林文子 旦那の林義弘と住む自宅、市長公舎に1700万の修繕費に非難続出!

林文子 旦那の林義弘と住む自宅、市長公舎に1700万の修繕費に非難続出!

林文子横浜市長の旦那の名前は林義弘さんで、水彩画の先生をしている。

そんな林文子横浜市長だが、ヘアメイク代に税金を使ったということで、今まさに注目が急上昇している。

今回は、今後も注目が予想される林文子横浜市長の旦那について、そして自宅代わりの市長公舎に1700万もの修繕費をかけたなど、金にまつわる問題にクローズアップしてみた。

舛添要一の次は林文子なのであろうか?
最後までお読みいただきたい!


スポンサーリンク




【林文子 旦那の林義弘さんとの出会い、結婚】

林文子 旦那の林義弘と住む自宅、市長公舎に1700万の修繕費に非難続出!2

横浜市長の林文子。
市長になる前は、東洋レーヨンや松下電器、そしてBMWという誰もが知っている超優良企業ですばらしい成果を出し続けた、まさにキャリアウーマンだった。

 

そんな彼女の人生の中で、運命の出会いがあったのは松下電器。
当時、事業部長秘書だった時に出会い、知り合って3日目に早速デート。

 

運命の出会いというのは本当にあるのであろうか?
なんと、林文子と旦那の林義弘さんは出会ってから、1ヶ月後には婚約したのである。

 

そして、2人はめでたく結婚して、一人娘に恵まれた。
ヘアメイクを税金で・・・そんな金と政治のスキャンダル予備軍ともいえる、林文子横浜市長だが、分かり頃はそんなドラマティックな恋愛をしていたのである。


スポンサーリンク





 

【林文子 旦那の林義弘さんは水彩画の先生】

林文子 旦那の林義弘と住む自宅、市長公舎に1700万の修繕費に非難続出!5

松下電器で知り合った林文子と旦那の林義弘さん。
猛烈な社内恋愛で見事に結婚。
一人娘を出産し、林義弘さんは松下電器を引退後、新たな人生を始める。
これぞ、第二の人生とでも言うのだろうか?

 

水彩画をはじめ、先生といわれるほどの腕前を持っている。
現に、2001年からはじめた個展も2013年に8回、2015には9回目を数えるほどになった。

現在も林文子と旦那の夫婦仲はいいらしく、おしどり夫婦として有名なのである。

 

【林文子 夫との自宅、市長公舎に修繕費1700万】

林文子 旦那の林義弘と住む自宅、市長公舎に1700万の修繕費に非難続出!57

林文子の本当の自宅は横浜の青葉区にあると言われている。
しかし、東日本大震災のときに役所と連絡がつかなかったことを後悔し、自宅として市長公舎に引っ越すことになった。

 

別にそれ自体は問題ないのだが、税金の無駄使い!!と世間に注目されるきっかけになったのは、その後である。
なんと林文子は自宅として使用する、市長公舎に改築を決行!
その修繕費はなんと!!1700万にまで上ったのである。

 

なお、横浜市長公舎は1998年に大規模な耐震工事が行われており、修繕には必要ない!!という専門家の意見があったにも関わらずである。

林文子の税金の無駄遣いは他にも、公用車センチュリーでラーメンを食べにジーンズ姿で現れたり、飛行機はいつもファーストクラス・・・と、常に批判を浴びていたのである。

 

そして、そんな中の税金でヘアメイクの24万円支出である。
これでは、横浜市民の信頼を勝ち取るのは難しいのではないだろうか??


スポンサーリンク





 

【林文子 辞任の可能性はあるのか?】

林文子 旦那の林義弘と住む自宅、市長公舎に1700万の修繕費に非難続出!58

ということで、今回は林文子横浜市長の旦那のこと、そして税金の無駄遣いについてまとめてみた。
それにしても、こうも同じタイミングで舛添要一東京都知事、林文子横浜市長の税金無駄遣い疑惑が浮上すると、政治活動自体に不信感を抱いてしまうのは私だけだろうか?

 

世間は舛添要一にすっかり注目しているが、今回の週刊文春で取り上げられる林文子の金絡みのスキャンダル・・・。
もしかしたら、炎上ネタになるかもしれない。

 

今後も林文子横浜市長の税金がらみのスキャンダルに注目していきたいと思っている。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る