小林麻央 痛みは末期と余命の短さを意味するのか?!酵素風呂に入るも、止まない骨の痛みから分かるものは!?

小林麻央 痛みは末期と余命の短さを意味するのか?!酵素風呂に入るも、止まない骨の痛みから分かるものは!?100

小林麻央さんが訴える骨の痛み・・・それは、乳がんステージⅣ特有の骨転移を示しています。

小林麻央さんの余命は12月もあぶない、年内か??と言われてきましたが、無事に年を越しました。

しかし4月になった今、骨に転移したことによる強烈な痛みに加え、肺転移による止まらない咳と息切れの症状を小林麻央さんは訴えています。

小林麻央さんが訴えている骨の痛みは末期ガンを意味していますが、それは余命の短さに必ずしもつながるのでしょうか?

今回は、小林麻央さんがブログ KOKOROで綴っている骨転移の話し、そして転移による骨の痛み・・・そこから予想される余命との関係について考察をまとめてみました。

《小林麻央 痛みは末期ガンを意味するのか!?》

小林麻央 痛みは末期と余命の短さを意味するのか?!酵素風呂に入るも、止まない骨の痛みから分かるものは!?9

まず最初に厳しい現実から書く必要があります。

小林麻央さんがブログ KOKOROで常に『痛み』について書いていますが、それは彼女が闘っている乳がんが骨に遠隔転移しているために起こっているのです。

そう・・・乳がんが遠隔転移している時点で、ステージⅣを意味しており、その時点で5年後の生存率は30%前後・・・。

ここでは細かい数字の明記はしませんが、5年後に生きている人は10人に3人くらい・・・と非常に厳しい状態を示しているのです。

乳がんのステージで末期がステージⅣ!
乳がんのステージⅣは最も末期を示しており、ステージⅣ以上はありません。

よって、小林麻央さんが訴える痛みは、乳がんが骨に転移したことによる痛みなので、末期がんを意味しています。

 

そんな小林麻央さんですが、最近のブログ KOKOROでは骨の痛みも、以前によりも頻繁に書かれる様になりました。

なお、最近のブログ KOKOROで小林麻央さんは痛み止めの効きが悪くなってきたことと、家族に痛みを訴えています。

『「苦しい、痛い、疲れた」と家族の前で、口に出して言ってしまう時があります。』 

小林麻央さんがブログ KOKOROで綴ったさりげない1文・・・ここに小林麻央さんの骨の痛みの訴えが詰まっている気がします。

読んでいて辛くなりました・・・。

 

2017年4月になった今は更に悪化して、痛みに耐えきれず眠れない夜について書いているのです。

『昨日の夜中は 久しぶりに痛みのレスキューを飲むために起き上がりました。』

ここで言うレスキューは痛み止めのことで、以前に小林麻央さんが書いたオキノームではないでしょうか?

薬の名前は定かではありませんが、私たちが服用する頭痛薬のレベルではないことはお分かりいただけるでしょう。

小林麻央さんに襲い掛かる末期がんの症状・・・想像を絶する辛さなのです。
スポンサーリンク



《小林麻央 痛みは余命の短さを意味するのか?!》

小林麻央 痛みは末期と余命の短さを意味するのか?!酵素風呂に入るも、止まない骨の痛みから分かるものは!?5

部分的にはYESですが、部分的にはNOです。

先述したように、小林麻央さんの痛みは骨への転移ですから、その時点で末期がんのステージⅣを意味します。

ステージⅣである時点で、余命は短く当然生存率は低いです。

しかし、小林麻央さんが訴える骨の痛み=骨への転移は死につながるものではありません、

 

死ぬほど痛いのは事実ですし、骨折しやすいほど骨がもろくなるのも事実です。

しかし、乳がんが骨に転移しても、直接心臓を止めてしまうことはないのです。

 

つまり乳がんの骨への転移は、強烈な痛みを辛さを伴いますが、直接は余命に影響しない・・・ということになるのです。

そんなことから、小林麻央さんの痛みは余命に『部分的』には影響する・・・とさせていただきます。

 

ただ、骨転移よりも命に関係するのが肺転移ではないでしょうか?

2017年4月現在、小林麻央さんは息切れと咳が止まらないことをブログ KOKOROで綴っています。

この息切れと止まらない咳は紛れもなく肺転移による症状です。

肺転移の症状は悪化した場合、胸水を溜めて呼吸困難を引き起こし、最悪の場合は死に至ることもあるのです。

 

小林麻央さんの場合は骨転移による全身の痛みと、肺転移による息苦しさや咳が止まらないことを訴えています。

骨転移が死を意味することはないと言われていますが、肺転移の場合は死につながることもある・・・ということなのです。
スポンサーリンク



《小林麻央 痛みと酵素風呂!今後はどうなる?》

小林麻央 痛みは末期と余命の短さを意味するのか?!酵素風呂に入るも、止まない骨の痛みから分かるものは!?2

小林麻央さんが年末でブログ KOKOROに、ある写真を掲載しました。

それは姉の小林麻耶さんと試した酵素風呂!!

がんとの闘病との関係が強い酵素風呂ですが、一見すると見た目は土に埋まっているように見えます。

 

酵素風呂は市川海老蔵さんが京都のあるお店で発見して、ガン患者にいいと聞きつけて小林麻央さんに勧めたと言われています。

酵素風呂の効果としてして見込まれているのは、42.5℃以上の体温を維持し、ガン細胞のみを死滅させることや、抗がん剤の副作用による痛みや倦怠感を緩和するという効果があるそうです。

 

気になる酵素風呂の場所ですが、小林麻央さんの場合は出歩くことが難しいため、市川海老蔵さんの豪邸のお風呂に自作したのでは??と言われています。

なんせ、お風呂だけで10坪あると言われていますので、それも可能なんですね・・・。

 

骨に転移したことによる痛みの緩和にもなる酵素風呂・・・おそらく、今後も小林麻央さんは継続するのではないでしょうか?

痛みが緩和されたことを口にしたとき、姉の小林麻耶さんは泣いたそうです。

おそらく、それだけ小林麻央さんの病状はあぶないのかもしれません・・・。

 

今は小林麻央さんがどのような治療を行っているかは分かっておりませんが、おそらく抗がん剤を再開し、抗がん剤の副作用と骨転移の痛みと闘っているのではないでしょうか?

その後『これから、痛みのある部位だけに放射線をあて、痛みの軽減も期待します。』と、あれだけ副作用で辛い思いをしていた放射線治療の再開も告白していました。

 

11月中旬、ブログ KOKOROの更新が一時期止まった時、その理由を放射線治療の副作用による喉の痛みだと小林麻央さんは書いています。

喉が焼けるように痛く、相当しんどかったように綴られているのです。

小林麻央 痛みは末期と余命の短さを意味するのか?!酵素風呂に入るも、止まない骨の痛みから分かるものは!?99

それでも放射線治療の再開を決心したということは、全身の骨の痛みはそれを上回る・・・ということになってしまいます。

骨の痛み・・・小林麻央さんが痛感している骨の痛みは、もはや文字で表すことはできないでしょう。

 

その痛みは2017年4月になった今も続いており・・・むしろ悪化しているようです。

マンションに引っ越した小林麻央さんですが、自宅ではない場所で再び酵素風呂へ・・・。

小林麻央 痛みは末期と余命の短さを意味するのか?!酵素風呂に入るも、止まない骨の痛みから分かるものは!1110

酵素風呂の様子は以前の写真と変わりませんが、今回の写真は首元にモザイクがかかっていることから、皮膚転移が悪化しているのでは??と、いろいろ推測を読んだ1枚でした。

 

今日は4月12日・・・。

小林麻央さんが最後にブログ KOKOROを更新してから2日間が経とうとしていますが、いまだに更新がされていません・・・。

とても心配です・・・。

 

今は小林麻央さんの体から痛みが徐々に弱まり、病状が少しずつでもいいので回復方向に進むことを望んでいます・・・。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る