小林麻央 放射線治療の効果と副作用!治療後の写真で心配される今後・・・意味深な発言が気になる!

致死性不整脈 症状と原因に集まる注目!心室細動も浮上し、松野莉奈さんの死因として診断書が書かれた病名にクローズアップ!!

小林麻央さんが終了を報告した放射線治療。

その効果と副作用が非常に気になるところですが、最近は意味深でネガティブな発言が目立つようになりました。

放射線治療は小林麻央さんの闘病生活にどのような効果をもたらしたのでしょうか?

今回は25日間の治療期間を乗り切った、放射線治療に注目してみました。

◆小林麻央 放射線治療の効果はあったか?

小林麻央 放射線治療の効果と副作用!治療後の写真で心配される今後・・・意味深な発言が気になる!8

高い治療費をで払って、辛い思いした25日間・・・効果があったのは当然の話です。

そもそも放射線治療で見込める効果ですが、もともとは手術によって切除することなく、がんに対して同じような治療効果が期待できます、

手術しなくても、同じような効果が期待できるといことで、とても頼もしい治療法なのです。

 

がん細胞をそのまま消滅させるためにも使用される放射線治療ですが、その他にも手術などと併用して行われることがあり、その場合は再発防止で行われることがあります。

その他にも、骨に転移しているしまっている場合など、痛みを和らげたり、神経を圧迫してしびれや痛みの原因になっているがんを治療する目的としても放射線治療は行われ、小林麻央さんの場合はこのパターンではないでしょうか?

 

骨への転移を告白した小林麻央さん・・・。

私のように医学の素人が聞くと、骨の転移=死ではないか??と思いがちですが、実際はそんなことはないようです。

むしろ、骨に転移したがんがもたらす最大の症状は痛み!!

痛み止めを飲んでいたと思われる小林麻央さんですが、おそらく放射線治療も骨の転移による痛み軽減で行っていたのではないでしょうか?


スポンサーリンク





 

◆小林麻央 放射線治療の副作用!

小林麻央 放射線治療の効果と副作用!治療後の写真で心配される今後・・・意味深な発言が気になる!3

抗がん剤は副作用がある・・・というのは、一般的な常識ですが、意外と知られていないのが放射線治療のによる副作用です。

ちなみに、放射線治療の場合副作用は個人差があり、放射線を投射する場所によっても副作用は異なるようです。

放射線治療による代表的な副作用には、倦怠感や微熱、そして頭痛などがあり風邪の症状と似ているとも言われています。

実際に小林麻央さんもブログ KOKOROで風邪で体調が悪い日が続いたような記載をしていますが、おそらく放射線治療による副作用だったのだと思ってます。

抗がん剤の副作用は、私の身近で経験者がおり、常に見てきたので本当に大変なのは伝わってきました。

しかし、その人物も放射線治療は行っていなかったので、副作用は目の当たりにしていません。

なんとなく、素人の勘で抗がん剤の副作用の方がすさまじいと思ってしまいますが、小林麻央さんの場合は抗がん剤の副作用と闘っている時よりも、放射線治療の副作用と闘っているときのほうが、ブログ KOKOROの更新頻度が少ないことから、辛かったのでは??とついつい考えてしまいます。

放射線治療の副作用・・・小林麻央さんの場合は、命の危険を感じるほど辛いものだったようです。


スポンサーリンク





 

◆小林麻央 放射線治療は余命に影響を与えたか

小林麻央 放射線治療の効果と副作用!治療後の写真で心配される今後・・・意味深な発言が気になる!2

放射線治療の副作用と闘っている時の小林麻央さん・・・。

しきにり喉の痛みを訴えており、その期間も長かったように思えます。

風邪であれば数日でしょうが、彼女の場合はもっと長かったのです。

おそらくですが、放射線を首の半分に投射し続けたことによって起こった副作用だと思われます。

後に担当医から説明があったようですが、喉の痛みと闘っている時は、それを知らなかったようで、その気持ちはブログ KOKOROの文面でも表れています。

 

『想像以上に放射線の副作用が強く、すこぶる体調が悪い。

喉の痛み、背中の痛み、放射線の副作用だとは教えてもらえず、不安が強すぎた。

それが精神的に、かなりの打撃だった」

文面から、医師に対する不信感??すら感じてしまうほど。

もちろん、小林麻央さんは担当医に対して絶対的信頼を置いているはずなので、それはないと思いますが、不信感すら感じてしまうような辛さだったことが書かれています。

 

では、それほど辛い思いをした25日間の放射線治療。

果たして、小林麻央さんの余命にどの程度影響しているのでしょうか?

 

それは分かりません・・・。

乳がんでもステージが軽度であれば、放射線治療で治る可能性はあります。

しかし小林麻央さんのように、骨まで転移が広がっているステージ4にもなると、痛み止めやガン細胞の転移を食い止めるのが精一杯ではないでしょうか?

 

「明日死ぬかのように今日を生きろ と、言うけれど、病気の時は ずっと生きるかのように、今日を生きろ くらいが、丁度良いと思った。今の私には」

 

という言葉が、私の頭に残っています。

以前はポジティブな前向きな発言をしていた小林麻央さんですが、今は休むことすら恐怖と言っているのです。

そう考えると、具体的な余命・・・すでに告知されているかもしれません。

 

そんな小林麻央さんにい『頑張れ』という言葉は酷かもしれません・・・。

しかし、それでも言わせてください!

どんな時でも、小林麻央さんの回復を応援しています。

だから諦めないでください・・・。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る