市川海老蔵 長期休暇で余命を判断する情報が続出!小林麻央の余命は、本当に長期休暇だけで判断していいのだろうか?

小林麻央 ステージと余命の予測が深刻化!ステージ4の噂を払拭できない理由とは!5

市川海老蔵が長期休暇を取り、温泉旅行に行くことが話題になっている。

長期休暇を取っての家族旅行は本来であれば、微笑ましい光景。

しかし、市川海老蔵の場合は、何をするにしても、小林麻央の余命が付きまとう。

今回は、市川海老蔵が長期休暇を取る一方、広がる小林麻央に嫁に関する噂について、思うことをまとめてみた。

果たして、市川海老蔵の長期休暇を取って家族温泉旅行に行くことが、小林麻央の余命に直結するのであろうか?

【市川海老蔵 長期休暇は小林麻央の嫁に直結するのか?】

市川海老蔵 長期休暇で余命を判断する情報が続出!小林麻央の余命は、本当に長期休暇だけで判断していいのだろうか?2

個人的には、市川海老蔵の長期休暇と小林麻央の余命は直結しないと考えている。

それは、ネットで噂を広げている人を否定しているわけではない。

 

自分なりの理由を持って、そのように解釈しているのである。

その理由とは・・・、市川海老蔵と小林麻央が家族に温泉旅行に行くと決めた時期である。

 

ここで、市川海老蔵がブログでコメントしている部分を引用させていただくと・・・。

「休暇は去年の春から決めてたよ」

と言っている。

 

そのコメントは2016年7月のため、昨年の春・・・ということは、2015年の3月か、4月ということになる。

その時期が、何を意味しているのだろうか?

 


スポンサーリンク




 

【市川海老蔵 長期休暇が小林麻央の余命に直結しないと考える理由】

市川海老蔵 長期休暇で余命を判断する情報が続出!小林麻央の余命は、本当に長期休暇だけで判断していいのだろうか?4

思い出して欲しい!!

 

小林麻央が体調不良を訴えて、乳がんが発覚した時期だが、市川海老蔵の会見で1年10ヶ月抗がん剤治療をしてきた期間を逆算すると、発覚は2014年10月頃ということになる。

 

それから、すぐに乳がんの検査をしたとする。

そして、明かされていない小林麻央の乳がんのステージが医師から家族に伝えられたとする。

結果は、すぐに手術できないほど、転移が進んでいる・・・という内容だったはずである。

 

ということは、今後の治療と手術の方針は、そのときに話し合っていたはずである。

つまり、2014年10月から闘病し、半年後の2015年春に温泉旅行を計画していた・・・といことは、『小林麻央の余命を計算した結果、もう残り少ないから思い出作りに2016年8月に温泉旅行に行こう!!』というネットの余命に関する噂とは話が合わなくなる。

 

仮に2014年10月時点で、小林麻央の余命に関して、2016年8月まで!!とキッパリ決められていた場合は確かに当てはまる。

しかし、そんな正確な余命は、いくら乳がんとは言え算出は不可能であろう。

 

ネットの噂どおり、小林麻央の余命が3ヶ月、または夏まで、8月まで・・・だった場合、のんきに8月まで温泉旅行を温存するであろうか?

そんなはずはない!!本当に余命が短いのなら、2014年の冬に温泉に行っているはずである。

 

そう!家族しかしらない、小林麻央の乳がん闘病スケジュールは、ずっとこれからも続くはずなのである。

ということは、小林麻央はこれからも辛い闘病生活が待っているということになるが、それは小林麻央の余命が3ヶ月であることや、夏までモタナイこと、そして8月までであることを同時に否定していることなのである。

 

ということで、市川海老蔵の長期休暇は小林麻央の余命には、決して直結していない!!と私は考えている!!

 


スポンサーリンク




 

【市川海老蔵の長期休暇を小林麻央の嫁につなげようとする、週刊誌に世間の懸念の声】

市川海老蔵 長期休暇で余命を判断する情報が続出!小林麻央の余命は、本当に長期休暇だけで判断していいのだろうか?7

小林麻央に関する報道に対して、世間が敏感に反応したのは、6月17日発売のフライデーの掲載がきっかけだった。

 

2015年の夏の様子の小林麻央を盗撮した画像が掲載され、小林麻央のお腹がふっくらしていることから、腹水の疑いを明記し、余命は夏まで持たない!!と報道した件である。

小林麻央のお腹がふっくらしているのは、フライデーの画像を見る限り間違いないようだが、それが腹水と解釈するのは確かに単純すぎる。

抗がん剤には、髪の毛が抜ける以外にも、太るという副作用があることもご理解いただきたい。

 

なぜ、小林麻央がふっくらしているように見えたかに関しては不明だが、いずれにせよ、ナーバスになっている小林麻央に関する報道の空気の中で、フライデーが余命宣告をしてしまったことに、世間に予想以上の怒りを爆発させたのである。


これだけ、小林麻央の現在の姿をスクープしようとするマスコミに対して、世間は敵対心を抱いているのは確かな事実。

しかし、悲しいことに、小林麻央と市川海老蔵の家族温泉旅行をスクープしようとする記者もいることであろう。

 

それは、記者も上司の命令で動くはずなので、気持ちは分からないでもないが・・・。

市川海老蔵と小林麻央の温泉旅行だけは、そっとしてあげてほしい・・・。

それだけ、市川海老蔵と小林麻央の家族には大切な時間なのだから・・・。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る