小林麻央 ブログ KOKORO 最新の1月で見る2017年生き続ける可能性!2017年1月が最後の月でない事を願う・・・

小林麻央 ブログ KOKORO 最新の1月で見る2017年生き続ける可能性!2017年1月が最後の月でない事を願う・・・2

小林麻央さんがブログ KOKOROの記事を書くたび、最新の1月では厳しい病状が日々感じられるようになりました。

今回は小林麻央さんが1月に更新した最新のブログ KOKOROの記事を丁寧に振り返り、そこから予想される小林麻央さんの余命・・・2017年生き続けることができるのか??についてまとめてみます。

《小林麻央 ブログ KOKORO最新の1月でみる2017年生きる可能性》

小林麻央 ブログ KOKORO 最新の1月で見る2017年生き続ける可能性!2017年1月が最後の月でない事を願う・・・3

①2017年1月1日【ゆっくりスタート】

11月の中旬、小林麻央さんは放射線治療の副作用でブログ KOKOROの更新をお休みする日にちが続きましたが、2017年1月に入り順調に更新を続けています。

余命は12月末までで年内・・・そう言われ続けた小林麻央さんが頑張り迎えた新年。

記念すべき初日は1月1日元旦の記事でした。

『元旦は起き上がれず、病食は、お昼からのスタートになりました。
ゆっくりゆっくり。大丈夫です!』

これは、自らの腹筋と背筋の力で起き上がるのが困難であることが書かれています。

厳しいことを書いてしまいますが、このころから小林麻央さんには末期がん患者に多い、悪液質の症状が出始めていると思われます。

今後も悪液質という単語は多く登場しますが、簡単に解説すると、体全身の筋力が極端に低下し、体重も減少・・・激やせして死相と言われる状態になります。

つまり、悪液質は完全な末期を示し、悪液質をの症状が出ると、基本的に余命は短いのです。

『私も居るべき場所に戻れるように今は置かれている場所で精一杯居ようと思いました。
今、与えられている時間は本当に特別なものだと感じています。』

ここで言う、居るべき場所とは、麗禾ちゃんと勸玄くんがいる自宅を意味していると思われます。

今置かれている場所とは再入院している病院だと思われますが、退院に対する小林麻央さんの強い意志が感じられます。

 

1日のブログ KOKOROで、2017年小林麻央さんが生き続けることはできのか??と判断するのは難しいでしょう。

しかし、ベッドから起き上がることができない症状は急激に体力が減少していることを意味しており、余命は別にしても、小林麻央さんの病状が急激に悪化していることを示している記事でした。

 

②2017年1月2日【初夢】

私は、「恐ろしの館 」みたいな夢を見てしまいました。

ぎゃぁーやり直したい。初夢。

小林麻央さんのちょっとお茶目な部分が感じられる文章でした

2017年1月2日の記事は、小林麻央さんの病状を示す内容はないため、当然余命の予測は行えません。

しかし、その分・・・読んでいるほうとしては安心できます。

 


スポンサーリンク




③2017年1月4日【気合】

1月3日は2017年に入り、初めて更新を休んだ小林麻央さん。

しかしブログ KOKOROの更新を休むということは、病気と闘っていることを示します。

ベッドから起き上がることが辛い小林麻央さんだけに、ベッドでスマホ片手に寝ながら更新していると思われますが、それすらもできないくらい体調が悪かったのだと思います。

そして1月4日!!全国の人が驚く内容が書かれていました。

『今日は、二ヶ月ぶりにお化粧をし、朝から緊張していました。』

『本番がある人は、病の後、回復しやすい』

そうです、『市川海老蔵に、ござりまする』の取材を応じた小林麻央さんがそこには写っていました。

小林麻央 ブログ KOKORO 最新の1月で見る2017年生き続ける可能性!2017年1月が最後の月でない事を願う・・・101

後日放送された『市川海老蔵に、ござりまする』で見た小林麻央さんの顔、声・・・私は泣きそうになりました。

 

4日のブログ KOKOROの記事内容では小林麻央さんが2017年生き続けるか?判断できる内容は見つかりません。

しかし、後日放送された『市川海老蔵に、ござりまする』で、取材当時に1人ではベッドから起き上がれない小林麻央さんが、実際に映像で映されました。

頭では分かっていても、実際に目にするとショックです。

 

4日のブログ KOKOROの記事を更新した時の小林麻央さんですが、文章ではなく画像で病状は判断できました。

小林麻央 ブログ KOKORO 最新の1月で見る2017年生き続ける可能性!2017年1月が最後の月でない事を願う・・・

不自然に明るさが明るいですよね?

なぜなら、普通の証明では小林麻央さんの目のあたりにクマができて、黒くなっていることが見えてしまうからです。

全国のブログ KOKORO読者の皆さんに心配をかけないように・・・という小林麻央さんの優しい計らいだと思われますが、逆にそのことが切なく見えてしまいました。

目の周りが黒いのは薬の副作用だと思われます。

ただし、目の周りが黒いことが決して小林麻央さんの余命を示しているわけではないことも、合わせてお伝えしたいです。

 

⑤2017年1月5日【朝食】

入院中、加島屋のさけ茶漬も欠かせませんが、今、欠かしています。

残念ながら写真がありません。

後に判明する、小林麻央さんの食欲不振・・・。

しかし1月5日のブログ KOKOROが更新されたとき、そのことは明かされていません。

小林麻央さんが食べることに壁を感じるのは、後に書かれるオキノームという痛み止めの副作用ですが、1月5日現在は副作用がなかったのか?オキノームを服用していなかったのか??それに関しては不明です。

2017年1月5日に更新されたこの記事で小林麻央さんが2017年生き続けるかどうかの判断はできませんが、食欲を感じる文章から、回復の可能性を感じることはできます。

しかし、それもつかの間・・・小林麻央さんのブログ KOKOROは弱っていく、厳しい病状を描き始めるのです。

 

⑥2017年1月6日【キャンディーの中身】
       7日【眠れない夜のひとりごと】
                 8日【ありがとうございます】

の3日間に関しては、まとめてご案内します。

6日のキャンディーの中身に関しては・・・

かんかん、成長してる。
うれしい気持ちでそっと、閉じ直しました。

少し破れてしまった

痛いのに、変なことするんじゃなかった(悲)

・・・と子供からのプレゼントにはしゃぎながらも、体の痛みを訴えています。

 

次に7日の【眠れない夜のひとりごと】

『家族が私の食欲や痛みについて 心配し、色々提案してくれたとき 「私の身体は私が一番わかってるから」と言ってしまいました。』

『「苦しい、痛い、疲れた」と家族の前で、口に出して言ってしまう時があります。』

・・・家族に対してのお詫びの気持ち、ついつい見せてしまう弱音が綴られています。

夜中の更新のせいか??小林麻央さんのメンタルから辛さと寂しさが伝わってきました。
続いて、8日の【ありがとうございます】では

『皆さまからのメッセージで心がほぐれ、安心して横になっていました。』

と多くの人からのメッセージに対して、幸せな気持ちで寝ている小林麻央さんが綴られています。

安心して横になっていました・・・と書かれていますが、おそらくこの時の小林麻央さんはすでに寝たきり状態だと思われます。

理由は骨の痛みと、ベッドで起きている体力が奪われているため・・・と思われます。

 

6日7日8日と、3日連続のブログ KOKOROの記事から分かることは、小林麻央さんの体の痛みが辛そうなことと、ベッドで基本寝ていることです。

これを見るたび、先述した悪液質の状態ではないか??と思ってしまう自分がいました。

 


スポンサーリンク




⑦2017年1月9日【食べること】

『人生で初めて「食べる」ということの壁を経験しています。

これまで何があっても「食べられる」ことだけが自信だったので、こんなにただ一生懸命に食べるということがあるのだと、、、知りました。』

これは非常にショックでした。

なぜなら、末期がんで死を目前にしている人と症状が似ているからです。

 

がんで死去する人の多くの人はガンそのものでは死にません。

『え?』と言われそうですが、がんで他界する人は、がんによって体力が奪われ、食べることができないほど筋力が低下します。

これこそが何度も言う悪液質なのですが、最終的に食べることができなため、栄養がなくなって肺機能が低下し、心肺停止になると言われているのです。

 

以前の小林麻央さんの食欲はステロイドによるものだと思いますが、それは抜きにしても食欲はあったように記憶しています。

しかし、この食欲不振はさすがに心配です・・・。

フライングして答えを書かせていただきますが、この食欲不振は後日ブログ KOKOROで綴られるオキノームという痛み止めの副作用によるものだと思われます。

『普段は遠くて会えませんが愛の喝を入れてくれるお姉さまがいて、今日、お見舞いに来てくれました。

「ここまで乗り越えて来られたのは、まおちゃんは、どんなときでもとにかくたくさん食べてきたからだよ。食べるのだーーっ!!!喝」』

なんか微笑ましい姉妹の愛ですが、この文章で小林麻央さんが実家の東京都から遠く離れた病院に再入院していることが伺えます。

そんな距離を乗り越えて妹に会いに来る小林麻耶さんは素敵なお姉さんですね。

小林麻央さんの食欲のなさは、今後も続いていきます。

 

⑧2017年1月10日【ありがとうございました】

『何度も睡眠を繰り返し、ブログの更新が遅くなってしまいました』

『今は今しかないので、記録として残すことができてよかった、と後悔なく放送をみることができました。』

『早くも「2017年」の家族を想像しました。

昨年の春は、入院していたので、今年は、家族で一緒に桜をみたいです。

植樹の目標は少しハードルが高いかなびっくりそして、勸玄を稽古に連れて行きたいです。

麗禾は、現在バレエがお気に入りのようですが、着物や色々な所作の真似事も好きなので、日本舞踊も 紅梅先生やぼたんさんに習って欲しいな、と母親としては思っています。』

・・・このころから、痛み止めオキノームの副作用が明らかに描かれています。

何度も寝るとありますが、健康な人にはできません。

オキノームの副作用の眠気に襲われ、寝続けてていたのでしょう。

 

10日の記事は文字量が多いですが、『市川海老蔵に、ござりまする』の放送を見て、小林麻央さんの気持ちも高まったいることを感じることができました。

病は気から!!10日のブログ KOKOROを見る限り、小林麻央さんの回復は大丈夫に思えました。

 

ただ、『今は今しかないので、記録として残すことができてよかった、と後悔なく放送をみることができました』・・・の部分が、遺言みたいいで個人的に悲しく思えてしまいましたが・・・。

 

⑨2017年1月11日【変わらぬ愛】

『いつの間にやら眠ってしまい、枕元にお手紙が。』

『私の痛くなったら、、、オキノームからの玄米カイロ チン!だって、お湯を沸かして湯たんぽに、、、って待つ時間の辛さは、少ない。』

・・・と、ここで初めて痛み止めのオキノームの言葉が出てきます。

オキノームの副作用は眠気、便秘、そして吐き気です。

眠気は寝られるので忙しいサラリーマンには羨ましい感じがしますが、1日中襲い掛かる眠気はうれしいとは言えないでしょう。

 

そして・・・12日、小林麻央さんは更新を休みます。

その代わり、衝撃の13日金曜日を迎えるのです。

アメンバー限定記事『読みたい方だけ』の更新がされたのは、皮肉にも13日金曜日だったのです。

 

⑩2017年1月13日【ヨーグルト】
                          【早く来ないかな】
                          【読みたい方だけ】

13日は何度もブログ KOKOROが更新されました。

まずは【ヨーグルト】・・・

 

『最高に美味しいヨーグルト。

吐き気の波をうまく攻略できず、まだ食べられていません。

点滴が効いてくるはずなので、必ず食べてから眠ると今日は決めています。
1日ひとつでも口から食べる!! 皆と約束しました。』

・・・と、壮絶な吐き気と闘う姿が書かれています。

『ヨーグルトをひとつでも口から食べる・・・』の箇所から、小林麻央さんが点滴中心の栄養補給であることが判断できます。

末期がんの症状の一つ激やせ・・・小林麻央さんにそれが見えないのは、おそらく点滴による栄養補給があるためだと思われます。

 

次の【早く来ないかな】に関しては、後日更新されるAKB48の歌に続くような気がします。

体にいい周波数というものがあり、細胞蘇る姿が描かれています。

 

そして・・・13日の金曜日、私の心に突き刺さったアメンバー限定記事【読みたい方だけ】

この記事に関しは小林麻央さんの気持ちを尊重して、引用はしません。

 

しかし、すでにネタバレがネットで行われており、とても悲しく思います。

転載はしたくないので簡単にしか書きませんが、乳がんが皮膚に転移しており、お腹周りにまで皮膚転移していることと、吐き気が辛いことなどが書かれていました。

皮膚転移=死ではないのですが、末期の症状であることには変わりありません。

 

小林麻央さんの余命を1月最新のブログ KOKOROで判断するとしたら、やはりこのアメンバー限定記事で書かれた皮膚転移ではないでしょうか?

皮膚転移=死ではないものの、小林麻央さんの乳がんが悪化していることを象徴しているからなのです。

 

《小林麻央 ブログ KOKORO最新の1月!2017年はどうなるか?》

小林麻央 ブログ KOKORO 最新の1月で見る2017年生き続ける可能性!2017年1月が最後の月でない事を願う・・・100

今回は小林麻央さんが1月に更新した、最新のブログ KOKOROの記事の内容を分析し、そこから小林麻央さんが2017年生き続けることができるか??という余命を予想してみました。

 

最後の項目は13日の金曜日に更新されたアメンバー限定記事ですが、その後もモンキーまおがバナナを間食したり、AKB48の歌を聴いたりと、小林麻央さんの闘病生活が綴られています。

そして一番直近に更新された最新の記事では・・・

『一昨日より昨日、昨日より今日、少し回復しています。

今回の底には着地し終えた気がしています。

力がないのでゆっくりですが、上昇していくはずです。』

『心も体もまだまだまだまだ生かされています。大丈夫。』

・・・と、少しずつ自分の気持ちを整えようと、前向きに頑張っている小林麻央さんの姿が綴られています。

 

正直言って、【読みたい方だけ】の内容を見る限り、小林麻央さんの余命は厳しく、2017年生き抜くことは難しいと思います。

こんな発言をお許しいただきたいのですが、多くの人の乳がんのデータを見た判断すると、そうなってしまうのです。

 

しかし、小林麻央さんの闘争心が半端でないことは分かっています。

もしかしたら・・・奇跡が起きるのかもしれません。

小林麻央さんの言う通り、昨日より今日が回復していれば、それもあり得るのです。

 

小林麻央さんが1月に綴った最新のブログ KOKORO・・・そこから、2017年も生き続ける小林麻央さんの姿が見える日が来ることを望んでいます。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る