ読者に乳がんのことを知ってもらおうという気持ちが見えていた、小林麻央さんのブログKOKORO。
今回、小林麻央さんが投与を告白したゾメタとは、どんな薬なのでしょうか?

今回はゾメタの投与から予想される、小林麻央さんの現在の病状についてまとめてみました。

■小林麻央 ゾメタ投与告白!ゾメタとは何か?

小林麻央 ゾメタ投与で骨転移のステージⅣと闘う日々!ゾメタ投与は小林麻央の病状の何を示しているのであろうか?!3

まずは、小林麻央さんが投与しているゾメタとは何か??ということになります。
少し難しいですが、模範解答で答えると・・・

ゾメタとは、正式にはゾレドロン酸のことで、ビスホスホネートと呼ばれる骨吸収抑制剤の一種!
保険が適用になった薬で、骨のがんで使用される、痛み止め的な存在!しかし、抗がん剤ではない!

 

・・・とこんな感じではないでしょうか?

 

難しい話はなるべくしないようにしますが、小林麻央さんのように、骨にまで転移しているステージⅣのがん患者さんの場合、骨に転移したがん細胞が悪さをして、骨を作る骨芽細胞の働きが鈍くします!

そうすることによって、カルシウムなどの骨の成分が血中に溶け出る割合が多くなって・・・つまり、想像を絶する痛みと骨折のリスクが高くなってしまうということになるのです。

 

小林麻央さんが骨と肺に転移している、ステージⅣであることを自ら告白したとき、ネットでは骨転移=死みたいに書かれていましたが、骨に転移してもイコール死ではないのです。

 

乳がんが骨に転移し、それによる痛みは何度も言いますが想像を絶するそうです!!

モルヒネでも効かない痛みも、ゾメタは緩和してくれるのです。

 

難しい言葉も少し出てきましたが、つまりゾメタとはステージⅣの末期がん患者で、骨に転移していた場合、猛烈な痛みに対する痛み止めの効果と、骨折しやすい状態を予防する、点滴型の薬・・・ということでいいでしょう。

 

小林麻央さんはステージⅣ・・・。
骨への転移も進んでおり、猛烈な痛みと闘ってきました。

 

ゾメタが、小林麻央さんと子供たちとの笑顔の時間を手助けしてくれているのです。

 

 


スポンサーリンク




■小林麻央 ゾメタ投与の副作用は考えられるのか?

小林麻央 ゾメタ投与で骨転移のステージⅣと闘う日々!ゾメタ投与は小林麻央の病状の何を示しているのであろうか?!2

現在の小林麻央さんが笑顔でいられるのも、ゾメタの痛み止めのおかげであることは間違いありません。

これで副作用がなければ、まさに神の薬になるのですが、残念ながらゾメタにも副作用はあります。

 

ただ、副作用といっても、抗がん剤よりも頻度は少なく、全員が全員副作用に悩まされるわけではありません。
小林麻央さんがゾメタ投与で副作用に見舞われているかは不明ですが、その副作用も抗がん剤の副作用に比べれば、マシなのかもしれませんね。

 

さて、小林麻央さんが投与している、骨のがんに使われる薬「ゾメタ」
ゾメタがもたらす副作用には・・・

間質性腎炎、うっ血性心不全 、低カルシウム血症 、頭痛 、吐き気、発熱 、倦怠感などがあると言われています。

 

私はゾメタ未経験なので、軽はずみな発言はできないのですが・・・
上記の辛そうな副作用も、ゾメタの投与を中止したときの骨の強烈な痛みに比べれば、まだいいのかもしれませんね。

 

そんな副作用が伴うゾメタですが、検査中に居眠りしてしまう小林麻央さんの精神力はゾメタ以上に強力かもしれません・・・。

 

 


スポンサーリンク




■小林麻央 ゾメタ投与で判断できる現在の病状!

小林麻央 ゾメタ投与で骨転移のステージⅣと闘う日々!ゾメタ投与は小林麻央の病状の何を示しているのであろうか?!38

 

小林麻央さんが投与しているゾメタ・・・。

そこから小林麻央さんの現在の病状は推測できるでしょうか?

 

残念ながら、ゾメタの投与ということから、小林麻央さんの病状を推測することはできません。
ただ、決して良くはないでしょう・・・

 

不適切な発言かもしれませんが、そもそもゾメタを投与している時点で、尋常じゃない骨の痛みに耐えられないため投与している可能性が高く、それはステージⅣの末期がんを意味しています。

そして、冒頭でも書きましたが、ゾメタは骨のがんの薬で、骨の痛みの緩和や骨折などを防ぐ効果はあるものの、抗がん剤の効果はありません。

つまり!!ゾメタをいくら投与しても、がんは治らないのです!

 

よって、ゾメタを投与していることから、小林麻央さんの現在の病状は判断できず、ブログKOKOROを読む限り、病状は深刻であると思ってしまいます。

ですが・・・がんは笑顔で消えるという話があり、笑い続けて末期がんを治した人も、この地球上には本当にいます!!

 

ゾメタを投与することによって、小林麻央さんの乳がんが消えることはありませんが、ゾメタ投与で小林麻央さんの笑顔の回数と時間が長くなり、そのことが、がん細胞と闘っている可能性があるのです。

なので、ゾメタ投与は小林麻央さん回復の可能性でもある!!と私は信じています。

 

人の笑顔は最高です!!

小林麻央さんの笑顔ががん細胞を撲滅してくれることを、これからも本気で応援しています。

 

今回は小林麻央さんがブログKOKOROで投与を告白した、ゾメタという薬についてクローズアップしてみました。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る