渡瀬恒彦 がんのステージと余命は!胆のうがんという病気を抱えての撮影も限界に!胆のうがんは渡瀬恒彦に余命を突きつけてしまうのか?

だいたひかる 余命と現在の再婚相手 旦那との愛!二つが闘う中で、夫婦愛が更に深まっていく・・・8

渡瀬恒彦が胆のうがんで闘病中であることが公になった。

芸能人のがんの発表が続く中、果たして渡瀬恒彦の胆のうがんのステージはステージ何まで進んでいるのであろうか?

今回は、渡瀬恒彦の胆のうがんのステージと、それに関する5年後の生存率・・・つまり余命に関してクローズアップしてみた。

 

【渡瀬恒彦のがん(胆のうがん)のステージと余命は?】

渡瀬恒彦 がんのステージと余命は!胆のうがんという病気を抱えての撮影も限界に!胆のうがんは渡瀬恒彦に余命を突きつけてしまうのか?3

渡瀬恒彦のがんは胆のうがん・・・。

特徴としては、胆のうが肝臓の下にあり、自覚症状が出にくいことから早期発見が難しく、見つかった時は他の部位に転移している可能性が高い・・・。

つまり、早期発見が難しく、痛みなどの症状が出た時はすでに末期がんになっている可能性がある、非常に怖いがんなのであろう。

 

なお、気になるのはやはり渡瀬恒彦の胆のうがんのステージ・・・。

個人的な予想だが、良くはないと思う・・・。

はっきり言えば、渡瀬恒彦の胆のうがんはステージⅢかステージⅣまで悪化しているように思えてしまう。

 

その理由を以下にまとめてみよう!!

 


スポンサーリンク




 

 

【渡瀬恒彦のがん(胆のうがん)のステージがⅢかⅣに思える理由】

 

小林麻央と違い、まだ渡瀬恒彦の胆のうがんに関する情報は極めて少ない・・・。

 

しかし、冒頭でも書いたとおり、胆のうがんの一番の特徴であり怖さは、症状が出にくいこと・・・。

つまり、胆のうがんで闘病している患者に痛みなどの症状が出始めた時は、すでに他の臓器に転移しており、かなり末期の場合は多いのである。

 

渡瀬恒彦のがんに関しては、状況的に以下のようなことが言われている。

 

◆好きだったお酒を断酒。

◆体が冷えないように、温かい格好をしている。

◆渡瀬恒彦が高熱を出し、撮影が中断されることがあった。

◆渡瀬恒彦の体調不良は深刻で、誰が見ても明らか!息切れをする場面が多かった。

◆渡瀬恒彦の体調不良を心配するあまり、撮影現場に嫁の姿があった。

 

・・・である。

上記のどこにも、渡瀬恒彦のがんのステージ関する表記はない・・・。

しかし、息切れを起こし、体調不良が著しいことから彼の胆のうがんが悪化しているのが、容易に想像できるのである。

 

本来であれば、抗がん剤で治療すべき胆のうがん・・・。

しかし、俳優であることから、髪の毛が抜けることを恐れ、渡瀬恒彦は放射線治療を行っている。

もちろん、放射線治療にも副作用はあるが、副作用だけでみれば抗がん剤ほどではない・・・。

 

よって、薬や治療の副作用を考慮したとしても、やはり渡瀬恒彦の体調不良の度合いが非常に悪いように思えてしまうのである。

 

やはり・・・。

分かっていることを整理するだけでも、渡瀬恒彦の胆のうがんはステージⅢかステージⅣのように思えて仕方ないのだが・・・。

 

次に、胆のうがんの各ステージと5年後の生存率・・・つまり余命について明記したいと思う。

 

 

 

【渡瀬恒彦が闘病するがん(胆のうがん)のステージと余命】

 

胆のうがんとはそもそも、肝臓でつくった消化液を溜める袋のような臓器・・・胆のうにガンが発生する病気のこと。

渡瀬恒彦 がんのステージと余命は!胆のうがんという病気を抱えての撮影も限界に!胆のうがんは渡瀬恒彦に余命を突きつけてしまうのか?

《引用元 がんのきほん http://www.gan-info.com/》

 

冒頭でも書いたが、初期症状が分かりづらく、症状が出た頃にはステージが進んでおり、転移の可能性も高い!!

もちろん、ステージが進むにつれて、生存率は低くなり、当然患者の余命も短くなるのである。

 

ちなみ、胆のうがんを各ステージごとに分けると、以下のようになる。
◆ステージ0・・・がんが胆嚢内の上皮(1番上の粘膜)内に留まっている

◆ステージI・・・がんが胆嚢内の粘膜や筋層に留まっている

 ◆ステージII・・・がんが胆嚢壁内に留まっている又は、隣接したリンパ節にまで広がっている

◆ステージIII・・・がんが胆嚢壁を越えている又は、やや遠くのリンパ節にまで広がっている

◆ステージIV・・・がんが胆嚢以外の臓器や組織にまで広がっている又は、遠くの臓器や組織にまで転移している

 

・・・となる。


スポンサーリンク




 

次に5年後の生存率・・・つまり、患者の余命について数値化すると、恐ろしい数字になる!!

ステージⅠ・・・90.1%
ステージⅡ・・・74%
ステージⅢ・・・41.9%
ステージⅣ・・・5.4~24.0%

 

私が予想したとおり、渡瀬恒彦の胆のうがんが本当にステージⅢ、ステージⅣだった場合、かなり深刻な状況になってしまう・・・。

 

渡瀬恒彦 がんのステージと余命は!胆のうがんという病気を抱えての撮影も限界に!胆のうがんは渡瀬恒彦に余命を突きつけてしまうのか?5

今回は俳優の渡瀬恒彦の胆のうがんについてまとめてみたが、まだまだ情報が少なく、確実なことは分かっていない状況・・・。

今後も、彼の胆のうがんについて新たな情報が分かり次第追記していきたいと思う。

 

渡瀬恒彦には元気になって復帰してほしい!!

個人的は十津川警部は渡瀬恒彦以外には考えられない・・・。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る