川谷絵音 ほのかりん ベッキー二人の扱いの違いに違和感!皮肉にも悪いニュースは20歳の誕生日に発表される!二人の熱愛は売名か?!それとも本物か?!

青柳文子 フライデーに旦那の画像が!?たばこ というキーワードはヘビースモーカーを意味するのか!妊娠&結婚を発表した青文字系モデルに迫る!9

川谷絵音さんが、ほのかりんさんとの熱愛が報じられ、結局二人が迎えた結末は悲惨なものになりつつあります。

終わってみれば、ゲスの極み乙女。とindigo la Endの活動休止、ほのかりん さんの番組降板と、これからされるであろう何かしらの処分でした。

なぜ川谷絵音さんが絡む恋愛は常に不幸ばかりを呼ぶような感じになってしまうのでしょうか?

今回は、報道の中で感じた、川谷絵音さんの ほのかりん さんに対する対応とベッキーさんに対する対応の違いから感じる違和感をまとめてみました。

 


スポンサーリンク




《川谷絵音 ほのかりん の熱愛報道の流れ!今後の予想!》

 

二人の出会いでダーツバーであることは、テレビやネットでご覧になられて、ご存知の方も多いと思います。

9月29日発売の週刊文春で報じられた、川谷絵音さんの新たな恋愛・・・。

 

当初はmiwa似と一般人扱い(川谷絵音さんも、一般人と発言)されていたのですが、のちにタレントの ほのかりん さんであることが発覚します。

川谷絵音さんは、元嫁とは離婚済みのため、ゲス不倫にはなりません・・・。

 

結局、二人の熱愛は複雑な心境ながらも、認めるしかない状態で終わろうとしていたのです・・・。

しかし、当時19歳のほのかりん さんに飲酒疑惑が浮上し、確認したら本人も飲酒を認めました。

 

飲酒と言われても、そんなに重く捉えない人がいますが、これは違法行為!!

逮捕こそはされませんが、川谷絵音さんとほのかりん さんは重い処罰を受けることになります。

 

川谷絵音さんは冒頭でも書きましたが、ゲスの極み乙女。とindigo la Endの活動を休止!!つまりアーティストとして職を一時的に失います。

一方、ほのかりん さんに関しては現在担当している、NHK・Eテレの「Rの法則」の降板が決定し、今後はCMも降板になる可能性が浮上しています。

 

どちらが処分としてキツイでしょうか??

個人的な勘ですが、被害を大きく被ったのは、ほのかりん さんの方だと思っています。

なぜなら、川谷絵音さんはアーティストであり、彼が作り出すアート!!つまり曲自体がビジネスなんです。

その証拠に、ベッキーさんが仕事を失いどん底を味わっているときも、批判は浴びながらも、川谷絵音さんはアーティスト活動を続けてこれたのです。

 

しかし、ほのかりん さんは厳しいでしょう・・・。

なぜなら、彼女の場合は、ベッキーさんと同様、彼女自身が作品であり、イメージが命なんです。

 

ほのかりん さんが歌を歌ったとしても、ファンやマスコミは、曲ではなく ほのかりん さんを見るのです。

彼女に、未成年飲酒という問題が明らかになった今、本人が考えているより、思い処罰(法律ではない)が待っています!!

 

現に、あの人気絶頂のジャニーズ事務所のタレントでも、未成年の喫煙・飲酒で人生を棒に振っています。

それだけ、厳しい世界なんですね。

 

これは個人的な予想ですが・・・

川谷絵音さんは歌手として帰ってくると思います・・・。

しかしゲスの極み乙女。かindigo la Endのどちらかを、解散してしまうのでは??と思ってしまうんですね・・・。

 

予想なので、明確な理由は言えませんが、バンドのメンバーの不信感がハンパではない・・・ような気がしてならないのです。

もちろん、二つのバンドで見事な復活劇を期待したいのですが、世間がどう見るか?となると、少し難しいようにも思えます。

 

一方、ほのかりん さんですが、もしかしたら芸能界復帰は難しいかもしれません。

ネットでは、ほのかりん さんの売名行為ではないか??と言われていますが、仮にそれが本当だった場合、彼女は取り返しのつかないミスをしたことになります。

 

果たして真相はどうなのでしょうか?

彼女のピンチが報じられた日・・・10月4日にほのかりん さんの誕生日で20歳になった・・・というのが、なによりも皮肉ですね。

あと1年出会うのが遅ければ、二人の人生は違ったはずです・・・。

 

 

 


スポンサーリンク




 

《川谷絵音 ほのかりん とベッキーとの扱いの違いに感じる違和感》

 

これは個人的に感じた違和感です・・・。

それはベッキーさんのときのゲス不倫報道の際、川谷絵音さんは歌い続けました。

 

一方、ほのかりん さんのときは歌手活動を自粛・・・。

なんか、対応が違うなと感じていたのです。

 

ベッキーさんのときは、彼女が涙ながらに謝罪をして、マスコミからボロボロに言われているときも、我関せず状態にも見えました。

しかし、今回のほのかりん さんの場合は『全て僕の責任です』と認めているのです。

 

対応が違いすぎませんか?

今回の1件で、私はこんなことを考えてしまいました。

もちろん、勘であり当たっている自信なんかありません。

 

(川谷絵音×ベッキー)⇒川谷絵音は遊び、ベッキーは本気!

(川谷絵音×ほのかりん)⇒川谷絵音は本気、ほのかりん は売名目的

 

この予想がひらめいたのですが、皆様はどうお考えでしょうか?

今後のゲス恋愛はどのような方向へ進むのでしょうか?

 

ゲスの極み乙女。は復活なるか??ほのかりん がまたテレビに出演することができるのか?

今後の動向に注目し続けたいと思います。

 


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る