川谷絵音 嫁の妊娠中や逮捕という噂が絶えない!真実はどこにあるのか!?

安田美沙子 第1子妊娠 予定日を春に控えた旦那のゲス不倫に世間の怒りが炎上!彼女は父親の存在を取るのか⁉それとも・・・

川谷絵音と嫁、そしてベッキーの不倫関係に関しては、もはやウンザリのレベルまで報道され続けていた。
しかし、川谷絵音が嫁と離婚し、ベッキーが金スマで謝罪し、川谷絵音の嫁の話が再度注目されている。
それは川谷絵音の嫁の妊娠中という説や、川谷絵音の嫁が逮捕される・・・という情報だった。
果たして、渦中の川谷絵音の嫁は妊娠中なのであろうか?そして、本当に逮捕されてしまうのであろうか?

今回は、川谷絵音の嫁について注目してみた。


スポンサーリンク




【川谷絵音の嫁が妊娠中という噂は本当か?】

 

川谷絵音 嫁の妊娠中や逮捕という噂が絶えない!真実はどこにあるのか! (2)4

これに関しては正直謎である。
通常、妊娠中という根拠として考えられるのは、川谷絵音がお腹の大きな嫁と歩いていたり、週刊文春のネタを文章に入れる・・ということであろう。

 

しかし、そのどちらも該当していない。
つまり、川谷絵音の嫁が妊娠中というのは、どこからか出てきた噂なのである。

 

しかし世間が注目しているのは、川谷絵音の嫁が妊娠しているという事実自体よりも、妊娠していたにも関わらず、不倫という不貞行為を認めたベッキーに多額な損害賠償を請求する裁判を起こすのではないか?と、そっちに注目しているようである。

 

しかし、果たしてその仮説も本当なのであろうか?
確かに、探偵を雇った・・・と言われている怖い顔も噂されている川谷絵音の嫁だが、ベッキーの直接謝罪が本当であれば、裁判までするとは考えにくい・・・というより、考えたくない。

果たして、どこまでが本当なのであろうか?
仮に川谷絵音の嫁が妊娠中だった場合、離婚した今となっては子供を育てるためにも、多額の金が必要になる。
それを計算して、川谷絵音に多額の慰謝料とベッキーに損害賠償を求める・・・ということなのであろうか?

 

しかし、川谷絵音の嫁が妊娠中という情報すら確信は持てない状態。
妊娠の可能性に関しては、今後の情報にも目を光らせていたいと思う。

 


スポンサーリンク




 

【川谷絵音 嫁が逮捕されるのか?】

 

川谷絵音 嫁の妊娠中や逮捕という噂が絶えない!真実はどこにあるのか! (2)

 

これも最近出現したキーワードである。
逮捕??と思われた方のために解説すると、川谷絵音とベッキーのLINE内容をリークしたのが、川谷絵音の嫁だった場合・・・という仮説で、このキーワードが該当するというものである。

 

もう少し詳しく話すと、川谷絵音とベッキーのLINEに無断で進入し、他人に公表した場合「不正アクセス禁止法違反」に該当し、逮捕される可能性がある・・・というものである。

 

しかし、川谷絵音の嫁が逮捕されたというニュースはないし、逮捕の準備中という話もない。
どうやら、これはある特定の人のネットへの書き込みが話題になったと判断してもいいであろう。

 

そもそも、川谷絵音の嫁がLINEに侵入し、情報を売った・・・という証拠すらないのである。
川谷絵音とベッキーのLINE通話にパソコンから進入し、考えられるパスワードを入力し、見事に会話を記録できたとすれば、確かに川谷絵音の嫁は可能性としては高くなる。
しかし、あくまでも可能性であって、確信ではない・・・。

 

ということで、個人的な見解では川谷絵音の嫁が逮捕されることはないと思っている。


スポンサーリンク




 

【川谷絵音の嫁への注目、今後も続くのであろうか?】

 

川谷絵音 嫁の妊娠中や逮捕という噂が絶えない!真実はどこにあるのか! (1)

 

川谷絵音とベッキーのゲス不倫騒動。
毎日のようにヤフーのトップニュースを飾り、毎日のようにワイドショーやネットの主役になっている2人、川谷絵音とベッキー。

しかし、最近では不倫の被害者、川谷絵音の嫁が同じくらい注目を浴びている。
しかし、川谷絵音の嫁はあくまで一般人。
名前や顔が検索され続けているが、これだ!!という情報が頑なに守られている。
おそらくであるが、情報を入手する代わりに、週刊文春が嫁の情報を死守しているのかもしれない。

 

だが、川谷絵音の嫁はあまりにも有名になりすぎた。
仮に川谷絵音の嫁が本当に妊娠中だった場合、このゲス不倫騒動は赤ちゃんの将来にさえ影響を与える可能性があると思っている。

 

そのためにも、ゲス不倫騒動の登場人物から、川谷絵音の嫁がいなくなることを望んでいる。
いい加減、静かな暮らしを与えてあげたい・・・そんな風に感じてしまう。
果たして、川谷絵音の嫁への注目はいつまで続くのであろうか??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る