小林麻央 9月に手術という噂が浮上!9月には手術が成功し、回復の兆しを見せるのか?余命3ヶ月と言われた、まさにタイムリミットの9月を迎えようとしている!

小林麻央 余命末期で12月の噂を医者が医療の力でストップ!抗がん剤再開と酵素風呂でどれだけ余命は伸びるのか!?5

小林麻央の病状に関して、最新情報を入手した。

以前から噂されていた手術を9月に終えており、手術が成功したという内容だった。

 

9月といえば、市川海老蔵の会見が6月だったことを考えると、噂されていた小林麻央の余命の3ヶ月という・・・まさにタイムリミットの月だった!

しかし9月には、余命どころか!!難しいと言われていた手術が行われ、見事に「小林麻央 手術成功」の文字が1面を飾ったである。

 

今回は9月末に「局所コントロール」と「Quality Of Life」のための手術を行い、見事に手術成功したことについてクローズアップしてみた。

 

【小林麻央 9月に手術が行われるという噂は本当だった!】

 

小林麻央 9月に手術という噂が浮上!9月には手術が成功し、回復の兆しを見せるのか?余命3ヶ月と言われた、まさにタイムリミットの9月を迎えようとしている!3

小林麻央が9月に手術をするのでは??という噂は、温泉旅行の話と一緒に浮上した。

 

しかし、実際に小林麻央の手術が9月に予定されている旨を市川海老蔵が発表しない限り、噂の真相は誰にも分からない・・・と思っていた。

だが、サプライズは小林麻央自身がブログ KOKOROで発表したのである。

 

『病院の先生方の勇断により、先日、手術を受けることができました。

術後、徐々に回復してきたため、ご報告させて頂きます。』

 

なんとも、感動的なコメントであった。

 

小林麻央 9月に手術という噂が浮上!9月には手術が成功し、回復の兆しを見せるのか?余命3ヶ月と言われた、まさにタイムリミットの9月を迎えようとしている!12

 

ただし、状況的には悪い噂がたっても仕方ない方向に進んでいたのも事実だった!

 

8月の温泉旅行のために、市川海老蔵が38日間もの休日を取得するほど大切にしていた夏休み・・・。

小林麻央もそれに合わせて、8月に体を休養し、9月に手術するのでは??と言われていた。

 

しかし、8月の温泉旅行どころか、市川海老蔵は夏休みの全プランの中止を発表したのである。

 

皮肉にも、夏休み中止の発表は、『手術できないほど小林麻央の病状が良くないのではないか??』という噂のきっかけにもなった。

あげくのはてには、小林麻央自身がブログ KOKOROで肺と骨への転移を告白し、乳がんステージⅣであることが確定したのである。

 

ステージⅣと言えば、緩和ケアが中心で、本来手術は行わない・・・というより、行える状況ではない。

そんな状態の中、小林麻央は「局所コントロール」と「Quality Of Life」の手術を行い、成功したのである!!

 

手術成功は本当にうれしかった・・・そして感動した・・・。

その気持ちは当である・・・。

 


スポンサーリンク




 

【小林麻央 9月にした手術は全摘出か温存か?】

 

小林麻央 9月に手術という噂が浮上!9月には手術が成功し、回復の兆しを見せるのか?余命3ヶ月と言われた、まさにタイムリミットの9月を迎えようとしている!2

 

小林麻央が手術する際に、やはり次に注目されるのは全摘出か温存かということであろう。

個人的な意見としては、小林麻央の手術は全摘出ではないか??と思っていたが、今となっては分からない・・・。

 

実際はステージⅣであったため、行えた手術は「局所コントロール」と「Quality Of Life」だったと小林麻央はブログで告白している。

ちなみに、ここで聞きなれない言葉を解説させていただこう!!

 

「局所コントロール」とは手術と放射線治療が中心に行われる。

目視で把握できるしこり(がんを意味する)とその近くに転移したリンパ節を手術により取り除いてしまうものが多い。

その方法は乳房を全て取る「乳房切除」としこりの部分だけを取る「乳房温存手術」がある。

 

よって、「局所コントロール」だからと言って、部分的に・・・とは限らないのである。

ブログ KOKOROの内容ではそれは判断できなかった。

 

次に小林麻央がブログ KOKOROで書いているQOLだが、正式には「Quality Of Life」と呼ぶ。

意味は直訳すると「生活の質」の意味であり、各患者がその人なりの健康的で質の高い生活をすることを目指している治療ということになる。

???という感じかもしれない。

 

QOLで具体的に行うことは、患者によって異なるため多岐に渡る。

簡単に言えば、モルヒネなどを使用して、治療のほかにも痛みを和らげたり、小林麻央の気持ちを重視する・・・という感じである。

 

それでも、小林麻央が手術できたことは本当にうれしかった。

これで、小林麻央が長生きする可能性が上がったのである。

 

6月に市川海老蔵が記者会見を行った際、手術はしていないと発表され、その理由として「小林麻央が手術しなかったのではなく、手術したくても、できないほどステージが進んでいたのではないか?」という噂が広がったものだった。

 

しかし、二人を知る人物によると、乳がんが発覚した時は小林麻央の手術は可能だったらしく、手術しなかったのは小林麻央と市川海老蔵の決断だったと話しているのである。

おそらく、小林麻央が女性のシンボルを失うことを拒んだのではないだろうか?

 

何はともあれ、ステージⅣと闘いながら、手術を行えたことは本当に素晴らしいことである。

 

以前は乳がんの手術=全摘出が常識だった治療・・・。

しかし、2013年7月に人工乳房再建への保険適用が始まり、金銭的、精神的負担は軽減された結果、全摘して乳房を再建する道は大きく開けた。

 

今はただ、小林麻央の術後の経過に注目し続けたいと思う!!

 


スポンサーリンク




 


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る