岡本真夜 旦那は岡井一喜との離婚や病気メニエール病を乗り越えた陰には、親友とのある約束があった・・・。

岡本真夜 旦那は岡井一喜との離婚や病気メニエール病を乗り越えた陰には、親友とのある約束があった・・・。

岡本真夜さんの旦那は岡井一喜さん。

美術スタッフの岡井一喜さんと結婚しましたが、元旦に離婚発表。
離婚の他にも、メニエール病も患い、ついには引退も考えた岡本真夜さんを引き止めたのは、他界した親友との約束でした。

子供の面倒を見てうまく歌えなかった「TOMORROW」
病気と闘いながら引退をしなかった、その親友との約束はなんだったのか?

今回は岡本真夜さんの旦那岡元一喜さんとの離婚、そして亡くなった親友との約束について書いてみました。


スポンサーリンク




【岡本真夜 旦那との離婚、そしてメニエール病という病気】

音楽の日での熱唱・・・体調不良だったため、万全な状態の「TOMORROW」を聞けなかったことは残念ですが、久しぶりに見る岡本真夜さんの顔がすっかりママになっていることが、個人的には少しうれしかったです。

最近は忘れられていますが、岡本真夜さんはメニエール病という病気と闘って克服しています。

メニエール病とは、簡単に言うと《何の誘引もなく突然、回転性(ぐるぐる回る)めまいが起こり、めまいと同時に、あるいはめまいの少し前から、片耳に耳鳴りや耳の閉塞感、難聴が起こるもの》で激しい吐き気が襲い掛かり、立っていることもできません。
目を閉じても、頭の中がかき混ざられたようにグルグル回っているのです。

病気を理由に引退を考えた岡本真夜さん。
しかし、岡本真夜さんに襲い掛かったのはメニエール病だけではありませんでした。

【岡本真夜の顔がママに!!劣化と言わないで欲しい!】

 

このタイトルをご覧になって、岡本真夜さんって結婚していたの?と思われた方もいらっしゃったかもしれませんね。
岡本真夜さんは2000年に美術スタッフ岡井一喜さんと結婚されています。

そして、2000年の11月には長男を出産。
ということは、息子さんは2016年4月現在で15歳ということになるので、顔がすっかりママになることは当然と言えば当然なんです。

現在、お二人は離婚してしまっているようですが、息子さんは元夫の岡井一喜さんとの交流もあるようです。

子供の教育のことを考えると、絶縁よりはいいでしょう。

伝説の名曲を作った岡本真夜さんが、普通に学校の行事に参加している・・・というのはイメージしにくいですが、そんなママの一面が加わって、新しい「TOMORROW」が歌えるのかもしれませんね。


スポンサーリンク




【引退を引き止めた親友との約束、誰も知らない感動のエピソード】

岡本真夜さんは、子供のころイジメにあっていたと告白しています。

そして、岡本真夜さんが高校1年生の時、一生忘れられない、大切な出会いが訪れます。

イジメを恐れていた岡本さんに、優しく声をかけ、いつも励ましてくれていた親友との出会いがありました。
それから、二人の交流は続き、その後デビューを目指し東京に向かう飛行機の中でも、ずっと手を振って見送ってくれる親友の姿があったと岡本さんは語っています。
しかし・・・二人の間を引き裂く悲劇は2000年に起きました。
岡本さんは2000年に結婚し、息子を出産して幸せの絶頂・・・しかし、2000年はいいことばかりではない年だったのです。

親友が26歳という若さで急逝・・・泣き崩れる岡本真夜さん。

悲劇は続きました・・・。ヒット曲にも恵まれず、精神的にまいっていたときに、メニエール病が発病してしまったのです。
病気のせいで、声も出なくなり、引退を考えたといいます。
しかし、岡本真夜さんは、引退しませんでした。
下手とネットで書かれても、なんと言われても必死に『音楽の日』で「TOMORROW」を歌ってくれました。
岡本真夜さんを奮い立たせた、その親友の名前はしのぶさん・・・。
しのぶさんにために作った・・・「そのままの君でいて」
岡本真夜さんこう言っています。

「きっと親友が空の上から悩んでいる私を見て、頑張れとエールを送っている」

親友のしのぶさんが、これからも歌で人に希望と幸せを届けてほしいと岡本真夜さんに言ってくれたのかもしれませんね。
しのぶさんとの出会いが、引退を引き止めたのです。
切ないけど、暖かい気持ちになれるエピソードでした。

 

【最後に・・・】

『音楽の日』での歌について、いろいろネットで言われています。

確かに、全盛期の時よりは声は出ていませんでした。
ただ、子供の風邪の面倒を見ていたこと、そしてメニエール病で声が出なくなったにも関わらず、克服し復活したことを考えると、個人的には立派な歌声だったと思っています。
ブログで謝罪していた岡本真夜さんですが、謝罪の言葉が本当であれば、いつか最高の歌声で「TOMORROW」を聞かせてくださいね。
楽しみにしたいと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る