既婚者は口説き文句に注意!時代後れの口説き文句に女性のシラケムードを誘う可能性が高い!

既婚者は口説き文句に注意!時代後れの口説き文句に女性のシラケムードを誘う可能性が高い!

既婚者も口説き文句も勉強している??って知っていますか?

もちろん全員とは言いませんが、都合のいい関係や不倫を希望している既婚者は常に口説き文句を考えています。

しかし、既婚者の方は注意!!
世間の口説き文句も時代の流れと共に進化していますので、ご自分が若かった頃を口説き文句を発してしまうと大失敗しますよ。

今回は、既婚者の方が使いがちな、時代遅れの口説き文句にクローズアップしてみました。

いわゆる、反面教師としてお読みください。


スポンサーリンク




【既婚者に多い口説き文句に要注意!!】

先ほども書きましたが、これは口説き文句の勉強ブログというよりは、使わない方がいいNGの口説き文句です。

ここでいう既婚者の方は私のイメージでは35歳~55歳くらいの既婚者(男性)です。
それでは、既婚者に多い口説き文句NG編をご覧ください。

 

■大人の男のよさを知らないんだね、俺が教えてあげるよ。

■僕は君を束縛したりしない、君の力になるよ

■どんな物が欲しいんだい?

■僕の奥さんに似ているんだよね

■ちょっと休みたいからホテル行かない?

■君の笑顔が僕の栄養剤だ

・・・という感じです。
最後はちょっとやりすぎな感じがしますが、既婚者の方は結婚するときに恋愛が終了しているので、最新の恋愛をドラマなどでは見ていません。

自分自身の恋愛が終了してしまうと、恋愛ドラマや雑誌などでの勉強すら疎かにしてしまうのです。

もう分かりましたよね?
既婚者の男性が使う口説き文句は1990年代のバブル絶頂期に見たトレンディドラマ(今は死語)で流行ったような口説き文句なんです。
常に現在の恋愛を勉強していれば、絶対に出てこないような口説き文句ですからね。
・・・ということで、以上挙げた6点は少しオーバーかもしれませんが、近い表現を使っている人は本当に多く見受けられますので、心当たりのある方は、今後使わないことをオススメします。


スポンサーリンク




 

【既婚者は参考に!口説き文句の現代版!】

 

さて、NG例の次はオススメ口説き文句ということで、参考までに掲載してみました。

これは実際に、ネットユーザーの人の貴重なご意見を参考にまとめたもので、私が考えたものではありません。

それではどうぞ!!

 

【1】「君のために全力で尽くすよ」

【2】「そういうところが大好きだ!」

【3】「大丈夫、絶対に幸せにするから」

【4】「あいつよりカッコいい男になるから」

【5】「ごめん、離したくない」

【6】「俺が必ず守るから」

【7】「君じゃなきゃダメなんだ」

【8】「君を泣かせることは絶対にしない」

【9】「あのとき、○○って言ってくれてありがとう」

 

いかがでしたか?
『NG例と変わらないじゃないか!!』と思われるかもしれませんが、ぜんぜん違いますからね。
オススメ例のほうは、自信を持って相手にストレートに気持ちを伝えているのです。

NGのほうは、下手にカッコつけたり、物やお金に頼る傾向があり、既婚者の人が自分に自信がない気持ちの表れでもあるかもしれません。
仮に外見がブサイクでも、相手を思う気持ちと好きという感情は世界一であれば、自信を持って相手に伝えるべきです。
既婚者の人に恋愛を勧めるということもどうかと思いますが、既婚者の方が、今後誰かに気持ちを伝えることがあるのであれば、精一杯の自信を持って、相手にストレートに伝えるが一番だと思います。


スポンサーリンク




 

【既婚者も口説き文句を勉強して、相手を喜ばせてあげよう】

ということで、いかがでしたか?
今回は既婚者の男性が口説き文句を連発して、シラケムードになるNG例と、参考までにオススメの口説き文句を書いてみました。
ちなみに、既婚者の人に恋愛をススめる気はないのですが、口説き文句を勉強して、相手を喜ばせてあげることもできると、私は考えます。

つまり、恋愛や体の関係が目的なのではなく、相手の気持ちを幸せにすることですね。
これは男性に多いのですが『大切なのは言葉じゃないんだよ』と言い張る方・・・要注意です。

女性は『大切なのは言葉じゃない』と頭で分かっていながら、実は言葉も待っているのです。
なので、言葉を選び、最適最高の言葉で女性を幸せにしてあげましょう。
既婚者のための口説き文句のブログ記事でしたが、この記事を読んでみて奥様を喜ばせてみては??

ということで、最後までお読み頂き感謝します。
ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る