武藤まき子 広島と独身!虚血性心不全で死去した芸能レポーターにまつわる間違った情報!

狩野英孝 復帰はいつ!?早い復帰がバイキングで行われるのか⁉復帰時期にあつまる予想と期待!111

武藤まき子さんと言えば「とくダネ!」で活躍していたレポーター・・・。
広島出身と独身という間違ったキーワードが浮上したまま亡くなった、人気芸能レポーターです。

この度、虚血性心不全という病気で他界し、関係者の間では悲しみの声が上がっています。
今回は武藤まき子さんの広島、独身というキーワードの理由と、彼女が死去する死因となった虚血性心不全に簡単にご説明したいと思います。


スポンサーリンク




◆武藤まき子 広島の意味・・・

普通の方であれば、武藤まき子さんが広島出身か、広島で住んでいる・・・と思われるキーワードですねよね。
しかし実際、武藤まき子さんは山梨県出身で、広島出身ではないのです。

では、最終学歴と広島が関係あるのでは??とも思いがちですが、武藤まき子さんの最終学歴は青山学院大学で、東京都内の大学です。

ちなみに答えを申し上げますと、どうやら過去の仕事に関係しているようですね。
広島・中国放送のアナウンサーという意外な職歴を持つため、広島・・・というキーワードが浮上したと思われます。

通常、広島・中国方法のアナウンサーが独立するとしたら、フリーのアナウンサーではないでしょうか?
しかし気づいたら、「とくダネ!」で活躍する芸能レポーターになっているのですから、確かに驚きです・・・。

ということで、武藤まき子さんの広島というキーワードは出身地ではありませんでした。


スポンサーリンク





 

◆武藤まき子 独身、そして虚血性心不全!

もう一つ気になるキーワードがありますが、それは独身です。
享年71歳の武藤まき子さん・・・。
キーワードが正しければ、71歳まで独身か、バツイチ・・・ということになりますが、全くそんなことはありません。

実際に旦那さんと娘さんもいらっしゃるので、独身ではないのです。
なぜ独身というキーワードが浮上したかは不明ですが、広島同様、大した理由はないと思っています。

 

そして最後に、死因となった虚血性心不全ですが、心臓の筋肉(心筋)への血流が阻害されることにより起こる心臓病の総称を表しています。
もう少し具体的に説明すると、冠状動脈という、心筋に栄養を送る血管が、動脈硬化などを原因とし狭窄・閉塞することで発症する病気です。
医学会では別名 虚血性心疾患とも言われ、多くの方が耳にしたことがある病気として、狭心症や心筋梗塞があります。
多くの場合は、早期に適切な処置を行えば救命されると言われていますが、武藤まき子さんの場合は該当しなかったようです・・・。

厚生労働省の発表によると、これらの心疾患の患者数は増加の傾向にあり、社会のストレスの増加とも見られてます。
現に、武藤まき子さんも2004年にストレスが原因の不定愁訴症候群を患っていますので、今回の虚血性心不全も関係あるのかもしれません。

 

世間が求めた情報をいち早く届ける、芸能レポーター武藤まき子さん・・・。
笑顔の陰には、病気を患うほどのストレスがあったのかもしれませんね。

今はきっと天国で、周りの人を驚かせていることではないでしょうか?
この場を借りて、武藤まき子さんのご冥福をお祈り申し上げます。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る