小林麻央 10月現在の病状!最新情報 手術成功で完治の可能性や余命は判明するのか?!クリスマスの約束に注目が集まる!

小林麻央 余命を1月最新のブログ KOKOROで分析!ブログ記事で見る病状を再分析してみる!8199

小林麻央さんの現在の病状が、10月に入り、最新情報が更新され、その中に手術の成功がありました。

手術が成功したからと言って、まだまだ油断ができず、これから辛い闘病生活は続きます。

ブログKOKOROで明かした、クリスマスを一緒に過ごすという、子供達との約束は果たせるのでしょうか?

今回は、手術成功を発表した、小林麻央さんの10月現在の最新の病状に関して、そして完治の可能性と、噂される余命についてクローズアップしてみました。


スポンサーリンク




《小林麻央 10月現在の病状に関する、最新情報は手術成功だった!》

 

小林麻央 10月現在の病状!最新情報 手術成功で完治の可能性や余命は判明するのか?!クリスマスの約束に注目が集まる!2

 

6月に市川海老蔵さんが記者会見をしてから、いつか?いつか?と思っていた手術・・・。

私の身内にも乳がん闘病した人物がいますが、治療方法は手術と抗がん剤、そしてホルモン剤の投与でした。

 

その闘病生活を見ていたので、最初に小林麻央さんの乳がんの発表を聞いたとき、手術はいつだろう??と常に思っていたのです。

しかし、いつになっても、小林麻央さんの手術の噂は浮上しません。

 

6月の市川海老蔵さんの会見以降、良からぬ噂だけが一人歩きし、市川海老蔵さんが報道内容に対して、怒りを露わにするシーンを何度も見ました。

なぜなら、小林麻央さん乳がんのステージに関しても、治療方法や入院先など、なぞが多すぎたのです。

 

しかし、その後衝撃の新展開を見せます。

小林麻央さんの乳がんが発覚してから数ヶ月後でしたが、ここまで来るのには非常に長く感じました。

 

小林麻央さんがブログKOKOROをアメブロで開設!!

アクセスランキングであっという間に1位になるほど、アクセスを集め、ブログだけで社会現象を巻き起こしたのです。

 

そして、ずっと謎にされてきた、小林麻央さんの現在の様子もカツラ姿で明らかにされ、ネットで全国に公開されました。

他のニュースがちっぽけに見えるくらい、彼女の現在の姿に全国の人は衝撃を受けたのです。

 

そして、10月1日・・・とうとう待ちに待った、小林麻央さんの手術の成功が、彼女自身から発表されました。

小林麻央さんの手術は本当にうれしい報告・・・しかし、喜ぶのはまだ早かったのです・・・

 


スポンサーリンク




 

《小林麻央 10月現在 最新の病状を現す手術成功!しかし闘いはこれから!》

 

小林麻央 10月現在の病状!最新情報 手術成功で完治の可能性や余命は判明するのか?!クリスマスの約束に注目が集まる!3

 

先述しましたが、乳がんでもっとも効果的な治療は摘出手術です。

摘出手術と言っても、全摘出手術もあれば、部分摘出もあります。

ここでは詳細は書きませんが、女性のシンボルを再建する前提の手術などもあります。

 

そのいずれも、乳がんのがん細胞を摘出するのが目的であり、いわゆる『摘出して完治を目指す!』という目的で行われています。

しかし、小林麻央さんの場合は、少し違いました。

まずは、彼女がブログKOKOROで書いた言葉を、そのまま引用させていただきましょう!!

 

小林麻央 10月現在の病状!最新情報 手術成功で完治の可能性や余命は判明するのか?!クリスマスの約束に注目が集まる!

『私の場合、根治手術ではなく、局所コントロール、QOLのための手術です。』

 

・・・とありました。

これは分かりやすく解説すると、こんな感じになります。

 

『小林麻央さんの場合はステージⅣのため、肺や骨にすでに転移してしまっています。

よって、乳がんが発症した乳房を摘出しても、すでに他にがん細胞が転移しているので、直接的な治療にはなりません。

そこで、体全身のがん細胞を無くすような強い抗がん剤を投与すると、今後小林麻央さんの体がモタナイのです。

 

そこで、今は小林麻央さんの体と精神的な状態と、彼女らしい生き方を何よりも尊重し、無理に強い抗がん剤で闘うのではなく、時には痛み止めなども服用します。

完全に乳がんを消し去るというものではなく、がんの再発を少しでも遅らせ、そして少しでも小林麻央さんが自分らしい、普段と変わらない生活をするように行う「Quality Of Life」を向上させるための手術です・・・』

 

・・・という感じの判断でいいとお思います。

 

小林麻央さん自身も根治手術ではない・・・という言葉を使用していますが、根治手術とはがん細胞を消滅させ、完治させることを目的にしている手術を意味しているため、今回小林麻央さんが行った局所コントロールとは相反するのです。

 

 

なので、10月現在の最新の病状として、小林麻央さんの手術成功が報じられましたが、闘いはこれからもたくさん残っているのです。

ただし、前に進んだのは事実・・・。

 

ブログタイトルの件ですが、小林麻央さんの余命は誰にも分かりません。

ステージⅣの乳がん患者の5年後の生存率は統計的確立で出ていますが、小林麻央さんがその通りだと信じたくもありません。

ただ、今回の手術成功で、一歩前進したことは明らかだと思います。

 

8月に叶えられなかった温泉旅行・・・。

子供達と交わしたクリスマスの約束は絶対に果たして欲しいですね。

小林麻央さんは市川海老蔵さんにとって、最愛のライオンハートですが、子供たちにとってみれば最愛の母親なのですから・・・。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る