小林麻央 現在の病状 9月の最新情報と完治の可能性!消えない「余命」という言葉!小林麻央にまつわる光と影について考えてみる!

小林麻央さんの現在の病状について、9月に入り最新情報は常にブログKOKOROで更新されています。

そんな中、完治の可能性について調べる人、小林麻央さんの余命について調べる人が続出!

ステージⅣであることが明らかになった小林麻央さんの完治の可能性が難しい・・・ということなのでしょうか?

今回は、ステージⅣであることが明らかになった、小林麻央さんの9月現在の最新の情報と、乳がんの完治の可能性、そしてそこから見える「余命」についてまとめてみました。

《小林麻央 現在の病状!9月の最新情報のまとめ》

 

2016年6月に市川海老蔵さんの衝撃の会見で明らかになった小林麻央さんの乳がん。

フライデーで報じた腹水疑惑画像などから、余命は3ヶ月と、根拠のない噂が広がっていました。

小林麻央 現在の病状 9月の最新情報と完治の可能性!消えない「余命」という言葉!小林麻央にまつわる光と影について考えてみる!

 

そして2016年9月現在・・・小林麻央さんは必死に乳がんと闘っています。

そして8月に世間を驚かせた、ブログKOKOROの掲載開始!

収入目的と言われてながらも、毎日前向きな内容を更新している小林麻央さんに私は勇気をもらっています。

 

それでは、小林麻央さんが8月から開始したブログKOKOROの情報を参考に、小林麻央さんの9月現在の最新の病状についてまとめてみましょう!

ブログKOKOROをお読みの方も多いと思うので、ここでは小林麻央さんの9月の最新情報に関して、箇条書きでまとめさせていただきました。

 

小林麻央 現在の病状 9月の最新情報と完治の可能性!消えない「余命」という言葉!小林麻央にまつわる光と影について考えてみる!2

◆以前から抗がん剤治療を続けてきたが、現在も抗がん剤治療は継続している。

◆抗がん剤の一つはタキソールで、肺や骨の転移したがんの治療を行い、肺転移は症状緩和と骨転移も痛みを軽減している。

◆病院は慶應義塾大学病院で、緩和ケアセンターにいるのではないか??と言われている。

◆肺と骨への転移を告白し、ステージⅣであることは確定!

◆乳がんステージⅣでありながらも、食欲旺盛であることをブログで告白!確かにふっくらしてきた。

 

・・・とこんな感じでしょう。

このブログでも随所随所に書いていますが、小林麻央さんの乳がんはリンパ節から転移が始まり、骨と肺へ転移した結果、現在はステージⅣであることが明らかになったのです。

 

 


スポンサーリンク





 

《小林麻央 9月現在の病状の最新情報から見る、完治の可能性と余命》

 

小林麻央 現在の病状 9月の最新情報と完治の可能性!消えない「余命」という言葉!小林麻央にまつわる光と影について考えてみる!3

 

小林麻央さんの9月現在の最新の病状をご覧いただいたところで、ここから現実的な話に移行していきます。

 

まず、最初に申し上げておきたいのですが、私は小林麻央さんの奇跡の完治と復活!そして家族と数十年行き続けることと、その奇跡を信じています!それはまず最初に言わせてください。

 

しかし・・・現実を見ると、かなり厳しい状況なのです。

まず、乳がんステージⅣが明らかになった小林麻央さんですが、ステージⅣの場合、薬による治療や抗がん剤治療、ホルモン療法が中心になり、手術はしないのが一般的です。

その理由は・・・乳がんがステージ4になると、手術して乳がんを取り切ったところで、完治することが難しいからなのです。

 

手術をしないのではなく、しても仕方ないこと医師が判断しており、抗がん剤によって、がん細胞の更なる転移を遅らせることが精一杯と言われている・・・これこそが乳がんステージⅣの現実なのです。

 

では、小林麻央さんのようにステージⅣでも完治の可能性はあるのでしょうか?

 

この世に完全なる100%はありません・・・が、かなり難しいと思います。

その証拠に、先述しましたが、ステージⅣの場合は転移の進行を食い止める抗がん剤や、痛みを和らげる抗がん剤の投与が中心となり、がん細胞を消滅させるような治療が行われていないのが現状なのです。

 


スポンサーリンク





これは素人の私が調べた上での見解ですが、最後に乳がんに詳しい『ブレストピア宮崎病院』の柏葉匡寛副院長のコメントを引用させていただきたいと思います。

 

小林麻央 現在の病状 9月の最新情報と完治の可能性!消えない「余命」という言葉!小林麻央にまつわる光と影について考えてみる!5

『彼女が行っているのは緩和的化学療法だと思われます。症状の緩和や症状発現の先送りなどのための治療で、具体的には腫瘍の進行を抑えたり、症状の予防を目的とするものです。

~途中省略~

乳がんから骨に転移しているため、ステージ4に該当するといえるでしょう。ただし平均生存期間には個人差があって、10年経っても元気な方もたくさんいらっしゃいます。また医療の進歩によって、再発や転移乳がん患者の予後は日に日によくなってきています。だから麻央さんも不安にかられることもあるでしょうが、希望を持ってほしいと思います』

 

・・・とのことです。

これに関してはプロの発言ですから、かなりの信憑性がありますよね。

 

ちなみに、私が注目したのは、柏葉匡寛副院長がコメントしたこの部分でした。

赤字に色を付けた『ただし平均生存期間には個人差があって、10年経っても元気な方もたくさんいらっしゃいます。』です。

これは裏を返せば、小林麻央さんも場合によっては10年以上生きる可能性がある!無理と決まったわけではない・・・という感じではないでしょうか?

 

小林麻央さんは現在34歳です。

もしかしたら、10年生きられるかもしれない・・・それほど、乳がんステージⅣは重く大変な病気なのです。

 

 

・・・でも、世の中には奇跡はあるのです!!

奇跡が存在するから「奇跡」という言葉が作られたのです!!

 

 

子供達とクリスマスを一緒に過ごすと約束した小林麻央さん・・・。

何度も言いますが、私は小林麻央さんの完治の奇跡を信じ、そして願っています!!

だから、諦めないで!!


スポンサーリンク





 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る