小林麻央 実家の母や世田谷区住所を調べる行為に激怒!今も消えない報道陣に増す、市川海老蔵の悲痛の叫び!小林麻央の実家前から報道陣が消える日は来るのであろうか?

小林麻央 インタビュー内容に集まる注目!終活、遺言と様々な噂が広がる中、彼女が伝えたい内容は何だったのか⁉123

小林麻央の実家には、父と別居中の母が住んでいると言われており、小林麻央が療養中との噂を聞きつけたマスコミが、世田谷区の住所を調べて張り込みを続けている。

何度も実家前の取材の自粛を訴える市川海老蔵。

果たして、小林麻央の実家前のマスコミが撤退することはあるのであろうか?

今回は、実家が世田谷区と言われている、小林麻央の実家にまつわることについて、まとめてみた。

【小林麻央 実家の母について】

 

小林麻央の母親は完全な一般人のため、名前はもちろんのこと、画像なども一切公表はしない。

それを前提でお読みいただきたいのだが・・・。

 

小林麻央と小林麻耶を娘に持つ母親は、それはもう美人であろう。

小林麻央と小林麻耶から伝わってくる上品さと、一流大学出身の美人姉妹を産むほど知的な魅力を兼ね備えた方ではないだろうか?

小林麻央 実家の母や世田谷区住所を調べる行為に激怒!今も消えない報道陣に増す、市川海老蔵の悲痛の叫び!小林麻央の実家前から報道陣が消える日は来るのであろうか?2

なお、小林麻央の父親は建設会社社員や、銀行員とも言われており、正確は情報はつかめていない。

噂によると、父親の浮気によって、現在小林麻央の実家の母親と父親は別居しているという噂もあるが、この辺は定かではない。

 

ただひとついえることは、小林麻央と小林麻耶はもともと新潟県小千谷市に生まれで、父親の仕事の転勤によって埼玉県与野市、兵庫県西宮市、東京都荒川区と中学生までは転々としていたという事実である。
現在の実家の住所と言われている世田谷には中学生のころ引っ越ししてきたと言われており、高校は國學院高等学校、大学は上智大学文学部心理学科卒業している、まさに美人エリートなのである。

ちなみに、姉の小林麻耶も青山学院大学文学部英米文学科を卒業しており、まさに絵に描いたような美人エリート姉妹と言えよう。

 

世田谷区の住所に住んでいると言われている、小林麻央の母親は一般人ということなので、これ以上は分からないが、少なくても現在は娘の看病で精神的にも体力的にも、疲労が極限状態だと思われる。

姉の小林麻耶も体調を壊している為、二人の面倒をみる、実家の母親の体調も非常に心配である。

おそらく、小林麻央の実家に住む母親にとって、小林麻央の子供・・・孫の笑顔が最高の宝物ではないだろうか?

 

今、小林麻央の実家の母親は娘の看病で本当に頑張っている。

だから、本人たちを困らせることなく、小林麻央の回復を願いながら、暖かい目で見守るのが私達にできる最善のことのはずである。

しかし・・・、実際は違った。

小林麻央の実家について、世田谷区が住所である・・・と判明するほど、マスコミが張り込みを続ける毎日が今でも続いているのである。


スポンサーリンク





 

【小林麻央 実家世田谷区の住所を調べて見に行く人多数】

小林麻央 実家の母や世田谷区住所を調べる行為に激怒!今も消えない報道陣に増す、市川海老蔵の悲痛の叫び!小林麻央の実家前から報道陣が消える日は来るのであろうか?3

小林麻央の母親が住む実家の住所は世田谷区であることは、皮肉にも有名な話である。

小林麻央が病気だからと行って、引っ越すわけにもいかず、これに関してはどうしようもないことなのである。

 

小林麻央の実家の前にヤジウマが押しかけることは、本人たちの精神的苦痛を与えるだけでなく、近隣の方にも迷惑をかけることにもつながる。

市川海老蔵が何度も小林麻央の実家に押しかけることに関する自粛を訴えかけるも、今もなおマスコミがいるらしいのである。

 

家事現場を見に行きたがる人もいれば、救急車の音につられて走る人もいる。

少しキツイ言い方になるが、そういう人の共通点は、『人の不幸を見て、自分はまだマシだ!!と感じ、絶対的ではなく、相対的に自分の幸せを感じる傾向あがある人・・・』ということである。

 

こんな言い方は変かもしれないが、小林麻央の実家を見てどうするのだろうか?

小林麻央が毎朝出てきてジョギングをするのなら、有名人であることから、見てみたい・・・という気持ちも分からないでもないが、可能性としてそんなことはありえない。

なぜ、小林麻央の実家の前で張り込みをするのであろうか?

 

私も個人的には、市川海老蔵の気持ちを尊重してほしいと願っている。

なお、ネットでも市川海老蔵の気持ちに賛同の声は上がっており・・・


・・・という、怒りにも取れるツイートが多く寄せられているのである。

 

しかし、それでもなお続いている、小林麻央実家の前での張り込み。

静かに見守っていただくことはできないのだろうか?

私は小林麻央とは他人だが、私からもマスコミの方にお願いしたい・・・。

 

そんな気持ちになる1日だった。


スポンサーリンク





スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る