清原和博 現在 11月に足切断の噂浮上!114番と呼ばれた彼が今も持つ青いハンカチが示す意味とは⁉

清原和博 現在 11月に足切断の噂浮上!114番と呼ばれた彼が今も持つ青いハンカチが示す意味とは⁉

清原和博さんに現在、11月に足切断したという噂が浮上しています。
今回はその噂の理由に注目してみました。

独房に入って114番で呼ばれた、過去のスーパースター。
今回は薬物の誘いに負けじと頑張る清原和博さんに注目してみました。


スポンサーリンク




《清原和博 現在 11月に足切断したという噂》

清原和博 現在 11月に足切断の噂浮上!114番と呼ばれた彼が今も持つ青いハンカチが示す意味とは2223

まずは結論から申し上げますが、清原和博さんは11月はもちろんのこと、年末を迎えた12月29日現在も足を切断はしていません。

薬物で逮捕ばかりが注目されている清原和博さんですが、11月に足切断したと噂が広がっている理由は、彼の持病である糖尿病の悪化が原因でした。

以前、週刊文春でシャブ抜きのため!!と報じられた緊急入院も、本当は糖尿病の治療だったそうなのです。

手足がしびれる・・・という末期の糖尿病の症状も現れていた清原和博さん。
大親友のパーティー出席の際も、インシュリン注射をもった看護師がスタンバイするほど、厳戒態勢だと言われています。
おそらく、糖尿病の発作の予防も兼ねていたのでしょう。

 

末期になると、足が神経障害になってしまうため、足切断をする患者さんが多い糖尿病。
清原和博さんに、現在も11月に足切断の噂が浮上する理由は、糖尿病が原因だったのです。

清原和博さんの場合は、一般の方の平均血糖値が110未満のところ、示した血糖値はなんと900!!

糖尿病患者が多いと言われるアメリカでは、交通事故での足切断よりも、糖尿病による足切断の患者さんが多い・・・という皮肉もあるほど。

現在も薬物治療を行っている清原和博さん・・・糖尿病治療もと一緒に頑張ってほしいものです。


スポンサーリンク





 

《清原和博 現在も持っているハンカチ、息子への想い》

清原和博 現在 11月に足切断の噂浮上!114番と呼ばれた彼が今も持つ青いハンカチが示す意味とは222

テレビのインタビューで、終始青いハンカチを持っていた清原和博さん。
独房に入る際、500円で買ったハンカチだそうです。

裁判の判決の時も、独房に入っているときも、今自宅にいるときも、唯一所持を許され、いつも離すことなく握り続けている青いハンカチ・・・。
今でもハンカチを持ち続けるのは、自分の過ちに対して向かい合っているためだと話していました。

独房に入っている時は、114番と呼ばれ、お風呂も5日に1度だけ・・・
お風呂の栓を抜きながら、自分のむなしさに涙を流したと言います。

そこには、かつてのスーパースター清原和博さんの姿はありませんでした。
114番と呼ばれ、看守に声をかけても無視され、トイレットペーパーは1回分のみ・・・
そんな辛い生活を乗り越えて、今も薬物治療に取り組んでいます。

涙ながらに『息子に会いたいです』と何度も懇願した清原和博さん・・・。
薬物治療を終えて、是非合わせてあげてほしいと思います。

無責任な発言かもしれませんが、親権があろうがなかろうが、父親は一生父親なのです。
好きでも嫌いでも、その事実は変わりません!!

114番・・・その名前が、栄光の清原和博となり、テレビに復活する日がくることを望んでいます。
その時も、青いハンカチ持って笑顔を見せる清原和博さんに見たいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る