梅津栄 死去で創価とボケ役の疑惑浮上!死因である肝硬変の怖さが2日連続の報道で知れ渡った!

梅津栄 死去で創価とボケ役の疑惑浮上!死因である肝硬変の怖さが2日連続の報道で知れ渡った!5

梅津栄は生前から創価学会会員の噂が浮上しており、それとは別にボケというキーワードが浮上すほど、味のある俳優だった。

しかし、死因である肝硬変に命を奪われ死去・・・。

悲しいニュースが芸能界を包んでいる。

今回は梅津栄の創価学会疑惑、そしてボケとして愛されていた理由、肝硬変の怖さにクローズアップしてみた。

【梅津栄にまつわる創価学会の噂】

梅津栄 死去で創価とボケ役の疑惑浮上!死因である肝硬変の怖さが2日連続の報道で知れ渡った!

芸能界に多い、創価学会。

宗教の自由が認められた日本でも、創価学会に入会している芸能人は、少し違う目で見られていることが多かったりする。

 

宗教による差別をしたくないため、ここで名前は記載しないが、創価学会で多くの芸能人が名を連ねていることはご存知ではないだろうか?

『この人は創価学会幹部・・・』という人もいれば、一方『この人は、創価学会への勧誘を断ったから、芸能界から干された』なんていう噂も多く浮上している。

挙句の果てには、『この人は、※※の創価学会勧誘を断ったから、未成年性犯罪のハニートラップをかけられた』まで、噂が一人歩きしたことがあったのである。

 

それほど、強大な力を有していると言われる創価学会・・・。

少し有名になった芸能人は創価学会ではないか??という色眼鏡で見られていることも事実あったりする。

 

さて、本題の梅津栄に戻るが・・・。

ヤフーのキーワードで梅津栄 創価と浮上するため、何かしらの噂があるのであろう。

 

それは創価学会の集まりにいたのか?公明党の応援に駆けつけたのかは不明であるが、根拠なく噂は広がらない・・・。

肝硬変で死去してしまった今、確認することはできないが、梅津栄が創価学会会員であった可能性は高いと、個人的に考えている。

 

しかし、そのことがキーワードを浮上させるほど大きなことなのか??と聞かれると、疑問に感じてしまうのだが・・・。

 


スポンサーリンク




 

【梅津栄のボケ役の疑惑】

梅津栄 死去で創価とボケ役の疑惑浮上!死因である肝硬変の怖さが2日連続の報道で知れ渡った!3

日本人の癖だろうか?

ある特定の言葉を聞くと、いつも使っている意味のように、勝手に判断する!!

 

それは今回も同じことであり、梅津栄にボケというキーワードが浮上すると、《ボケた俳優》《ボケた役が多い》的な解釈をしてしまうのである。

それは私だけではなく、多くの人に言えることではないだろうか?

 

なお、梅津栄の場合、確かにボケた役が多かった気がするが・・・キーワードが示している意味は違う!!

彼の場合は、以前に画像と一言コメントで笑いを取るサイト『bokete』(ボケッテ)から、画像を採用されたことがあることから、生まれたキーワードなのである。

人から面白いと聞いた人が、『bokete』というキーワードが打てずに、カタカナでボケッテと入力したことが原因であろう。

 

しかし、梅津栄は俳優時代、確かにボケているような役柄を多く演じていたのも事実。

『bokete』で採用されたのも、それが理由かもしれない。

 

しかし、それでこそ実力派俳優の証拠!!

やはり、貴重な俳優の死去は悲しくて仕方ない・・・。

また一人、重要な人物を日本の芸能界は失ってしまった・・・悲しいことである。

 


スポンサーリンク




 

【梅津栄の死去!死因は怖い肝硬変】

梅津栄 死去で創価とボケ役の疑惑浮上!死因である肝硬変の怖さが2日連続の報道で知れ渡った!2

私がタイトルで2日連続と明記したのは、肝硬変を含む、肝不全で元子役の平田実音さんの他界が報じられたのが前日だったためである。

※連日なのは二人が死去した報道であり、厳密に言うと、死去した日にちは続いていない。

 

肝硬変とは、難しい言葉で説明すると・・・種々の原因によって、びまん性の肝細胞の壊死えしと炎症、再生を繰り返し、高度の線維が増生した結果、肝臓の本来の小葉しょうよう構造と血管系が破壊されて小葉と再生結節が形成され、肝臓が小さく硬くなる病気・・・とある。

さっぱり分からないと思うが、吐血・脱力感・倦怠感等を伴い、症状が出たときにはすでに手遅れ・・・といえば、どれだけ恐ろしい病気かはご理解いただけると思う。

 

ちなみに、肝硬変で死去した人には、石原裕次郎もいた。

酒をこよなく愛したと言われる梅津栄・・・、その酒が彼を肝硬変へと導き、死去を招いたのかもしれない。

なにはともあれ、自覚症状がほとんどなく、症状を感じたころには余命が近づいている・・・肝硬変は本当に恐ろしい病気なのである。

 

今回は、肝硬変で死去した名俳優、梅津栄の創価学会疑惑とボケというキーワード浮上の理由にクローズアップしてみた。

今後、追悼の意味で彼の作品が特集されることがあるかもしれない。

 

天国でも、大好きなお酒を飲んでいるのであろうか?

この場を借りて、梅津栄さんのご冥福を、お祈り申し上げます。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る