小林麻央 再入院した12月!11月からの体調不良は改善せず、再入院の決断!クリスマスも病院で祝うことになってしまうのか?!

小林麻央 再入院した12月!11月からの体調不良は改善せず、再入院の決断!クリスマスも病院で祝うことになってしまうのか?!

小林麻央さんが12月に再入院したことが報じられ、再入院後の治療方法や再入院の理由など、ネットでは検索が急増しています。
12月中旬を過ぎ、子供たちが楽しみにしているクリスマス直前の再入院・・・

小林麻央さんはクリスマスを病院で過ごすことになってしまうのでしょうか?
今回は、11月からの体調不良の治療のためか??12月の再入院を発表した小林麻央さんに注目してみました。

《小林麻央 再入院は11月からの体調不良が原因》

小林麻央 再入院した12月!11月からの体調不良は改善せず、再入院の決断!クリスマスも病院で祝うことになってしまうのか?!11

以前から、再入院を勧めらるも、自宅療養を断固として貫いた小林麻央さん・・・。
11月から訴えている喉の痛みなどの体調不良も積み重なったのか、結局12月に断念して再入院することになりました。

「本当は自宅にいたかったので、気力で復活させようとしてきたのですが」と、強い闘争心を見せた小林麻央さんに少し安心したのですが、やはり担当医の意見を素直に聞きたくなるほど、体調は悪かったのでしょう。
「今は頑張るときではないよ。医療の力を借りて回復させよう」と担当医に勧められたことがきっかけで、12月の再入院が決まった小林麻央さん。
「ここ最近の踏ん張りを一度、休止することにしました」と、頑固な信念を曲げて、今回は再入院を選択したのです。

再入院の目的は明白・・・11月から続いている体調不良でしょう。
9月や10月も抗がん剤の副作用との闘いで体調が悪いことには変わりはなかったはずですが、11月から始まった放射線治療の副作用は本人の想像を絶するほどひどかったのか?ブログKOKOROの更新が完全にストップしてしまうほどだったのです。

今は頑固なプライドよりも体調!!
小林麻央さんの気持ちも分からなくはないですが、12月の再入院・・・個人的には賛成です。


スポンサーリンク





 

《小林麻央 再入院後の治療方法は!?》

小林麻央 再入院した12月!11月からの体調不良は改善せず、再入院の決断!クリスマスも病院で祝うことになってしまうのか?!5

おそらく、強力な痛み止めを使用した緩和ケアではないか??と思っています。
少し知識がある方であれば、ご存知でしょうが、乳がんの治療には抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン治療、飲み薬などがありますが、小林麻央さんの場合は放射線治療を強烈な副作用に耐えながら終わったばかりのなので、これから再度やるとは思えません。

それと、再入院=抗がん剤とついつい考えてしまいますが、小林麻央さんの体はおそらく・・・抗がん剤治療には耐えられないのはないか??と思っています。

骨まで転移している小林麻央さんの体はかなり衰弱しきっており、健康の方から想像もできないくらい、免疫力も低下しているはず・・・。
なので、根拠は曖昧ですが、抗がん剤治療もないと思ってしまうのです。

 

そうなった場合、12月の再入院後、どんな治療をするのか??ということになりますが、やはり痛み止めの投与ではないでしょうか?
ネットではオプジーボやゾメタという具体的な薬が騒がせていますが、小林麻央さんがコメントしたわけではないので、可能性は微妙です。

どちらにせよ、再入院の目的は小林麻央さんが女性らしく、人間らしく、そしてママらしく生活できるための治療だと、私は思っています。
強い確信はありませんが、おそらく12月の再入院は11月から続いた体調不良の緩和と痛み止めではないか??と思っています。


スポンサーリンク





 

《小林麻央 再入院の12月!クリスマスは病院か?》

小林麻央 再入院した12月!11月からの体調不良は改善せず、再入院の決断!クリスマスも病院で祝うことになってしまうのか?!2

根拠はありませんが、個人的な勘としては、小林麻央さんはクリスマス前に退院すると思います。

それは以前に、麗禾ちゃんの運動会の参加という第一の目標を達成していた時、小林麻央さんの病状は回復の兆しを見せず、運動会参加は絶望的という見解がされていた時と似ているのです。

『運動会参加は無理だろう』と誰もが思っていたそんな矢先、予想しなかったQOLの手術の報告がされます。

手術といっても、根本的に乳がんを死滅させる根治手術ではなく、小林麻央さんが人間らしく、母親らしく生きるための手術「Quality Of Life」・・・。

その後のブログKOKOROで、QOLの手術後は抗がん剤投与を中断したことが綴られており、おそらく強烈な痛み止めを合わせて投与したせいか、今までには見れなかったような、家族の笑顔の写真を見ることができたのも、その時でした。

 

思い出してください・・・。
それは小林麻央さんの第一の目標、麗禾ちゃんの運動会参加を叶えるためだったのです。

そして12月・・・
市川海老蔵さんの誕生日は終わりましたが、小林麻央さん一家にとって、クリスマスは子供たちが最高の笑顔を見せるビックイベント!!
おそらく、小林麻央さん第二の目標として掲げられているはずです。

 

勘のいい方はお気づきになられたことでしょう・・・。
おそらく、今回の小林麻央さんの再入院は年末、安心して家族と過ごすための治療ではないか??と思っています。

つまり、年末に病院にいたのでは意味はなく、子供たちのためにも、なんとしてでもクリスマスには退院をさせるはずなのです。

ここからは非常に書くのが辛いのですが・・・再入院の小林麻央さんが取り組む治療は、治療と言っても緩和ケア治療だと思います。

つまり、乳がんを死滅させることはすでに不可能にレベルまで全身転移しているため、子供たちの前で笑顔でいられるように、痛み止めなどを投与する・・・という治療法ではないでしょうか?

延命治療とも言われるものなので、書くのが辛いのですが、11月後半から12月にかけての、小林麻央さんの体調不良を見る限り、どうしてもそのように思えて仕方ないのです。

 

小林麻央さんは再入院を強く拒んだと自ら告白しています。
小林麻央さん本人は、頑固な性格と言っていますが、本当は子供たちとの時間を減らされるのが辛いからではないでしょうか?

だから・・・小林麻央さんはクリスマス前に絶対退院すると思っています。
仮に退院できない状態であっても、退院すると思っています。

なぜか・・・小林麻央さんにとって、何よりも大切にしたい愛する「家族」だからです。

 

今回は、12月に入り、再入院をした小林麻央さんについて、自分なりの考察をまとめてみました。
余命は年内ではないか??という縁起でもない予想がネットで流れていますが、最高のクリスマス写真をアップして、そしてお正月の写真をアップして、それを完全否定してほしいものです。

少しずつでも構いません!!小林麻央さんの回復を、これからもずっと・・・願っています。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る