小林麻央 余命は末期で年内と予言する根拠を知りたい!なぜ、余命は年内と断言する人がいるのか!?

小林麻央 余命のまとめ!転移してステージⅣの末期がんに予想される余命だけに注目!!小林麻央さんにはこの予想を破って欲しい!それが願いです・・・。999

小林麻央さんの余命を、ステージⅣの末期だから、年内で終わるだろう・・・と気軽に発言する人がいます。
小林麻央さんを応援する立場としては辛い発言ですが、実際に私の身近にもいます・・・。
ただそれは個人の意見なので、否定はできないのですが、根拠を聞くと曖昧・・・。

末期がんステージⅣを明かした小林麻央さんですが、なぜ余命は年内!!と断言する人がいるのでしょうか?
今回は小林麻央さんの余命が年内と予言した人に話を聞き、自分なりの気持ちをまとめてみました。

 


スポンサーリンク




 

《小林麻央 余命が末期で年内と予言した知人が語った理由が衝撃!》

小林麻央 余命は末期で年内と予言する根拠を知りたい!なぜ、余命は年内と断言する人がいるのか!?114

まずは、小林麻央さんの余命が年内・・・と発言した知り合いに、その根拠を聞いてみました。
そしたら、ネットで書かれていることを、単にもっともらしく答えたんですね。

 

自分をブログを真剣に書いている立場として、ネットの情報が嘘!!とは言いません。
しかし、真実もあれば、そうではない記事もあるのです。

そして、小林麻央さんの場合、やはり有名なのはキーワードにもなっている、「朝食」記事の死相が見える・・・という噂の画像ではないでしょうか?

 

小林麻央 余命は末期で年内と予言する根拠を知りたい!なぜ、余命は年内と断言する人がいるのか!?250

これは確かに小林麻央さんの顔色は悪いですし、病室のベッドの本が読める程度の照明では、あのように写るのは仕方ないでしょう。

しかし、余命が年内と発言した知人は、死相というキーワードで書いてあるブログの本文と数記事読んで、あたかも自分がまとめたかのように、話してきたのです。

 

おまけに、一時フライデーが報じた腹水疑惑の写真があったのも、覚えている方もいるでしょう。

小林麻央 余命は末期で年内と予言する根拠を知りたい!なぜ、余命は年内と断言する人がいるのか!?110
あの時、フライデーは夏までモタナイ!!小林麻央さんの余命は3ヶ月!!と書いたのを覚えていらっしゃいますか??

 

私の知人は、死相疑惑の画像を見た9月に、腹水疑惑の余命3ヶ月と足して、12月(つまり年内)とう数字を出したようなのです。

つまり・・・私の知人が、小林麻央さんの余命を年内と予言したのは、ネットの噂を融合したものであり、医学的な視点での根拠は何も無かったのです。

 

しかし、私は彼の意見に反論はしませんでした。
別に彼はSNSでそれを拡散するような人物ではなく、自分の中で物事を解決して、それで満足している人物だったからです。


人の不幸を望んで、それを自分の幸せと比較して、そこから自分の幸福を実感しているような発言をした彼
に対し、私は何もコメントしませんでした。


ある意味、哀れな人だと同情すらしてしまいました。


スポンサーリンク




 

《小林麻央 余命は噂どおり、末期で年内・・・は本当なのか?》

小林麻央 余命は末期で年内と予言する根拠を知りたい!なぜ、余命は年内と断言する人がいるのか!?5

根拠のない予言を私は信じません。
しかし、小林麻央さんの余命に関しては、『年内の死去はあり得ない』と断言することもできないのです。

 

乳がんのステージⅣの辛さは、とても文字では書けないほどでしょう!
通常、病気をすればその部分が痛みますよね?頭痛や腹痛や腰痛などです。

しかし乳がんステージⅣの末期となると、その部分が痛む・・・という次元ではなく、小林麻央さんの場合は骨にまで転移しているので、全身が強烈な痛みに襲われ、弱っている骨は骨折しやすくまで変化しています。

 

ブログKOKOROでは書いていませんが、おそらく緩和ケアということで、モルヒネなどの麻薬も使用していると思われます(合法です)。

それに、小林麻央さんは、子供達とクリスマスを一緒に過ごす約束を果たすために、精一杯の努力をしているという話も聞きます。

 

頑張ってクリスマスを過ごすことを目標に!!・・・の意味分かりますよね?

そうなんです・・・気を抜けば、クリスマスも難しいと本人が意図しているのです。

(クリスマスを自宅で祝うという意味で、余命にはつながらない)

小林麻央 余命は末期で年内と予言する根拠を知りたい!なぜ、余命は年内と断言する人がいるのか!?255

なので、小林麻央さんの余命は年内大丈夫!!と断言することは、担当医以外おそらく誰にも言うことはできないのです。

だからこそ、みんなで応援しましょう!!
私の知人のように、簡単に『あ~、もって年内だな・・・』という悪いことを引き寄せたくないのです。

 

《小林麻央 余命は年内なのか?不安を感じる文章

小林麻央 余命は末期で年内と予言する根拠を知りたい!なぜ、余命は年内と断言する人がいるのか!?1256

2016年11月になりました。

フライデーが衝撃の腹水疑惑の画像を公開し、夏までモタナイと言われてから、すでに3ヶ月小林麻央さんは頑張って闘病しています。

QOLの手術も成功を収め、退院・・・。
今は抗がん剤を中断していることから、眉毛やまつ毛も元に戻り、すっかり誰もが知っている小林麻央さんに戻りつつあります。

 

しかし、11月に入ってからブログKOKOROで書く小林麻央さんの言葉の節々で、非常に弱気になる場面を感じます。

もちろん、ステージⅣの末期ガンで不安はあるのは当然ですし、気にしていない人の方がビックリですが、それでも小林麻央さんは今まで、比較的不安な言葉を口にはしてきませんでした。

『でも、 前向きで治ったなら褒められるかもしれないけれど、まだ何の結果も出せてないからなー』

 ~中略~

「治癒」という結果がでていなくても、 今、前向きである自分は褒めてあげようと思いました。

 結果が出てからしか、 自分のことを認められないのは悲しいですものね。』

という感じです。

ここで言う「結果」というのは、乳がんから回復しているということを意味していると思いますが、そもそも小林麻央さんのQOLの手術は、ガンを根本的に退治する手術ではないので、痛み止めで調子よさそうに見えてみも、回復はしておらず、根本的には何の解決もしていないのです。

小林麻央 余命は末期で年内と予言する根拠を知りたい!なぜ、余命は年内と断言する人がいるのか!?1234

・・・そして、11月中旬になり、小林麻央さんは喉を痛みを訴え始めました。
個人的には免疫力が低下して、扁桃腺などが炎症を起こしたのでは??と思っていますが、小林麻央さんの体が衰弱しているのは予想以上のようです。

 

なぜなら、毎日のように更新していたブログ KOKOROが11月16日の夕方から丸2日更新されず、やっと更新したと思ったら、3日目でかなり体調が悪そうな表情でした。

小林麻央 余命は末期で年内と予言する根拠を知りたい!なぜ、余命は年内と断言する人がいるのか!?258

表情は微笑んでいますが、子供たちと一緒に写っている上記の写真とは明らかに違います。
私は小林麻央さんの余命年内説に反対派ですが、これを見る限り、『負けないでほしい!!』と大声で叫びたくなりました。

 

認めたくはありませんが、小林麻央さんの体が衰弱しているのは事実・・・。
点滴を投与したと書いてありますが、点滴で体調が激変するのは風邪くらいでしょう。

今は、ただただ小林麻央さんの回復を願うばかりです・・・。

 

 

《小林麻央 余命年内を否定!喉の痛みも消え、笑顔も復活!

小林麻央 余命は末期で年内と予言する根拠を知りたい!なぜ、余命は年内と断言する人がいるのか!?444

今だから正直に書きますが、小林麻央さんが喉の痛みを訴え、ブログKOKOROの更新が途絶えた時は、かなりヒヤヒヤしていました。
声をかけて応援することもできず、私たちは見守るしかできないのです。 (ブログにコメントはできる)

叔父さんの死も重なり、いろいろと大変だったのかな??と、今だから思いますが、あれほど更新が途絶えると、相当体調が悪いのか??と考えてしまいます。

 

さて、そんな小林麻央さんが以前のように1日に2回更新し、素敵な笑顔が復活しました。
髪の毛が生えてきた喜びを書いた文ですが、個人的には喜び半分不安も半分です。

小林麻央 余命は末期で年内と予言する根拠を知りたい!なぜ、余命は年内と断言する人がいるのか!?555

なぜだと思います??

小林麻央さんの髪の毛が生えてきたということは、いまだに抗がん剤投与を中断していることになります。
ということは、新しいクリニックに通っていたとしても、乳がんを治す治療はストップしていると思われ、回復には向かっていない・・・ということになるのです。

ちなみに、11月30日には、連日続く体調不良の原因を追究するために、薬とサプリメントの服用を中止する旨をブログ KOKOROで綴っています。
しかしこれは、11月30日現在も抗がん剤は投与しておらず、口の中から入れる薬とサプリメントで闘病しているということを意味しているのです。

 

痛み止めを投与し、子供たちと幸せな生活をするQOL向上も大切なのですが、抗がん剤投与を中断している以上、乳がんが進行している可能性も否定はできません。
ちなみに、小林麻央さんはブログKOKOROでこのように書いています。

今日は、主人と話し合いをしていました。

今や今後の治療、それについての考え方など。
真剣に。

これは、小林麻央さんたちも新しい何かを考えている・・・ということになります。

ここは前向きに捉えることにしましょう!!
悪い風に考えればキリがありませんからね。

 

小林麻央さんも、同じく乳がんで闘う方からいろいろな意見を聞いているらしく、ブログ KOKOROでは・・・

『余命数カ月と言われた状態から20年生きている方が、「自分にとって一番の医者は、自分、になること」と仰っていた。』
と書いていました。

冷静に読めば、問題ない文章なのですが、仕事の合間に見た私は、小林麻央さんが余命数カ月と言われたのか??と早とちりしてしまったのです。
それだけ、小林麻央さんのことが心配で仕方ないのですが、今後はもう少しちゃんと読むことにします・・・
でも、小林麻央さんが余命数カ月と言われたのではなくて、本当にホッとしました。

 

願いは叶う・・・イメージできるものは現実化する・・・と言った、偉い人がいるらしいです。
かつて見たビデオ・・・『ザシークレット(引き寄せの法則)』・・・。
都合がいいかもしれませんが、今は引き寄せの法則を信じてみたいと思います。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。


スポンサーリンク




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る