小林麻央 ブログKOKOROの最新記事で12月の壁を感じる!骨転移の痛みは12月を超え、新年を迎えることができるのか?!

ジョージマイケル 現在死因にエイズ(HIV)による大腸がんの可能性が!2016年は彼にとって、本当の意味でのラストクリスマスになってしまった・・・。5

小林麻央さんがブログKOKOROを更新し、12月の最新記事から年越しの不安が言われ始めています。
最新記事から伝わってくる、骨転移による痛み・・・。
果たして、骨転移の痛みを訴える、12月のブログKOKORO最新記事から判断した際、小林麻央さんは12月というハードルを越えることができるのでしょうか?

余命は12月までで年内・・・という縁起の悪いキーワードが消えない中、最新のブログKOKOROで何を感じるのことができるか?
今回は12月に更新された最新のブログKOKOROから見る、骨転移の痛みも含めた、小林麻央さんの病状を推測してみました。

《小林麻央 ブログKOKOROの12月最新記事》

小林麻央 ブログKOKOROの最新記事で12月の壁を感じる!骨転移の痛みは12月を超え、新年を迎えることができるのか?!

12月に入り、小林麻央さんのブログKOKOROは、しばらく更新が止まった時期がありました。
実は9月から始まったブログKOKOROも、9月・10月はスムーズに、ほぼ毎日更新されていたのです。

しかし11月の中旬頃から、放射線治療の副作用で(後に判明)喉が焼けるような痛みを覚え、強い体調不良からブログKOKOROの更新がしばらく止まった時がありました。

そして12月に入り、また数日間更新が止まり、全国のブログ読者さんから不安の声が上がっていたのです。
12月のブログ更新がない日は4日連続で止まりましたが、22日現在は内容はとにかくとして、更新は続いています。

内容はとにかくとして・・・と意味ありげに書いてしまいましたが、実は最近のブログKOKOROから、小林麻央さんの言葉が妙にネガティブ発言になっているのです。
何よりも衝撃的だったのが、12月22日更新内容の・・・

『今回、今までよりも骨転移の痛みを感じるようになって、「痛い、痛い」という思いで怖くなって先が心配ばかりでいました。』
という箇所。

どんなことでも、前向きな言葉で切り替えしていた小林麻央さんとは、少し言葉のニュアンスが変わってきているのです。
以前よりも、ネガティブで弱気な発言になってきているのが、非常に気になる12月の最新記事・・・。

肺や骨に転移しているステージⅣの乳がんと闘っている人にポジティブになれ!というのは、難しい注文なのかもしれませんが、それでも強い想いは病状をも変えると思っています。
病は気から・・・は嘘ではないのです。

少なくても、12月の最新のブログKOKORO記事を見る限り、小林麻央さんの体調がかなり悪いということはご理解いただけたことでしょう。

乳がんの骨への転移による痛みは、おそらく言葉では表現できないレベルだと思います。
痛み止めは投与しているはずですが、それはそれで副作用があるはず・・・。

12月現在の、最新のブログKOKOROから感じる、小林麻央さんの病状はこんな感じでした。


スポンサーリンク





 

《小林麻央 ブログKOKOROの最新記事で12月を超えられるか》

小林麻央 ブログKOKOROの最新記事で12月の壁を感じる!骨転移の痛みは12月を超え、新年を迎えることができるのか?!36

今回は小林麻央さんが12月に入り更新した最新のブログKOKOROの記事から、果たして小林麻央さんが12月というハードルを越えて、無事に年を越せるのか??考えてみました。

小林麻央さんの乳がんのことは、私自身前向きに、ポジティブに、回復すると信じて考えるようにしています。
しかし、過去に乳がんで闘ってきた患者さんたちのデータを見る限り、ステージⅣで骨に転移し、強烈な痛みを感じるようになった今、決して『大丈夫』とはいえない状態になっているのです。

以前から、ネットで小林麻央さんを検索すると、必ずと言っていいほど『余命』という言葉と『年内12月』という言葉が浮上していました。
夏に腹水疑惑がネットに掲載された頃は『余命3ヶ月』という言葉が連日のように検索され、12月現在は『余命年内』に変わっているだけなのです。

今回のブログの本題に移りますが・・・小林麻央さんの12月更新の最新のブログKOKOROの記事で骨転移による激痛を訴えた今、小林麻央さんが年内を越せるか??ということに関してですが・・・

個人的には、小林麻央さんは12月というハードルをクリアして、年は越せると思ってしまうし、そう信じています。
ただ、だからと言って楽観的に考えることはできず、2017年1月に入った後も体調不良などがブログKOKOROで追記されることでしょう。
つまり、これから小林麻央さんの体調が悪化する方向に進む可能性は・・・残念ながら高いです。

小林麻央さんの乳がんは症状が緩和されるだけで、残念ながら根治治療が行えていない分、現実的には回復には向かっていないのです。
多くの人から反感を買いそうですが、それが小林麻央さんの乳がんで起こっている現実なのです。

小林麻央さんが後ろ髪が伸びてきたことをブログKOKOROで、ささやかな喜びとして報告していますが、それは同時に抗がん剤の投与中断を意味しています。
ここで勘違いしてほしくないのは、小林麻央さんが抗がん剤を投与しないのは、単なるワガママでも経済的な問題でもありません!!おそらく、小林麻央さんの弱りきった免疫力が、更なる抗がん剤に耐えられないことが原因だと思われるのです。

小林麻央さんのブログKOKOROの12月更新の最新記事を見る限り、これから先も厳しい闘病生活が待っていそうです。
ネットからも小林麻央さんの『余命年内』のキーワードが消えることもなく、2017年1月を迎えた際も、キーワードが『余命1月』に変わるだけでしょう。
しかし、それは世間一般の声であり、誰にも止められません!

変えられるのはただ一つ!!小林麻央さんの気持ちです!!
あの頃のようなポジティブで前向きな小林麻央さんの言葉と素敵な笑顔・・・クリスマスまでに復活するのを楽しみにしています。

小林麻央さん、諦めないで!!
これからも応援しています。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。


スポンサーリンク





スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る