朝本浩文 吉井和哉との音楽を現在も求める声が多数!「頭部強打で死去」で確認する頭部強打の恐ろしさとは?!

朝本浩文 吉井和哉との再結成叶わず!頭部強打で死去・・・頭部強打の恐ろしさとは?!10

朝本浩文さんが吉井和哉さんと10年越しのソロアルバムで一緒に仕事をしたのが、2010年のことでした。
音楽での再共演が期待されていた朝本浩文さんと吉井和哉さん・・・。
しかし、朝本浩文さんと吉井和哉さんの再結成は叶わぬ夢となってしまいました。
今回は、2014年に自転車での転倒で頭部を強打し、それが原因で死去してしまった・・・プロデューサーの朝本浩文さんにクローズアップします。

◆朝本浩文 吉井和哉と交わされたであろう約束・・・

朝本浩文 吉井和哉との再結成叶わず!頭部強打で死去・・・頭部強打の恐ろしさとは?!4

吉井和哉さんはTHE YELLOW MONKEY を再結成して、紅白歌合戦2016にも出演が決定しているため、多くの人がご存知だと思います。

朝本浩文さんは、その吉井和哉さんと一緒に音楽を作ってきたプロデューサーなのです。
カリスマプロデューサーというと、秋元康さんや小室哲哉さんなどが有名だと思いますが、朝本浩文さんも、知る人ぞ知るプロデューサーだったのです。

もともとは朝本浩文さんも自身がミュージシャンでAUTO-MOD、ダブ・バンド”MUTE BEAT”などにキーボード担当として参加してしました。
その後、1991年にはMUTE BEATを脱退し、自らRam Jam Worldを結成します。
そこからプロデューサーとして実力を発揮し、UA、Sugar Soul、THE BOOM、Bahashishi、ZEPPET STORE、沢田研二、電気グルーヴなどの有名アーティストのプロデュースを行ってきたのです。

そして、プロデュースだけではなく、2010年には吉井和哉さんやUAさんと一緒に10年越しのソロアルバム「CYCLE OF BIRTH」をリリースします。
おそらくですが・・・『また一緒にやろう!!』と約束をしていたのではないでしょうか?

しかし、ある事件が起き、その約束は叶わぬものとなってしまいました。
それは朝本浩文さんの自宅近くで起きてしまった出来事・・・自転車に乗っていた朝本浩文さんが、転倒して頭を強打してしまったのです。


スポンサーリンク




◆朝本浩文 吉井和哉との約束は頭部強打で叶わず・・・

朝本浩文 吉井和哉との再結成叶わず!頭部強打で死去・・・頭部強打の恐ろしさとは?!4

子供の頃、父親に広場に連れて行かれ、補助輪なしの自転車で走っては転び、そして立ち上がって練習を繰り返していたことを覚えています。
中学生や高校生になっても、私のパートナーは自転車でした。
数え切れないほど転んできましたが、頭部の強打だけは免れてきました。

自転車というと安易に考えられてしまいますが、頭部の強打は非常に怖い怪我であり、強打した直後にCT検査やレントゲン検査で異常がなくても、2~3日後に内出血に症状が出ることがあるのです。

頭を強打した場合、頭痛がひどくなり、顔色が悪くなり嘔吐から始まります。
その後、症状が悪化すると運動麻痺、言語障害、尿便失禁までが起こってしまい、記憶障害や痴呆様症状が前面に出てくることもあるのです。

朝本浩文さんは2014年9月に自転車で転倒して頭部を強打してから、2年と2ヶ月ほど、辛い症状と闘ってきたということになります。
詳細は不明ですが、先述したような運動麻痺、言語障害はあったかもしれません。

そんな朝本浩文さんをずっとそばで支えてきたのが、お嫁さんの朝本由美さんなのです。
ご本人は、朝本浩文さんの死について、フェイスブックでこのように話しました。

 

朝本浩文 吉井和哉との再結成叶わず!頭部強打で死去・・・頭部強打の恐ろしさとは?!

家族で闘ってきた怪我の後遺症・・・
とても辛かったと思います。
これからは大好きな音楽と共に、天国で安らかに休んでください。

多くのミュージシャンの夢を形にし、多くのファンに感動を与えてくれた、プロデューサー朝本浩文さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。


スポンサーリンク





スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る