小林麻央 手術 QOLとは、どんな手術で、余命を伸ばすことに関係するのか?ブログKOKOROで明かされたQOLに迫る!!

安田美沙子 旦那 下鳥直之の実家が資産家という噂!下鳥という苗字の珍しさか?実家に注目が集まる理由とは⁉100

小林麻央さんがブログKOKOROで明かした手術、そしてQOLという言葉・・・。

手術は成功したとのことですが、これは注目されている、小林麻央さんの余命にどう関係するのでしょうか?

そもそも、小林麻央さんが行った手術のQOLとはどんな手術を意味するのでしょうか?

今回は、小林麻央さんがブログで示した手術、そしてQOLという言葉の意味にクローズアップしてみました。

《小林麻央 手術(局所コントロール)で追求したQOLとは何か!?》

 

小林麻央 手術 QOLとは、どんな手術で、余命を伸ばすことに関係するのか?ブログKOKOROで明かされたQOLに迫る!!

 

小林麻央さんがブログKOKOROで、使用した言葉は3つありました。

QOL、根治手術、局所コントロールです。

 

これは果たしてどんな意味を示しているのでしょうか?

詳細に説明すると、膨大な文章量になるため、ここではごく簡単に説明させていただきます!

 

◆QOLとは「Quality Of Life」が正式名称で、生活の質を表し、どれだけ人間らしく!自分らしい生活を送れるか!人生に幸福を見出しているか!という、生きる上での尺度のことを意味しています。

 

◆局所コントロールとは、乳がんで言えば、切除手術を行い、完治を目指す処置ができないほど進行していた場合、放射線治療や化学療法でがんの進行を遅らせたり、がんを縮小させる目的で行う治療方法を意味します。

◆根治手術は局所コントロールと対義語にあたり、上記で書いたように、完治を目指す手術を意味します。

 

・・・というように、小林麻央さんはあえて、難しい専門用語を使用し、ブログKOKOROを書いたのです。

 

 


スポンサーリンク




 

《小林麻央 手術でQOLを目指し、余命は延びるのか?》

 

小林麻央 手術 QOLとは、どんな手術で、余命を伸ばすことに関係するのか?ブログKOKOROで明かされたQOLに迫る!!2

 

次に、先述したQILを目指した、局所コントロールの手術は余命を延ばすことができるのでしょうか?

小林麻央さんが行った手術を解読すると、自分なりの解釈ではこのようになると思います。

 

『乳がんがステージⅣまで悪化し、肺や骨に転移をしてしまっている。
よって、ステージⅠで行う手術のように乳がんの部分を切除し、完治を目指すような根治手術は意味を成さない。

そこで、今は根治手術とまで行かなくても、乳がん退治で一歩前進するために、局所コントロールを行う。
局所コントロールを行い、まずは放射線治療や化学療法でがんの進行を遅らせたり、がんを縮小させよう。

そして、今は小林麻央さん自身の気持ちを大事にし、痛みから少しでも解放させてあげよう。
そうすることによって、どれだけ人間らしく、自分らしい生活を送れるか?人生に幸福を見出しているか?を小林麻央さんに感じてもらい、乳がんと闘い続ける強い意志を持って、これからの治療を乗り切ってもらおう!!』

 

・・・という感じだと思います。

 

そう解釈した場合、今回の根治手術とはいえない、局所コントロールとQOLの手術は余命を延ばすことにつながるのでしょうか?

私は医者ではないので、確実なことは言えませんが・・・残念ながら、今回の手術と余命は直接はつながっていないように思えます。

 

もちろん、余命が短くなることはありませんが、余命というより、小林麻央さんの体をこれからも乳がんと闘えるように、整えた・・・という言葉のほうが正しいように思えるのです。

 

今回の手術・・・是非、余命を長くする最高の手段であってほしいものです。

 

 


スポンサーリンク




 

《小林麻央 なぜQOLという言葉を使用したのか?》

 

小林麻央 手術 QOLとは、どんな手術で、余命を伸ばすことに関係するのか?ブログKOKOROで明かされたQOLに迫る!!3

 

小林麻央さんが書いているブログKOKORO・・・。

どれだけ多くの人が毎日のように閲覧し、毎日のように感動しているのか??小林麻央さん自身も良く分かっているはずです。

 

通常、そうなった場合、万人が見ても読みやすい文章にするのが普通・・・。

にも関わらず、小林麻央さんはあえて、局所コントロールやQOL、根治手術と言った、医者しかしらないような専門用語を羅列しているのです。

 

それはなぜでしょう??

これは自論ですが、小林麻央さんはあえてそのような言葉を使用し、疑問に思ったブログ読者が自身で言葉を調べることによって、病気に対する関心と予防をしっかりしてほしい・・・と願っているのではないだろうか??と思うようになったのです。

 

それは読者だけではありません。

死相が見える、余命が3ヶ月、目の周りが黒い・・・と散々なことを言われても、小林麻央さんは自身の顔をブログにアップしていますよね??

これって、小林麻央さん自身が自分に課していることではないでしょうか?

 

顔色が悪い自分の顔は、誰だって人に見せたくないものです。

ましてや、芸能人ですから・・・。

 

そう考えると、小林麻央さんの意思表示にも思えてくるのです。

私も向かい合っています・・・と。

 

だから、そんな小林麻央さんの勇気を尊重し、今後は死相などの言葉が消えることを望んでいます。


スポンサーリンク




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る