岩崎友宏 柔道を群馬の高校で辞めた理由と、冨田真由を襲った理由は重なりを見せるのか?

岩崎友宏 家族の父や兄に及んだ被害!アイドル刺傷事件の犯人の家族として、言われ続ける苦悩は想像を絶する!4

岩崎友宏が群馬の伊勢崎市立第二中学校の柔道で活躍、高校に進学するも退学をして、柔道を辞めてしまったいる。
何が彼を挫折に導いたのか?そして、挫折した心が、岩崎友宏を殺人未遂事件を起こす人間に変えてしまったのか?

今回は冨田真由さんに襲い掛かった犯人として逮捕された、岩崎友宏の群馬で過ごした中学、高校時代に燃えた柔道。
そして、柔道を辞めた後の生き方についてクローズアップしてみた。
柔道を辞めた理由こそが、岩崎友宏を変えてしまったのだろうか・・・。

 


スポンサーリンク




【岩崎友宏 柔道は群馬の中学から始めていた】

岩崎友宏 柔道を群馬の高校で辞めた理由と、冨田真由を襲った理由は重なりを見せるのか? (2)

冨田真由さんに襲い掛かり、意識不明の重体にしてしまった殺人未遂の犯人、岩崎友宏容疑者。
今年27歳の彼は、中学時代180センチの身長と大きな体を活かして柔道に打ち込む毎日を過ごしていた。

 

伊勢崎市立第二中学校に通学していた岩崎友宏。
彼は2003年に90キロ級で3位に入賞し、群馬の県大会の優勝メンバーとしてしても活躍していた。


 

当時の同級生いわく・・・

「学校では目立つタイプではなかった。優しい印象だった」

と言っているが、うちに秘めた力があったのか、彼は柔道では男らしさを発揮し強さを見せ付けていたのである。

なお、岩崎友宏の兄は・・・

「感情を表すのが苦手なタイプ。溜め込みやすい性格で爆発させることもあった。」

とコメントしていることから、感情を言葉や態度で表すことができなかった分、柔道で自分の怒りや強さを見せていたのだと、私は解釈している。

 

 

【岩崎友宏 柔道は高校で引退!そこから狂い始めた歯車】

岩崎友宏 柔道を群馬の高校で辞めた理由と、冨田真由を襲った理由は重なりを見せるのか? (2)5

県大会優勝メンバーとして、華々しく伊勢崎市立第二中学校を卒業した岩崎友宏。
おそらく、家族や親戚の彼の柔道に対する期待は予想以上だったのであろう。

実績が認められ、推薦入学で柔道の名門高校に入学している。
学校名は謎だが、伊勢崎市周辺で柔道強豪高校というと・・・

◆桐生第一高等学校
◆常盤高等学校

あたりではないかと思われる。

 

しかし、柔道の強豪高校のライバルが強すぎたのか?プレッシャーに負けたのか?理由は不明だが、なんと岩崎友宏容疑者は高校を中退してしまたのである。
中退・・・書くと2文字の感じだが、岩崎友宏にとって周りの期待から考えると、単なる負け犬や屈辱しか感じなかったはずである。

 

そこから・・・、今回の岩崎友宏容疑者を生み出してしまったのではないだろうか?
造園業の道に進むため、京都へ・・・となっているが、正直逃げただけかもしれない。

 

おそらくであるが、柔道が高校に入りうまくいかず挫折し、そこから味わった屈辱感が彼の歪んだ性格を生み出してしまった・・・と私は考えている。

 

 


スポンサーリンク




【岩崎友宏 柔道を群馬の高校で辞めた理由と、冨田さんに襲い掛かった因果関係】

岩崎友宏 柔道を群馬の高校で辞めた理由と、冨田真由を襲った理由は重なりを見せるのか? (2)55

岩崎友宏が柔道を群馬の高校を最後に引退し、逃げるように京都に引っ越してきたことはまとめさせていただいた。
しかし、柔道で挫折してからといって、冨田真由さんに襲い掛かることとはつながらない。

これは完全に私の推理だが、こんな感じではないだろうか?

 

◆柔道でヒーローの気分を味わった岩崎友宏

◆女性にもチヤホヤされて、若干のファンもいた。

◆高校に柔道のエリートとして入るも、ライバルが強く挫折。


◆高校では笑い者にされ、家族や親戚からは責められる始末


◆造園業を理由に、京都に逃げるように引越し。


◆感情を表にだせず、女性に告白できず年齢だけが重なっていく。


◆家族や親戚から、いい人はいないのか?と責め続けられる。


◆女性に声をかけられないまま、アイドルへの擬似恋愛が始まる。


◆SNSの普及により、表現が苦手な岩崎友宏も、ネット上では豹変。


◆ネットで強気になった岩崎友宏は、冨田真由さんにストーカー行為。


◆ネットでの興奮は、本当はおとなしいという、彼の人格をも変えてしまい反抗に及ばせた・・・

 

私が考えた流れはこんな感じである。

その後、岩崎友宏が冨田真由さんにプレゼントしたり、後をつけたり・・・はニュースの報道の通りである。
個人的には、彼の人生を狂わせたのは、高校時代の柔道の挫折だったように思えて仕方ない。
理由はどうであれ、岩崎友宏容疑者にはきっちり罪を償ってもらう必要がある。

 

罪なき被害者、冨田真由さん・・・。
彼女の意識はまだ戻っていないという報道である。

 

一日も早く彼女の回復を願っている。

 


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る